読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

どんな転職にも役立つ3つの資格

【スポンサーリンク】

資格がないと転職は不利!

そう思って資格を取得しようと考える人がたくさんいますが、それは間違っています!資格は転職先に合った資格でなければ役立ちません。

ここでは、なぜ転職先に合った資格でなければ意味がないのか解説しています。どんな職種にも役立つ資格を3つ紹介しているので、絶対、転職活動に失敗したくない方はこの3つの資格を目指してみてはいかがでしょうか。

まずは、「資格必須の求人はわずか15%しかない」という話からです。

資格必須の求人は「医療系・技術職・医療系」15%のみ

大手転職サイトによると、資格が必須な求人は全体のわずか15%。約77%の求人で資格は問われていなく、経験を重視して採用していることが分かっています。

未経験分野に挑戦したいから、30代や40代で転職が不利だから、何でも良いから資格を取ろうとう考えは捨てた方が良いと思います。

焦って何らかの資格を取っても、希望する職種に合った資格でなければ転職は有利に進みません。

どうして適当に取った資格は転職で有利に進まないのか?

転職を失敗した方の中には、履歴書の資格欄に何も書く資格がなかったのですぐに取れる「救急救命士」を記入したところ、アクティブな人間と判断され、希望職の秘書ではなく営業職に配属されたという人がいます。

転職する時に履歴書に記載する資格は、転職に有利と言われている資格ランキングなんかで紹介されている資格なら何でもいいというわけではありません。

採用担当者は人材が不足している部署で資格が有効活用できるか、募集がある部署でその人は活躍できるかどうか判断して、人を採用します。

資格が職種に合致していなければ、自分の性格が希望の部署に合っていなければ内定はもらえません。

では、希望する職種に特定の資格がいらないケースはどうしてらよいでしょうか。「どんな職種への転職でも役立つ資格」を取得しておけば転職が有利です。

そこで、「どんな職種への転職でも役立つ資格」を紹介して行きましょう。仕事をしながら資格スクールに通ったり独学で勉強すれば取得できる資格を3つ厳選してみました。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランーは、お金のスペシャリストになれる資格です。具体的には、金融資産運用、株や投資信託、不動産、不動産取引にまつわる法律や税金などお金について勉強します。

金融系や不動産関係の転職に役立ちますが、その他の職種でもファイナンシャルプランナーの資格を持っていると採用されやすいです。営業職でも何でもお金に関わらない仕事はありません。

ファイナンシャルプランナーは1級から3級までありますが、合格率は1級で10%、2級で35%、3級で50~70%程度です。

3級であれば3~4か月勉強すれば合格できるといわれているので、まずは3級からチャレンジしてみましょう。ファイナンシャルプランナー3級は履歴書で十分にアピールできます。

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

マイクロソフト オフィス スペシャリストはMOSと略されることが多いです。
(以後、MOSと表記)

MOSはPCスキルが問われる国際資格。今や、仕事でPCを使わない職種はないといっても過言ではないので、どの分野へ転職するにも好都合。

履歴書の資格欄にMOSを書けばどの程度のPCスキルがあるのか転職先へアピールすることができます。40代以上の方でPCが苦手という方は転職前にPCスキルを磨く方法としてMOS資格を取得しておくとよいと思います。

MOSの難易度は低く、参考書をしっかりと勉強すれば取得できます。

中小企業診断士

中小企業診断士は、中小企業の経営状況を把握し、より良い経営状態になるようにアドバイスをする仕事。

中小企業診断士の資格は国家資格になり、合格率は1次試験で約23%、2次試験で約24%と難易度は高いです。

800~1000時間の勉強時間は覚悟しておくべきですが、見事資格を取れたら転職はかなり有利に運びます。

コンサル会社へ転職する方が多いですが、一般企業の経営企画部や財務部、経理部への転職にも役立ちます。

まとめ

こちらで紹介した「転職にも役立つ資格」の資格の種類や難易度をまとめてみたいと思います。

資格種類合格率
ファイナンシャルプランナー 国家資格 1級:10%
2級:35%
3級:50~70%
マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS) 国際資格 非公開
(一般は難易度低)
中小企業診断士 国家資格 23%~24%

ファイナンシャルプランナー3級とMOSは難易度が低く取得しやすい資格ですので、手っ取り早く資格を取りたいと思っている方は是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。