読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

接客サービスマナー検定とは。接客サービス業界の最前線に立ち続けるための格好良い資格

接客サービスマナー検定は、NPO法人日本サービスマナー協会が認定する民間資格です。顧客に心地よい時間を過ごしてもらうためのマナーや接客サービスの基本、クレーム処理などのレベルを客観的に判定します。

現在接客業に従事している方、これからサービス業に従事したい方は注目!

接客サービスマナー検定の試験内容は?

接客サービスマナー検定は1級、準1級、2級、3級の4段階から構成されています。

最下級の3級では高校で学ぶレベルの基礎的なビジネスマナーを修得します。学生が社会人として最低限知っておいきたいマナーを修得するにも役立ちます。

2級は航空業界やホテル業界など、ワンランク上のサービスを提供したい方向けの資格となっています。1級はプロの接遇の世界です。

接客サービスマナー検定はワンランク上の接遇をめざす

接客サービスマナー検定の1級ともなると、ハイレベルな顧客対応やクレーム処理ができるのは当然。接遇のプロとして第一線で活躍するのはもちろん後進の育成もできるレベルです。

1級は1次試験と2次試験とにわかれており、2次試験はロールプレイング形式の実技試験となっています。知識だけ、座学だけではクリアできません。実践と知識がともなわなければ合格することはできないのです。

接客サービスマナー検定受験対策はどうする?

接客サービスマナー検定の試験対策は、公式テキストや問題集で勉強することがメインです。基本となる3級を受験したい方はまず「接客サービスマナーベーシックマニュアル」を参考にしながら学習をすすめます。

接客サービスマナー検定は、各級ごとのセミナーや通信講座が開講されていませんので、テキストと過去問題集をみながらの独学が基本となります。

接客サービスマナー検定に合格すると広がる可能性

接客サービスマナー検定に合格すると履歴書に資格を記入することができます。

接遇を重視するホテル業界、金融、小売業、旅行、リラクゼーション業界に就職・転職したい方には有利。入社後も接遇の知識や技能があれば指導者として活躍できますし、評価もアップします。スキルアップにも最適ですよ。

まとめ

接客サービスマナー検定は、ワンランク上のサービスを提供したい方におすすめの資格です。航空業界やホテル業界などレベルの高い接遇が求められる世界で、この資格の真価が発揮されます。

サービス業界の最前線で活躍するために勉強したい内容だと思いました。

家電製品アドバイザーとは?必勝法を紹介!

家電製品アドバイザーは、一般財団法人家電製品協会認定センターが認定する民間資格です。家電製品アドバイザーは消費者のニーズにあった家電を紹介し、家電の設置やセットアップ、修理まで対応できる人材を育成することを目的としています。

これから家電業界で働きたい方、家電業界でスキルアップしたい方におすすめの資格です。

家電製品アドバイザー試験はむずかしい?

2001年から始まった家電製品アドバイザー試験は、生活家電とAV情報家電の2つのジャンルに分かれています。合格率は約25~44%となっており、年によって大きな変動があります。

試験の難易度によって合格しやすい年とそうでない年に分かれているようです。生活家電とAV情報家電それぞれの試験で140点以上とれば合格です。200点満点中180点とればゴールドグレードが取得できます。

家電製品アドバイザーの資格取得で有利な仕事

家電製品アドバイザーは顧客に対して必要な家電を紹介し、その使用方法や利点、魅力をわかりやすく伝えることができます。

そのため家電量販店の店員やケーブルテレビの営業、コールセンターの相談員の仕事に役立ちますし、実際にそれらの仕事に従事されている方が受験しています。

家電製品アドバイザー試験は商品の知識だけではなく、修理やセットアップの知識も学べます。

家電製品アドバイザーの必勝法は?

家電製品アドバイザー試験対策は、ずばり公式テキストと問題集による学習です。参考書と問題集が販売されていますので、それらを購入して自宅学習がメインとなります。

通信教育やセミナーなどは開催されていません。テキストは1冊約2,000円前後となっており、テキストと問題集あわせて合計5冊の本が発行されています。必要なものを選んで学習すると良いですね。

家電製品アドバイザーの受験料が気になる

家電製品アドバイザー試験は3科目受験で15,410円、2科目受験で9,230円となっています。試験は原則として年2回、3月と9月に開催されているので合格のチャンスはあります。

試験に合格すると合格証が発行されますが5年間有効です。5年以上資格を保有したい場合は更新しなければなりません。資格を保持してそのままではダメなのです。

まとめ

家電製品アドバイザーは、生活家電やAV情報家電の販売や修理、コールセンターに関わる方に役立つ資格です。家電製品アドバイザーになれば社内での昇給、昇格にプラスに働くこともあるのではないでしょうか。スキルアップのために資格取得を考えてみませんか。

消費生活アドバイザーとは?最近は企業でも取得を奨励しているらしい

一般財団法日本産業協会が認定する消費生活アドバイザーは、消費者の意見やクレームなどを企業側に反映させるとともに、消費者に適切なアドバイスをおこなう人材を育成することを目的に開設された民間資格です。

大手企業や公官庁で働く有資格者多数。消費生活アドバイザーについて知りたい方はどうぞ。

消費生活アドバイザー試験の内容とは?

消費生活アドバイザーには認定級はありません。1次試験に合格すれば2次試験へすすみます。

試験の範囲は幅広く、消費者のための行政・法律知識や消費者問題、消費者のための経済知識、生活にかかわる基礎知識などです。

生活基礎知識には衣服と生活、食生活と健康、住生活と快適空間、広告と表示、暮らしと情報など、生活に密着した学習が広く含まれます。

消費生活アドバイザー試験対策は

消費生活アドバイザーの試験対策は、公式テキストや過去問題を購入して独学することです。公式テキストや過去問題は、一般財団法日本産業協会に注文することで手に入れることができます。

ただし公式テキストの分量がかなり少なめなので、より確実に試験対策をおこないたい場合は通信教育を受ける方が良いようです。消費生活アドバイザー試験合格者の約6割が通信教育を受講しています。

消費生活アドバイザーは雇用保険の教育訓練給付制度対象で有利

消費生活アドバイザー試験の通信講座は、教育訓練給付制度の対象となっています。雇用保険の加入状況や学習の終了状況によって、受講料の20%が給付されるのです。6,900円がもどってくることになります。

通信教育で資格を取得するためにはそれなりに費用がかかりますので、少しでもお金がもどってくるのは本当にありがたいですね。

消費生活アドバイザーは通信講座もあり

消費生活アドバイザー試験には通信講座があり、基礎コースと総合コースに分かれています。総合コースは基礎コースに小論文講座が付属したもので、総合コースの方が受講料がやや高めです。

基礎コースは受講料が約3万円、総合コースになると約3万4千円必要です。通信講座のテキストは系冊となっており学習の分量はかなり多め。消費生活アドバイザー試験の学習には計画性が必要ですね。

まとめ

消費生活アドバイザー試験は企業と消費者をつなぐ役割をになっています。

最近は企業でも、社員に対して消費生活アドバイザー取得を奨励しているケースもあり注目される民間資格です。消費者問題に興味のある方は消費生活アドバイザー試験の受講を考えてみませんか?

DIYアドバイザーとは?仕事でも趣味でも役に立つ!

自分の手で家具や家の壁を補修したり模様替えをおこなうことで、快適な生活を送りたい方が注目するDIY。このDIYアドバイザー資格を認定するのが、一般社団法人 日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会。

このDIYアドバイザー、一体どんな資格なのでしょうか?DIYアドバイザー資格に興味のある方にお役に立つ情報をまとめています。

DIYアドバイザー試験は年1回

DIYに関する知識や技能を審査するDIYアドバイザー試験は年1回の実施となっており、2018年は1次試験が8月、2次試験が11月におこなわれました。年に1回のチャンスなので、できるだけ入念な準備をして試験に臨みたいですね。

DIYアドバイザー試験には受験資格(年齢制限)があります。試験がおこなわれる年の4月1日に満18歳以上であること。この条件さえクリアできれば問題ありません。

DIYアドバイザーの試験対策はテキストだけ?

DIYアドバイザーの試験対策は公式ハンドブックを参考にすることが、まず一つ目の方法です。公式ハンドブックにはDIYの歴史や制度についての記述があるほか、道具についても細かい記述があります。

ただ独学で勉強するのが不安な方には、通信講座も開講されているんです。テキスト4冊と過去問題集1冊、DVD教材1枚がつき、公式ハンドブックよりもきめ細かい勉強ができるのがメリット。

DIYアドバイザー合格率は約3割

1983年に始まったDIYアドバイザー試験ですが、すでに30年以上の実績があります。平成28年度の合格率は1次試験45.7%、2次試験は33.0%となり最終的に3割の方が合格しています。

この合格率、高いと感じるか低いとみるかは各人の感覚ですが、約3割の合格率ではやや厳しいと言わざるを得ません。試験の回数も年に1回と限られていますので、確実に合格できるよう入念な準備をお願いします。

DIYアドバイザー資格をとった方が良い人

DIYアドバイザーの資格が生きる方々は、ホームセンターの販売員やホームセンターで販売する商品を製造している方、大工仕事をするのが好きだが、イマイチ上達しない方、これからDIYを勉強してみたい方など。

DIYでは(大型)電動工具など使い方を誤るとケガをする工具を多数使用しますので、安全にDIYを楽しめるようDIYアドバイザー試験で基礎的な部分を勉強するのがポイントですよ。

まとめ

DIYアドバイザー試験はこれからDIYを楽しみたい方、ホームセンターに勤務されている方、その関連業者の方におすすめの資格です。DIYの正しい知識を吸収しながら日曜大工を楽しむことが、生きるハリにつながりますよ。

リテールマーケティング検定とは?転職に有利?

リテールマーケティング検定(販売士)は日本商工会議所が認定する民間資格です。マーケティングの基本的な考え方や、流通・小売業で働くために必要な基本的な知識を学びます。

これから流通・販売業界で働きたい方、リテールマーケティング検定について知りたい方にお役にたつ情報をお届けしています。

リテールマーケティング検定を学ぶ効果

リテールマーケティング検定は1~3級までの認定級があり、3級は流通・小売業に従事するための基本的な知識や技能が身についているかを判断するものです。

級があがるにつれてマネージメント・統括管理をになうべき人材としての知識・技能を修得していると認定されます。リテールマーケティング検定をパスすることで、勤務先での昇給や昇進、評価にプラスの影響を与えることが可能です。

リテールマーケティング検定の受験級

リテールマーケティング検定は1~3級までの認定級があり、3級は基礎的な流通・販売の知識を学びます。

2級になると流通や小売業の専門的な知識を身につけ、店舗や売り場のマネージメントや統括をおこなう人材となれるよう、それにふさわしい知識を修得。

さらに1級になると商品を販売するだけではなく商品の企画・立案や財務予測などの経営にたずさわれる人材になれるだけの、知識や技能を身につけます。

リテールマーケティング検定には通信講座も開設

リテールマーケティング検定は公式テキストや過去問題で勉強するだけではなく、通信講座も開講されています。約25,000円~31,000円の受講料を支払えば、通信教育専用の問題集やテキストで勉強可能。

さらに、通信教育を終了しスクーリングを受けることで受験科目を免除される特典もあります。受講生だけにおくられるニュースレターは、合格のための情報が多数掲載。

リテールマーケティング検定で転職・再就職を有利に

リテールマーケティング検定に合格するとデパートやスーパー、専門店などの小売業や、製造業、サービス業などの小売販売部門などで転職・就職が有利になります。

接客に関する基本的な知識が身につきますので、コンビニなどの小規模小売店でも転職しやすくなりますね。もちろん上位級の方は現場の統括管理の仕事を任される可能性もあります。販売・流通業界で働きたい方に向いています。

まとめ

リテールマーケティング検定は、小売・流通業界の基本修得から現場の管理者育成、商品の企画・立案までをも手掛ける人材を育成するための資格です。

これから業界で働きたい方、スキルアップを考えている方はリテールマーケティングを積極的に学んでみませんか?

サービス接遇検定とは?勉強法や必勝法を徹底調査!

サービス接遇検定では、顧客に対する言葉遣いや対応の技術、態度・振る舞いなどが審査されます。接客の仕事をしている方にとって接遇は命。

これから接遇に関する勉強をしたいと考えている方にとって、サービス接遇検定はうってつけ。ここではサービス接遇検定に関する情報をまとめていますので、ぜひご覧ください。

サービス接遇検定で学べることは?

サービス接遇検定では顧客に対する対応、言葉遣い、態度・振る舞い、クレーム対応などの知識を学ぶことができます。顧客の満足度をあげたい、今よりももっと丁寧な対応でサービスを提供したい、接遇を学びたいと考えている方に向いた資格です。

試験は1、準1級、2級、3級の受験級があり、2・3級はマークシート方式に加えて記述試験が、1級はすべて記述試験となっています。

サービス接遇検定の勉強法・必勝法を調査

サービス接遇検定の受験にあたっては、公式テキストを参考にして独学が可能です。各級に対応した公式テキストと問題集が発売されているので、それらを参考にしながら地道に勉強するのが勉強法であり必勝法です。

1級、準1級になると面接がおこなわれるので、それに対応したDVD付のテキストを参考にするのが無難。セミナーや通信講座は開講していないので、独学で合格をめざすのが王道です。

気になるサービス接遇検定の受験料など

サービス接遇検定の受験料は、1級が5,600円、準1級が3,900円、2級が3,600円、3級が2,400円となっています。併願することもできますので、その場合は受験料を加算してください。

平成28年11月におこなわれた試験では、1級の合格率は34.2%、準1級は78.2%、2級は58.8%、3級は74.2%となっています。1級以外の級は比較的合格しやすいようです。

ホテルや金融、販売など人と接する仕事にはサービス接遇検定が有利

ホテルや金融、販売業、理美容サービス、医療機関など、人を相手にする仕事ではサービスの質が問われます。顧客に満足してもらうための接遇マナーを修得していると、顧客に与える印象や好感度、満足度に違いがあらわれるものです。

長くサービス業に従事したいなら、接遇の知識や基本をしっかり学ぶと良いですね。サービス接遇検定は体系的に学習できるのでおすすめですよ。

まとめ

サービス接遇検定の資格があれば、転職や就職、昇給、昇進に有利です。もちろんこれからサービス業で働きたい方、スキルアップしたい方にサービス接遇検定は役立つ資格。資格は一生モノなので、ぜひ学んでおきたいですね。

カラーコーディネーターとは?色々な業界で役立つ資格

カラーコーディネーターは東京商工会議所が認定する民間資格。毎年多くの方が受験しており、公式テキストや問題集が充実しており、セミナーや通信教育でも学習可能です。

資格を取得することで企画職やデザインの専門部署などで活躍できるチャンスもあります。これからカラーコーディネーターにチャレンジしたい方へ。

カラーコーディネーター試験の認定級について

カラーコーディネーター試験は1級・2級・3級の認定級が設定されており、受験者のレベルにあわせてどの受験級を選んでも構いません。いきなり1級から受けることもできるのです。1・2級や2・3級の併願受験も可能。国籍や年齢、性別で受験が制限されることもなく公平な試験となっています。

ただ確実に実力をつけながらステップアップしたい方は、3級からの受験が良いですね。

カラーコーディネーターの公式テキストは豊富

カラーコーディネーター試験の公式テキストは各級に対応したテキストが販売されています。とくに1級は「ファッション色彩」「商品色彩」「環境色彩」の3つの分野があり、どれか1分野を選んで受験することになります。

過去問題集も書店やネット通販で気軽に購入できますので、勉強しやすいのが良い点です。セミナーも通信講座も開講していますので、勉強しやすい方法を選べます。

カラーコーディネーター試験の難易度は?

カラーコーディネーター試験の2015年分の合格率は、3級が60.2%、2級が44.5%、そして1級が25.3%となっています。3級や2級は比較的試験に通りやすい状況ですが、やはり1級ともなると難易度はあがるようです。

試験を受験している方々も学生や小売業・卸売業・サービス業・建設業・製造業・運輸通信業など、さまざまな分野から支持されています。

カラーコーディネーターに合格すると活躍できる分野

小売業では商品を販売するための効果的なディスプレイ作成や、商品陳列に色のセンスや知識を生かせますね。環境色彩の分野もあることから建設業の方も受験しています。

食品製造ではケーキや料理を美味しくみせる工夫を、色彩の観点から実践可能ですよ。もちろん色とは切り離せないファッション業界では、この資格はかなり役立ちます。

まとめ

カラーコーディネーター試験は色に関わる仕事をしている方、これから色の世界で仕事をしたい方、色を生活のなかで活用したい方におすすめの資格です。公式テキストや問題集も豊富なので勉強しやすいのが特徴。色に興味のある方におすすめです。