読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

手軽に取りやすい!プライベートも充実する食生活アドバイザーの資格のまとめ

【スポンサーリンク】

食生活アドバイザーの資格は、最近ローラが取ったということで話題にもなっている資格ですね。

食生活アドバイザーという名前で、何だか取れたら料理上手になれる気がする!と漠然に想像できても、どんな資格なのか詳しくは知らないという方がほとんどでしょう。

というわけで、食生活アドバイザーの資格を紹介していきたいと思います。資格を取ったらどんな職業で活かせるのか、試験内容、難易度をまとめているので、興味のある方はお読みいただければ嬉しいです。

食生活アドバイザーとは?

食生活アドバイザーは、食生活に関する幅広い知識を持ち、健康な食生活のためのアドバイスもでき、仕事の場でも活躍できる人を認定する資格です。

最近は、食品に対して不安になるニュースも多く、食品選びにこだわり始めた方も多いことを考えるとこれからもっと人気が出てくる資格になりそうです。

誰だって安心安全な食生活を送りたいはずです。それに、仕事にも活かせる資格と聞くと興味が沸きますよね!内容も女性ならとっておいて、損はないと思います。

食生活アドバイザーの資格を活かせる職場

では一体、食生活アドバイザーを活かせる職場とはどのような職場なのでしょうか?もちろん、食に関連する職場なのは容易に想像がつきますが、実際に以下のような職場で活躍しています。

  • 家庭
  • 販売現場
  • 医療・介護・福祉
  • 飲食業界
  • 生産現場
  • 学校
  • 流通現場

生きるために欠かすことができない食。食生活アドバイザーの勉強をすることで、自分の食生活が豊かになり、また医療現場、教育、飲食店など、食に関わる仕事すべてで知識が活きます。

また、食生活アドバイザーが食の関わる仕事で活かされるのはもちろんですが、自分でお店を始めたいと考えている方にもおすすめの資格です。

食生活アドバイザーの試験

試験は年2回、7月の第2日曜日と11月の第4日曜日に行われます。

3級と2級の違いですが、3級は消費者目線に立った内容で、2級は食提供者の立場の内容になります。3級を受けずに2級を受けることも可能です。

栄養、食習慣、食品学、衛生管理などどれもためになるようなことばかりなので、勉強するのも楽しいという評判があります。食への興味があれば、誰でも受けられるというのもうれしいですね。

合格率

合格率は、3級で58%(一般)、84%(対策講座受講者)です。2級の合格率は、38%と下がり、難易度は上がります。

3級の合格率を見ると分かるかと思いますが、講習を受けた方と一般の方では30%弱合格率が違います。食生活アドバイザーはFLSネットワーク協会が主催する対策講座があり、受講料は3級で12,000円、2級で18,000円。合格を目指すなら講習は受けておいた方がよさそうです。

まとめ

食生活アドバイザーの公式サイトで過去問題があったので、やってみました!18問中5問正解でした。ちゃんと勉強しないと合格が難しいという印象でした。

資格条件 なし
試験日程 年2回
(7月と11月)
資格の種類 3級/2級
合格率 3級:一般/58% 対策講座受講者/84%
2級:38%
試験対策講座 協会実施の合格講座(1日/3級:12,000円・2級:18,000円 )
ユーキャンの食生活アドバイザー講座(4ヵ月/3級・2級:39,000円)
問い合わせ先 一般財団法人 FLAネットワーク協会

過去問題は食生活アドバイザーの公式HPでチャレンジすることができるので、時間ある方はやってみてください!