資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

これはいらない?!仕事に困る資格はお金の無駄

【スポンサーリンク】

資格女子なんて言葉があったり、資格を取る社会人は増えてきています。

資格を取ることで自己啓発につながったり、名刺に記載することができてビジネスシーンでも活用できるメリット面が重視されている風潮にありますが、実は社会には使い勝手の悪い資格も存在します。

人気があるけど実は就職や転職に役立たない資格は多数あります!

せっかく資格を取ったのに働けるところがなかったら、困りますよね。ここでは、資格学校のカモにならないための資格を選ぶ時の注意点、本当に使える資格を紹介してきたいと思います。

資格を取るなら国家資格が良い

資格には「国家資格」と「民間資格」がありますが、仕事に困る資格の多くは民間資格です!

趣味を活かした民間資格は、就職面接で自己アピールには使えるかもしれませんが、実際の仕事内容に直結していないので採用されない可能性が高いんです。

民間資格は勉強すればほぼ取得でき、学歴がなくても取得できるのが魅力ですが、就活や転職に使い勝手の悪い資格が多いと言われがち。

今、主婦の間で流行の医療事務・調剤薬局事務・介護事務は、意外にも使えない民間資格の1つだったりします。使えないといったら聞こえが悪いですが、実は資格を持ってる人が多いので、求人が激戦区ということです。

医療系の事務の資格で今後ニーズが高くなるのは、医師事務アシスタントなので、これから医療系事務の資格を取るなら医師事務アシスタントの資格がおすすめです。

でも、医師事務アシスタントという資格はありますが、資格がなくても働けるので、まずは求人を探して働いて実務経験をつけた上で必要なら取得しても良いと思います。

独占業務がある資格?

独占業務がある資格というのは、その資格を持っていないと扱えない仕事があるかどうか。例えば、弁理士、公認会計士、行政書士、弁護士などがそれに当たります。

独占業務のない資格は、専門性に欠けるため仕事に活かしにくかったりします。飲食店では、調理師免許は資格がなくても採用されますよね。独占業務を行わない国家資格があることは頭に入れておきましょう。

ただ、資格を取るのは人の自由。趣味を活かしたい、合格しやすいやすい国家資格を取りたいという方は、独占的でない国家資格を取ったってよいですよね。

認定資格を選ぶ時の注意点

認定資格は、最も手軽に取れる資格です。たとえば、このブログでは薬膳コーディネーターなどがありますが、認定資格を取得する場合、試験がなく講座を受講して修了すれば認定してもらえる資格があります。

ここで大事なのは、「誰が認定するのか」ということ。認定してくれる協会や団体が無名の怪しいところだったら、履歴書に書くことがマイナスに働く可能性もあります。

どこの誰が認定するのかに注意して、受講講座を選ぶことをおすすめします。

まとめ

資格をとっても活かせるところがなければ、お金の無駄です!

世の中には資格ビジネスというものがあるので、何か資格欲しいと漠然に考えている人は、資格ビジネスのカモにならないように、役立てることができる資格なのか判断することから始めて欲しいと思います。