読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

お金のプロ!自分の生活にもダイレクトに役立つ「ファイナンシャルプランナー(FP)」

【スポンサーリンク】

TOEICや簿記と並んで転職に有利な資格としてあげられるのが、ファイナンシャルプランナー。

ファイナンシャルプランナーは、銀行や保険会社に勤めている人が取っているイメージがあります。お金に詳しい資格なんだろうなぁってことは漠然と想像できても、資格の詳しい話って聞いたことない方がほとんどだと思います。

ここでは、ファイナンシャルプランナーに求められる知識、国家資格と民間資格があるという話、国家資格である2級FP技能士の試験についてまとめています。

学ぶのは6つの分野のお金について

お金といっても様々な種類のお金がありますが、ファイナンシャルプランナーが学ぶのは、次の6つの分野です。

  • 金融資産運用、株や投資信託などにまつわるお金
  • 不動産、不動産取引にまつわる法律や税金
  • ライフプランニング、年金
  • リスク管理、今入るべき保険
  • タップスプランニング、住宅ローン現在や税金
  • 相続・事業承継、相続税の事前対策

税金関連なら税理士などその分野に特化した専門の人がたくさんいますが、ファイナンシャルプランナーは、税金関係も含め全ての視点でアドバイスが出来るお金の専門家です。

自分自身にも役立つ資格だから人気

ファイナンシャルプランナーは様々な分野のお金の知識を持ち、それを人にアドバイスできると認定されている人です。

人にアドバイスできるぐらいの知識を持ち合わせているから、自分のライフプランにもその知識は応用できます。自分が住宅ローンを組む時、確定申告をする時、親が亡くなって相続性を申告する時などありとあらゆるシーンで活用しそうです。

家計をやりくりしている主婦の方からも人気の資格なんだそうです。FP3級を取得する人は、男性よりも女性の方が多いです。

国家資格と民間資格がある

こう聞くと、ちょっと困惑してしまいますよね。ファイナンシャルプランナーは、実施している団体が2つあり、資格の種類が国家資格と民間資格に分けられます。

どっちを取ればいいの?と迷いますが、国家資格(2級FP技能士)を取って、民間資格を実施する協会へ登録すれば民間資格(AFP)も取得することができます。

国家資格の方が難易度が高く、社会的信用度が高いので、どうせ資格取得を目指すなら国家資格を目指した方がよいと思います。

国家資格のFP技能士には1級~3級がありますが、2級から合格率が下がり難易度が高くなります。2級以上を取得しておけば履歴書でアピールできそうです。

国家資格(2級FP技能士)の受験

国家資格はどんな人でも受験できるかというと、残念ながらそうではありません。2年以上の実務経験か認定講座を受験しなければいけません。

  • 通信講座などのAFP認定研修を修了した者
  • 3級FP技能士に既に合格している者
  • FP業務に2年以上携わっている者

AFP認定研修の費用

AFP認定研修は、3級FP技能士に合格した人が受けられるものと、2級FP技能士からチャレンジする人が受けられるものの2つあります。2級FP技能士から取得するための研修費用を調べてみました。

認定研修は、TAC、資格の大原、LECが人気があるようです。資格の大原が1番安いです。

TAC 91,000~123,000円
資格の大原 64,000円~110,500円
LEC 10,800円~54,000円

2級FP技能士の合格率と勉強時間

試験は年に3回あるので、気負わず望めます。元々の予備知識量にもよりますが、3~4か月勉強して合格した方が多いようです。

2年以上のFP業務経験が適用される職場

2級FP技能士は2年以上の実務経験が必要ですが、どこで2年以上働けば受験できるのか調べてみると、以下の職場で働いていればOKみたいです。1番簡単に転職できそうなのは、クレジット会社や保険会社かなと思いました。

  • 銀行
  • 保険会社
  • クレジット会社
  • 保険会社の代理店
  • 税理士事務所
  • 公認会計士事務所
  • 不動産鑑定士事務所
  • 社会保険労務士事務所
  • 中小企業診断士の元で働ける事務所
  • 弁護士事務所
  • 司法書士事務所
  • 行政書士事務所
  • 不動産会社
  • 建設会社
  • 投資顧問会社
  • 商品先物取引会社
  • 生活協同組合
  • 商社金融担当者

まとめ

FPの資格は、国家資格の中で独占業務のない資格になります。例えば、行政書士や社会保険労務士は、その資格がないとできない業務があります。FPには独占業務が与えられていないので、独占業務を扱う国家資格に比べると専門性に欠けるところがあります。でも、見方を変えれば、それくらい幅広い知識を要するということにもなるので、資格の活かし方にも幅が広がります。

資格名FP技能士日本FP協会実施のFP金融財政事情研究会実施のFP
資格の種類 国家資格 民間資格 民間資格
1級・2級・3級 1級・2級・3級 1級・2級・3級
合格率 1級:約10%
2級:約30%
3級:約70%
1級:約87%
2級:約37%
3級:約64%
1級:約5%
2級:約55%
3級:約75%
難易度 1級:高
2級:中~高
3級:低
1級:中~高
2級:高
3級:低
1級:高
2級:中~高
3級:低
問い合わせ先 日本FP協会 日本FP協会 一般社団法人 金融財政事情研究会

金融機関や保険会社への就職や転職にはもちろん、幅広い企業への就職や転職で役立つとされているので、ぜひ取得を目指してみてはいかがでしょうか。