読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

ニーズが高まる社会保険労務士。女性にも人気です。

【スポンサーリンク】

社会保険労務士とは、社労士などと呼ばれていたりする資格です。

役所や福祉施設で耳にしたことがある方がいるかもしれませんが、具体的にどのような仕事をするのかイメージできない方が多いかと思います。

ここでは、社会保険労務士がどんな仕事をする資格なのか、役割や実際の仕事内容などを説明していきたいと思います。

社会保険労務士の仕事内容

公式ホームページによるとその役割は、「企業の健全な発展・労働者の方々の福祉の向上」です。すごく硬い言葉で意味不明な感じがしますが、企業や労働者が働きやすい環境で働けるようにアドバイスをする人って認識しておけばOKだと思います。

実際には以下の3つの仕事をしています。

手続き代行業務

手続き代行業務とは、各種保険の代行手続きを行う仕事です。雇用保険や社会保険などを取り扱い、個人や企業の代わりに市町村役所や社会保険事務所への書類の提出を行います。

書類作成業務

書類作成業務とは、具体的に賃金台帳や就業規則の作成などを行います。企業と社員の間に入り、第三者的の立場で法律に合ったルールを書面で作ります。

コンサルティング業務

コンサルティング業務は、最近になって需要が高まってきました。各種、書類の作成や手続きだけではなく、自治体のサービスを利用するにあたり、減税できるか、安い料金で支援サービスを利用できるのか企業へアドバイスを行います。

以前は他の2つの業務が社会保険労務士の主な業務だったようですが、時代の変化とともに適切な助言ができるコンサルト能力を持った社会保険労務士が求められてきているようです。

企業経営に欠かせない仕事の1つ

社会保険労務士は企業が発展するには必要不可欠な存在と言えます。

企業経営には「人・物・金」が重要な3要素と言われているのをご存知でしょうか?社会保険労務士はこの中の「人」のエキスパートと言えるでしょう。

というのも社会保険労務士は、先ほど挙げた業務を通して労働者の権利や安心を安心ある生活をフォローし、支援しているからです。人のためになりたいとどこかで思っている人にピッタリな資格ではないでしょうか。

社会保険労務士は女性にも人気!

社会保険労務士は男性だけではなく、女性にも人気な資格なようです。女性の社会保険労務士は全体の30%です!他の国家資格と比べると、結構高い割合で女性が活躍している資格なのです。

手続き代行や書類作成は女性ならではの繊細さやきめ細やかさが活かせますし、企業と社員、社員と役所といった間に入る業務なので高いコミュニケーション能力が必要です。

社会保険労務士の受験について

試験は毎年1回。8月の第4日曜日に行われます。受験費用は9,000円です。

受験資格は、社会保険労務士オフィシャルサイトで確認できます。受験条件の学歴は5つに細かく分かれているので、自分がどの受験コードに該当するか確認してみてください。

社会保険労務士資格は、大卒や短大卒の方なら誰でも受験できます。高校中退でも、法律事務所や社労士事務所、地方公務員などで3年以上の実務経験があれば受験可能です。行政書士資格を持っている人も受けられます。

職場

社会保険労務士に受かると、自治体の役所や行政書士事務所、コンサル企業など幅広い職場で活躍することができます。行政への申請はどんな企業でも必要ですから、資格を持っているだけで就職や転職は必ず有利に運ぶはずです。

まとめ

社会保険労務士は、60~70%の得点を取得できれば合格です。

試験日程 毎年1回(8月)
受験料 9,000円
合格率 約2~9%
参考書 『みんなが欲しかった! 社労士の教科書』
『U-CANの社労士 速習レッスン ユーキャン社労士試験研究会』
『i.D.E.社労士塾 条文順過去問題集』
資格スクール ユーキャン:79.000円
TAC:170,000円~
資格の大原:170,000円~
問い合わせ先 全国社会保険労務士会連合会試験センター

合格率は約2~9%とかなり低いので、強い覚悟がないと合格は難しいそうです。