資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

チャイルドマインダーの資格を取る前に知っておきたい5つのポイント

手に職を就けたいと考えた時、頭に浮かぶのが医療か保育関連の資格だと思います。特に、保育関係の資格は待機児童が増える中、需要が上がってきていると言われています。

でも、保育士って短大とか専門学校を卒業しないといけなかったり、保育現場で2年以上働いていないといけないなど制約が厳しいのがネックなところではあります。

資格を取るなら短期間でさくっと取りたいというのが女子の本音だと思います。

保育関連の資格を知れべていると、保育士より手軽に取得できると今話題を集めている、チャイルドマインダーという資格を発見。資格の詳細や、専門学校に通ったり、保育士の実務経験がなくても取得できる資格なのか調べてみました。

そもそも、保育士とチャイルドマインダーって何が違うの?

チャイルドマインダーは家庭保育、小規模保育のスペシャリストのこと。

日本ではまだ聞き慣れない名ですが、イギリスやアメリカではベビーシッター文化があり、イギリスでは約71%の家庭がベビーシッターやチャイルドマインダーを利用しているという調査結果もあります。

イギリスではチャイルドマインダーは国家資格です。国家資格の厳しいイギリスの規定をクリアした唯一の資格がNCMA,Japan(エヌシーエムシージャパン)が実施するチャイルドマインダーです。

保育士やベビーシッターと何が違うのかというと、保育士は大人数の保育現場で保育するという施設規模の違いがあります。

 

ベビーシッターは少人数保育という点は同じなので、大きな差はないように感じます。呼び名が違ってくるだけという認識でよさそうな気はします。

イギリスで国家資格として認められているチャイルドマインダー資格は、共働きが増え需要が増している中、今後日本でも注目を浴びる資格だといえます。

試験内容は?

NCMA,Japan(エヌシーエムシージャパン)が実施するチャイルドマインダー資格は、指定講座を受講し、試験に合格することで取得できます。

通信講座と通学講座があり、費用は通信タイプで199,800円、通学タイプで313,200円です。目安の受講期間は3ヶ月~6ヶ月で、2回の添削問題提出があります。

6ヶ月を超えると、延長料金6,480円がかかってくるので、半年以内には取得したいところです。

1括払いだけではなく、3回~36回払いのローンを組むことも可能です。教育ローンが適用されるので、金利13%くらいで借り入れできるそうです。

 

36回払いなら通信講座で月々6,500円(1回目8,307円)、通学講座で10,500円(1回目12,411円)なので、一生使える資格が取れると考えると安い出費だと思います。

東京都新宿区にある四谷三丁目駅付近に講座会場があるので、通いが難しそうとか安く取得したいという時は通信講座を受ければよいと思います。ただ、通信でも2回の受講が必要です。

難易度はどれくらい?

チャイルドマインダーの合格率は公式で発表されていませんが、受講者の声を見るとしっかり講座を受けていれば合格すると思います。

嵐のメンバー全員が取得したことで有名になったくらいですので、保育や子育ての経験がなくてもそこまで難しくないと思います。受験者の約50%は保育未経験者とのことなので、現場経験や子育ての経験がなくても目指せる資格といえます。

求人はある?

チャイルドマインダーの資格は保育士同様、認可外保育施設や認可保育施設、企業内託児ルームや病院内保育と幅広い職場で活かせる仕事です。

チャイルドマインダーの求人を調べてみたところ、幼児教室や歯医者、小規模保育所などの職場で有資資格者を募集していました。時給は1,000円~1,500円程度、月給200,000円~なので、保育士と同じくらいの収入はあると思います。

待機児童が増える都市部では、在宅型の保育も広まりつつあります。自宅の一部を保育室として提供している保育ママや訪問型のベビーシッター制度も認知度が高まっています。

 

民間機関だけではなく自治体が運営する保育ママやシニアベビーシッターというのもあるので、一生使える資格の1つと言えると思います。

開業できる?

チャイルドマインダーの資格を取ると開業できるのか?という疑問を感じたので調べてみました。

チャイルドマインダーの資格を持っていれば小規模保育を開業することは可能です。検定資格を実施するエヌシーエムシージャパンでは、資格取得に加えて、保育所開設のアドバイスも行っています。

自治体の届け出から安全管理について、保育料金の設定から保育内容、保育補助者の保険加入まで、分からないことは何でも相談に乗ってくれるようです。

まとめ

チャイルドマインダーを受講する人の半分くらいは保育現場で働いていない方なので、保育経験がなくても資格が目指せるということが分かりました。

今まで約2万7000人以上の方が資格を取得しています。今まで子育てに関連する資格は保育士というイメージが強かったですが、チャイルドマインダーを調べてみると今後は保育士と同じくらい認知度が高い資格になりそうです。

日本メイクアップ技術検定ってどんな資格?合格率や勉強のしやすさのまとめ

今日は、美容関連の資格、日本メイクアップ技術検定について調べてみたことをまとめてみたいと思います。

メイクアップ技術検定と聞くと、美容専門学校に通っている人とかメイクアップアーティストしか取れないのかな?と思いますが、一般人でも取れる資格なのでしょうか?

日本メイクアップ技術検定の合格率やテキストなどの基本情報から、美容関連の仕事に付いていなくも合格を目指せるのか調べてみました。

どんな資格?

日本メイクアップ技術検定は、日本メイクアップ技術検定協会(JMA)が実施する検定資格です。美容系の専門学校の授業の一貫として導入されることが多く、認知度が高い美容系資格の1つです。受験者数は11万人以上と多いです。

日本メイクアップ技術検定は、1級、2級、3級あります。3級は誰でも受験できますが、2級は3級合格者か3級との同時受験者、1級は2級に合格した人しか受けられません。

試験問題はどんな問題?

日本メイクアップ技術検定の試験問題は、実技試験がメインです。100点中、80点で合格です。実技試験で問われる項目をまとめてみました。

3級

スキンケアからベースメイクアップまでの基本テクニックを審査されます。具体的には、30分でスキンケアができているのか問われます。ベイスメーク、チーク、ハイライト、ローライトなどの項目がチェックされます。

ベースメイクのテクニックも必要ですが、時間内に収める慣れも必要だと思います。

2級

フルメイクアップのテクニックが審査されます。50分間でフルメイクが求められます。審査される項目は、ベースメイクに加え、リップケア、アイブロウ、アイシャドウ、アイライン、マスカラなどのフルメイクが追加されます。

1級

モデルの悩みや要望を正しくカウンセリングし、希望のイメージメイクを仕上げていくメイク試験です。15分のカウンセリングがあり、30分でベースメイク、フルメイクを行います。

しみやくま、むくみなどの美容に関する悩みをよく知り、改善できるメイク方法を知っておく必要がある どんなモデルに当たるか分からないので臨機応変に対応できる能力も問われると思います。

合格率は?

日本メイクアップ技術検定の合格率を見ると、3級なら専門学校に通っていなくても合格できそうな気はします。ただ、合格率を見ると2級から難しくなるので、2級以上が履歴書に書いても説得力のある資格といえると思います。

3級 70~80%
2級 40%~50%
1級 20~30%

合格者のインタビューを見ると、美容専門学校卒業者やエステティシャン、美容販売員、化粧品メーカー、美容ブロガーなど美容関連の方が多いですが、全く美容に関係ない経歴の方もいました。日本メイクアップ技術検定協会では、初心者向けのセルフメイク講座を実施しているので受講するとよいみたいです。

テキストは?

受験する人は専門学校生や既に美容業界で活躍している人が多いようですが、独学で勉強している方も中にはいるようです。公式HPのオンラインストアで購入できるので、独学でも勉強しやすいです。

実技試験なので、テキストを見ながら何度もメイクを重ねないと試験対策にはならないです。

美容学校に通っていないと講師がいないので合格基準が分からないのがネックですが、技術検定対策セミナーがあります。技術検定対策セミナーに参加すれば合格基準や具体的なアドバイスを知ることができるので、参加した方がよいと思いました。

セミナー情報を見ると、そんなに頻繁に行われていない対策セミナーのようで協会に問い合わせてみましょう。

まとめ

日本メイクアップ技術検定は、美容関連で働いていなくても3級、2級なら合格できそうだと思いました。

実施機関 日本メイクアップ技術検定協会
試験日程 年2回(9月・3月)
申込期間 3月:12月~2月/9月:6月~8月
受験料 3級:6,000円 / 2級:6,500円 / 1級:8,500円
合格率 3級:70~80% / 2級:40%~50% / 1級:20~30%

会場は全国5会場です。東京、名古屋、大阪、福岡、沖縄です。地方に住む方は宿泊費や遠征費も考えておく必要がありますね。

また、メイクモデルが必要なので、自分の肌や肌トラブルと近いモデルさんとか、緊張しないモデルさんを用意しておくと合格しやすそうです。

スキンケアアドバイザーの資格を取るなら知っておきたいこと

美容系の資格に興味がある私は、時間があれば資格を調べていますが、美容系の資格って、講座が何十万と高い金取りの臭いがする資格が多いような気がしています。美容系の資格を取ってみたいとは思うけど、資格講座のカモになってもなぁという本音もあります。

でも、実際にためになる、うさんくさくない美容系資格もあると思います。

「美容資格 信用」とか「スキンケア資格 信用」で検索すると、スキンケアアドバイザーという資格が1番上に出てきたので、その資格について詳しく調べてみることにしました。

スキンケアアドバイザーが信用されている理由

スキンケアアドバイザーは、日本スキンケア協会が実施する検定資格です。

実施する日本スキンケア協会は、厚生労働省研究班や医師と共同で研究を行っているのでかなり信頼できる協会だという印象です。共同研究は、介護施設におけるスキンケア、医師・大学教授とボディケアと血圧の関係などです。

日本スキンケア協会のメンバーは、国士舘大学大学院教授や国立病院機構栃木医療センター歯科口腔外科医、慶應義塾大学医学部准教授など、医師やエステティシャンなど、そうそうたるメンバーなので医学的、科学的に肌に良いスキンケアの仕方が学べる気がします。

また、スキンケアアドバイザーは、一流企業や4年制大学でも研修や授業の一貫として取り入れられているようです。例えば、健康食品企業のキューサイや化粧品会社のMTコスメティクス、東京工科大学です。

通信講座はいくら?

スキンケアアドバイザーは日本スキンケア協会が実施する通信講座を受講し、レポートを提出することで取得できます。

通信講座の費用は58,000円と、10万円を切っているので良心的な値段だと思いました。24回払いなら月々2,700円から受講できるので、習い事として考えても安い出資です。

資格取得までにかかる期間は、最長6ヶ月、最短1ヵ月です。しっかり勉強すれば、1~2ヵ月くらいで資格取得ができそうです。

テキストは?

通信講座に申し込むと、5つの教材が届きます。その教材を元に独学で勉強するシステムです。教材内容をまとめてみました。

  • スキンケア教本
  • スキンケアアドバイザー資格講座レポート
  • フェイシャルテクニックDVD
  • フェイシャルテクニックDVD
  • サロン開業・運営ノウハウBOOK

医師監修のテキストでスキンケアのノウハウが学べるだけではなく、薬機法や小顔フェイシャルテクニック の方法も学べます。DVD付なので実技も十分身に付けられます。美容系サロン開業や運営のノウハウも学べます。

難易度はどれくらい?

スキンケアアドバイザーは、レポートを提出して合格が不合格が決まります。レポートの正解率は70%以上で合格なので、しっかりテキストを勉強しておけば合格できそうです。

美容関連の職業に就いていなくても分かりやすいようにテキストは初心者でも分かるような作りになっているそうなので、未経験でも合格しやすいといえます。

どんな仕事に役立つ?

スキンケアアドバイザーを受験する人はどういった仕事についている人が多いのか見てみました。

化粧品メーカーや化粧品販売の美容部員など美容業界で活躍している方が1番多く31%、次に多いのはエステティシャン、ネイリストといったエステ系で24%、意外にも看護師や歯科衛生士、整体師といった医療関係の方が14%と多いです。アロマセラピストやスポーツインストラクター、介護福祉など、幅広い職種の方が受験しているようです。

口コミはどう?

スキンケアアドバイザーを取得した方の口コミをまとめてみました。利用者満足度は95.3%と高く、美容関連に勤務する方はもちろん、主婦の良かったという声もありました。エステ未経験で開業した方もいるようです。

「ママ友に自慢できるし、肌トラブルに関して相談される機会が増えて嬉しい。自分の居場所は家事だけではないなんだ!って思えました。」(主婦)

「モデル育成の講座でより正しいスキンケアの話をできるようになり、大変ためになっております。」(ミス・ユニバースジャパンファイナリスト)

「未経験で資格を取りましたが、エステを開業できた!!!」(エステティシャン)

「ネイルだけではなくお客様の肌に関する悩み相談にものるようになり、売り上げやリピート率が断然上がりました。」(ネイリスト)

「会員特典のセミナーで毎月勉強させてもらっています。」(エステサロンオーナー)

まとめ

スキンケアアドバイザーの資格は、確かに信用できる美容系資格だと思いました。通信講座で取得できるし、費用も56,000円と安い価格設定だと思います。今後、取得したい資格の1つになりそうです

実施機関 日本スキンケア協会
試験日程 随時
受講料(受験料含) 58,000円

受講料にプラスして、合格後は年会費6,000円、初年度登録料5,000円がかかります。3年に1度更新が必要で、更新料は5,000円です。

スキンケアアドバイザーの通信講座は、申込は日本スキンケア協会のHPから申し込みができます。もう少し調べてから申込しようか検討したいという方は、資料請求してみると良いと思います。

コスメマイスターとはどんな資格?難易度や活かせる仕事を紹介

美容は女性にとって、永遠の課題なんて言われていますよね。最近は、美容業界で働いていなくても美容に詳しい女性って多くて、趣味で美容関連の資格を取っている人って多い気がします。実は、私も美容関連の資格にはかなり興味がある1人です。

今日は、美容関連の資格、コスメマイスターという資格について調べてみました。

どんな資格?

コスメマイスターは、日本コスメティック協会が実施する民間の検定資格です。

日本コスメティック協会は2011年に設立された、割と新しい協会なので聞き慣れない方も多いと思いますが、美容の需要度はどんどん増しているのでこれから注目を浴びる資格の1つといえます。

コスメマイスターには、以下の3つの資格があります。

  • 化粧品基礎検定
  • 化粧品検定
  • 美容総合検定

化粧品基礎検定が1番簡単で、美容総合検定が1番難しいです。化粧品基礎検定は無料でWEBで受けられるので、まずは試しに受験してみるのがよさそうです。

どんな試験問題が出る?

コスメマイスターの試験は、全てWEB試験です。以前まで美容総合検定は会場試験でしたが、2017年3月からWEB試験に変更になっています。

地方に住んでいても仕事や育児で忙しくても受験できるので、助かる検定方法です。試験はどの試験も8割できれば合格です。

試験問題は、以下の内容から出題されます。

  • 化粧品基礎検定…
  • 化粧品検定…化粧品の表記や正しい使い方 / 化粧品成分の効果や効能/皮膚アレルギー / 光老化 / 関連法規
  • 美容総合検定…スキンケア / 紫外線 / 化粧品の表記や成分 / エステ / サプリメント

化粧品検定は、化粧品に関して、美容総合検定はスキンケアに関して総合的な問題が出題されます。これを見てもどういった問題が出題されるのかイマイチ分かりませんが、テキストがあるのでどの程度難しいのか確認してみるのがよいと思います。

試験問題は、どの検定も全50問で3択式です。

マークシート形式で45分なので、ある程度早さも求められる気はします。45分で50問なので1つの問題は1分程度で解かなければいけないので、いちいちテキストを見直す余裕はない気がします。ただ、分からないところは適当に回答しておいて、時間が余ったらテキストで確認という方法は取れると思います。

WEBテストはPCだけではなくスマホからも受験できますが、ガラケーは推奨されていませんでした。PC操作やスマホ操作が苦手という方は、操作に慣れておく必要もありそうです。

難易度はどれくらい?

コスメマイスターの合格率は75%です。テキストをしっかり勉強しておけば、そこまで難しい検定ではなさそうな気はしています。

受験者を見ると、男性が約3割、女性が約7割。年代別に見ると20代、30代は女性が多いですが、40代や50代は男性が女性を上回ります。40代、50代は化粧品やエステティック関連で働くサラリーマンがスキルアップのために取得している方が多いのかもしれません。

テキストは?

コスメマイスターの問題は、指定テキストが出題されるので購入は必須でしょう。テキストは公式HPから購入できます。

参考テキストは3,000円くらいと少し高い印象がありますが、検定試験の多くは10万円程度の受講が必須というものが多い点を考えると、テキスト代の3,000円だけで受験できるのは安いと思います。

化粧品検定…参考図書:「日本コスメティック協会 検定テキストコスメQ&A 第2版/中央書院」(3,780円)
美容総合検定…日本コスメティック協会検定テキスト コスメQ&A 第2版(2,857円)

どんな仕事で活かせる?

コスメマイスターを取ると、美容関連の職業で活かせるというのは想像できますが、取得している人はどんな職業の方が多いのでしょうか?

日本コスメティック協会が発表しているデータによると、化粧品販売関連やエステティック関連の方が目立ちます。医師やクリニック関連の方も多いので、美容整形外科や美容皮膚科で働く医師や看護師など医療業界の方も多いです。

大手美容企業やクリニックでは社員の研修の一貫として活用しているところもあります。東京薬科大学薬学部生化学教室や製薬会社のアンファー、明色化粧品などです。社員の方のモチベーションアップにもつながっているんだとか。

デパートの美容部員や美容メーカー、美容系クリニックで働ている、これから転職したいという方向けの資格といえますが、美容ブログを書きたいとか、趣味で美を極めているといったプライベートでも活かしたいという女性にも向いている資格だと思います。

まとめ

コスメマイスターはテキストをしっかり勉強すれば合格できそうですし、指定講座を受講する必要もないので、取りやすい資格だと思います。検定料の他に認定料が3,000円必要で、3年に1度の更新が必要という点も頭に入れても、安価で取得できる資格だと思います。

美に興味があるなんて口で言うだけじゃなくて、私も取ってみようかと思っています。

実施機関 一般社団法人日本コスメティック協会
試験日程 随時
受験料 化粧品基礎検定:無料 / 化粧品検定:5,000円 / 美容総合検定:5,000円
合格率 75%

※ 受験者数が5名以上だと団体割引があるようです。20~99名だと4,000円、100名以上だと3,500円です。

コスメマイスターの申込は、協会HPから可能です。初めて受験する人は登録が必要です。

民間資格って次々に新しい資格が開設されるよね。ってことで民間資格って自分で作れるのか調べてみた

世の中にはたくさんの民間資格があふれているおり、その数は約2,500以上あると言われています。民間資格の創設にはとくに制限がないため、誰でも民間資格設立が可能です。

ここでは民間資格の作り方、その手順をご紹介しています。民間資格創設に興味のある方は、ぜひお読みください。

漢検もTOEICも民間資格

漢字検定やTOEICといった資格は広く認知されており、これらの資格があれば進学や就職、社内の昇進などに有利です。これらは民間資格であり、試験をおこなうのも認定するのも一般企業や協会、連盟など。

民間資格であってもメジャーなものであれば受験者が殺到し、受験費用がかなりの収入になります。試験ビジネスですね。

個人で民間資格をつくるよりも協会や学会を立ちあげる方が有利

民間資格をつくることに制約はありませんので、個人が民間資格を創設することはできます。

ただ一個人が民間資格をつくっても「信憑性」や「信頼性」でかなり不利です。民間資格をつくるなら、できるだけ企業や協会、組合、連盟、学会などの組織を立ちあげる方が良いと思います。組織が運営しているケースなら信頼されます。

どんな民間資格をつくるかが鍵

民間資格はその内容が「面白い」「興味深い」「ぜひ受けてみたい」と感じられなければ意味がありません。一時期流行ったご当地検定も、今は受験者が減っています。

受験者から広く支持され、役に立つ内容であるかどうかをまず考えることです。一時的な流行に乗っかったものでは廃れるのは早いものです。

民間資格は宣伝にお金がかかる

民間資格を創設すると、その資格を広く世間の方に知ってもらうため「広告費」がかかります。試験の立ち上げのための費用もバカになりません。それら費用を捻出できるかどうか、民間資格を創設する前に検討しなければなりません。どれくらいの費用がかかるのかなどは、検定事業専門のコンサルティングサポートを受けることです。

検定事業の企画・コンサルティングサポートを受ける

民間検定をビジネスとして運営したい方は、民間検定の企画・開発・プロモーション・作問・配信などをサポートしてくれる企業に委託する、またはサポート企業から助言を受けるなどの方法で民間資格を創設する方法が良さそうです。さまざまな会社が検定事業をサポートしています。

まとめ

民間資格の元って、なんとか協会、なんとか連盟って必ずついてますよね。資格ビジネスっていう言葉を耳にしますが、民間資格の作り方を調べて、なんとなくわかった気がします。

民間資格は意味ない?価値ある民間資格ってあるの?

民間資格とは一般企業や団体が独自につくった資格で、試験に合格することにより認定されます。国や国の委託機関が認定する国家資格よりも信頼度や知名度がおちると思われがちですが、資格の内容によっては転職や就職に有利なケースもあります。

よく国家資格を持ってる人は、民間資格に対してちょっと上から目線的な感じありますが、民間資格も活かし方によってはやっぱり持ってるに越したことありません!

民間資格はとってもムダ?民間資格の定義とは

資格には「国家資格」「公的資格」「民間資格」の3種類があります。国家資格は国や国から委託された機関が試験を実施し認定するもので、難易度は全体的に高めです。

公的資格は国家資格と民間資格の中間に位置するもので、民間資格は一般企業や任意団体が試験を主催し、認定するものとなっています。国家資格よりも認知度が低い資格もあり、履歴書に書きにくいケースもあります。

www.shikakugetdj.com

www.shikakugetdj.com

www.shikakugetdj.com

語学系の民間資格は転職・就職・昇給に有利

一般企業や団体が認定する民間資格ですが、語学系の資格に関しては認知度が高く社内での昇給や昇格、転職、再就職に有利なケースもあります。たとえばTOEIC。

外資系の会社だけではなく、大学入学などでも重視されます。合格ラインはありませんが、770点以上のスコアをだせば転職・就職にもかなり有利になりますよ。

癒し系の民間資格は独立開業や転職に有利

アロマテラピーやネイリストの資格は、民間資格ばかりです。
けれどネイリストやアロマセラピストとして仕事がしたいなら、資格を取得することで顧客や転職先、再就職先からの信頼を得ることができます。サロンによっては、資格証をわかりやすく掲示しているところもあるほどです。

福祉分野でも民間資格で活躍できる

福祉分野でも民間資格で活躍できます。
民間資格には手話の資格があり、この資格を取得しておくと福祉施設や医療施設での就職・転職に有利です。

ほかにも介護予防や介助士の資格など福祉に役立つ資格があります。超高齢社会で介護施設での介護業務や在宅介護のニーズも増えており、これら福祉系の資格を取得することで転職・再就職も有利になると思います。

事務系の資格を取得するとスキルアップになる

事務系の資格に建設業経理事務士がありますが、これは建設業専門の事務職です。マイナーな資格ですが、建設業には絶対欠かせない資格となっています。

医療事務も医療系の職場に特化した民間資格ですが、事務系の資格は医療から一般企業まで幅広く役立つのが特徴です。

50代に人気の趣味・セカンドライフ系の資格 【男性編と女性編】

いま50代の中高年層のあいだで「資格を取得したい」という方が増えています。以前、50代の父と母に向けて50代向けの資格について記事を書きました。

www.shikakugetdj.com

www.shikakugetdj.com

今日は「再就職や転職のため」「趣味として」「スキルアップのため」など、目的は様々だと思いますが、50代に人気がある資格の中でランクインしている資格をまとめてみました。

50代は男女に人気の資格はこれ!

50代の男女に人気の資格を調査してみると、男性の場合はファイナンシャルプランナー(FP)や宅地建物取引士(宅建)などスキルアップや転職・再就職に有利な資格が上位にランクイン。

女性の場合も医療事務や保育士など、男性と同じく転職や再就職に有利な資格が人気となっています。ではさらに詳しくみていきましょう。

www.shikakugetdj.com

 

www.shikakugetdj.com

スキルアップや仕事に役立つ50代男性人気の資格とは?

50代男性のスキルアップや転職、再就職に役立つ人気資格はFPや宅建ですが、ほかにも建築士や危険物取扱者などの資格も人気があります。

これらの資格があれば定年後の再就職にも有利ですし、スキルアップにも役立ちます。危険物取扱者があればガソリンスタンドで勤務できるので、定年後に新しい職場で活躍したい方に人気です。

セカンドライフを考えた資格も人気

50代男性の間では介護系の資格、調理師などの資格も人気です。これらの資格はリタイア後の実生活にも役立ちます。配偶者や家族に介護が必要になったとき介護の知識があればスムーズにフォローできますし、調理師の資格があれば食事づくり(介護食など)にも抵抗がありません。人気の理由がわかりますね。

www.shikakugetdj.com

介護の仕事がよくわかるブログもやってますので、もしよかったら読んでみてください。

kaigoshi-real.hatenablog.jp

50代女性に人気の資格は転職・再就職に有利

50代女性に人気の資格は医療事務や保育士、日商簿記検定、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)となっています。医療事務や日商簿記、MOSは、事務職に転職・再就職したいならぜひもっていたい資格です。仕事中心の資格を取得したいなら、これら資格を狙うと良いと思います。

www.shikakugetdj.com

www.shikakugetdj.com

趣味と実益を兼ねた女性に人気の資格

趣味と実益をかねた50代女性に人気の資格といえば、アロマセラピー検定やTOEICなどがあげられます。アロマセラピー検定に合格後、アロマエステ開業やアロマブレンダ―として活躍する方もいるので趣味と実益を兼ねた資格ですね。TOEICは社内でのスキルアップや独立に役立ちます。