読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

人気の資格3つの難易度を調べてみた

【スポンサーリンク】

人気の資格3つの難易度を調べてみた

転職の有利な資格を取りたいけど、長い期間勉強するのは、体力的にも経済的にも偏差値的にも無理という方は多いはず。

早く、安く、簡単!何より、就職や転職で役立つ資格が取りたい…これが本音でしょう。

そこで、就職活動に役立つ人気の高い資格「マイクロソフト オフィス スペシャリスト資格」「簿記資格」「医療資格」の難易度をまとめてみました。取得までの期間や就職先の需要まで紹介しているので、自分でも目指せそうな資格がないか探してみてはいかがでしょうか。

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)資格の難易度

マイクロソフト オフィス スペシャリストの資格はどんな転職にも役立つ3つの資格の中でも紹介した資格の1つで、パソコン操作の技能がアピールできる資格です。マイクロソフト オフィス スペシャリストの資格はMOSと略されることが多いです。
(以後、MOSと書きます。)

MOSの資格はスペシャリストとエキスパートの2つの種類がありますが、合格率はスペシャリストで約8割、エキスパートで約6割と、さほど難しい資格ではありません。

スペシャリストであれば、ある程度のワードやエクセルの能力があり参考書を購入して2週間ほどで受かるといわれています。あまり勉強する時間が取れないなんて方に向いている資格です。

簿記資格の難易度

簿記資格は再就職に役立つ15の資格の記事で紹介しましたが、経理や事務職で需要が高いです。女性向けの資格といえますが、大手企業に就職するなら男性でも取っておいて損ないでしょう。

簿記検定は日商簿記検定が有名ですが、1級~4級まであり合格率は40%~10%程度。1級に上がれば上がるほど難しくなります。4級、3級の難易度は低いので、まずは4級からチャレンジしてみてはいかがでしょうか。ただ、履歴書に書くなら3級以上が有利です。

医療資格の難易度

就職先に困らないし食いぱっくれのない資格を考えると頭に上がってくるのが医療資格ですよね。

看護師の資格取得難易度

以前に、医療系の資格として看護師、薬剤師、介護支援専門員の資格を紹介していますが、看護師は正看護師資格も准看護師資格も合格率が90%程度。合格率だけ見ると難易度は高くないように見えます。

しかし、正看護師は4年間の大学に通うか3年制の専門学校に通わなければいけなく、毎日の勉強量や実習の負担を考えると難易度は低いとはいえません。

薬剤師資格の難易度

薬剤師資格の合格率は約77%ですが、薬剤師になるためには6年生の大学を卒業しなければいけない上に、手抜きせずに勉強しなければ合格できません。薬剤師資格の難易度も低いと言い難いです。

介護支援専門員資格の難易度

では、介護支援専門員はどうでしょうか?

介護支援専門員はケアマネと呼ばれている職業で、介護福祉施設や医療機関で要介護の認定を行ったり、ケアプランの作成を行います。高齢者が多くなる中、需要がどんどん高まっている資格の1つです。

介護支援専門員の合格率は、20%程度と低め。しかも、介護職員として3年間勤務していることが条件を考えると、難易度は高いです。介護業界で働く人がスキルアップするための資格なので、全くの素人が簡単に目指せる資格ではなさそうです。

まとめ

パソコンスキルをアピールでき、そこまで難しい勉強いらずの「マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)」はこちらで紹介した資格の中で1番取得しやいと思います。短い勉強期間で楽に何か資格を取得したいという方は是非チャレンジしてみてください。

医療・介護系の資格は求人ニーズや給料が高いですが、資格を取るためには大学や専門学校に通わなければいけないので、すぐに取得するのは難しいと思いました。本当に取得したい!と思う方は、まず、学費や学校に通う間の生活費から考えていきましょう。