読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

ナースバンクに登録して転職活動をした方が良い5つの理由

【スポンサーリンク】

看護師の転職はハローワークを使う人が多いけど、ナースバンクはどうなの?と思っている方のために、ナースバンクを使うと「楽で便利」というメリットを5つにまとめてみました。

ナースバンクでは自分で求人を探したい方は、e-ナースセンターに会員登録して求人を探すことができます。ナースバンクの事務所に行く時間がないなんて方でも楽に求人を探すことができますよ。

看護協会の運営、厚労大臣認可なので信頼できる

ナースバンクは看護協会が運営する無料職業紹介所です。厚労大臣認可という点はハローワークと同じですが、「看護師専門の求人紹介や転職支援を行う」という点が違います。

ナースバンクを利用する多くの看護師は、「看護協会が運営」「厚生労働大臣認可」なので絶大な安心感や信頼感があると答える方が多いです。公的な機関のため催促の電話がなく自分のペースで転職活動を行うことができます。

看護師専門の研修が無料で受けられる

ナースバンクは看護師求人を紹介してくれるだけではなく、新人研修や復職研修、高齢者医療、緩和ケア、脳卒中看護など専門的な研修を無料で受けられるのが最大の魅力です。

研修は離職中ならその都道府県に住んでいれば受講でき、就職中ならその都道府県内の病院に勤めていれば誰でも無料で受けることができます。

未経験分野への転職やブランクありの復職をする看護師は、研修を無料で利用できるナースバンクを使うのがよいと思います。

ナースバンクが扱っている求人はどのような求人が多いのでしょうか?

労働基準法違反のブラック病院の求人が少ない

労働大臣が認可しているハローワークの求人は、労働基準法に違反しているブラック病院の求人が少ないということができます。

ナースバンクの求人は給料が少ないと感じる看護師の方がいますが、それは民間の看護師求人サイトが実際の給料よりも高く表記していたり、残業や夜勤が多く手当を含んでいるケースがあるからです。

労基違法していない働きやすい病院を探したいならナースバンクを利用してみると良いでしょう。ただ、ナースバンクの相談員はあくまでも公的な機関の人間。民間の看護師求人サイトのコンサルタントと比べて丁寧ではなく、事務的と感じてしまうかもしれません。

インターネットでも求人閲覧が可能

ナースバンクの求人はインターネットからも閲覧することができます。eナースバンクに登録しておけばスマホからもPCからも求人が検索できます。

仕事の合間に、通勤時間に、とスキマ時間に転職活動が行えるので、忙しい看護師はナースバンクのインターネット求人検索を利用しています。

求人検索だけならその地域に住んでいなくてもOK

ナースバンクの求人はその都道府県内に住んでいなければ閲覧できないと思っている方がいますが、実は、県外からでも求人検索は可能です。家族の転勤やIターン、Uターンする看護師がたくさん利用しています。

ナースバンクを調べて気付いた点

看護師さんの転職について、転職サイトの利用をすすめる内容が多く、確かに転職サイトは、専門の転職アドバイザーが求人探しから転職を支援してくれる。

私も過去に転職活動する時に転職サイトに登録しましたが、ハローワークのほうが気楽に転職活動できた記憶がある。(人によるとは思いますが・・・)

そして、看護師さんの場合は、ハローワークの看護師専門版ともいえる「ナースバンク」という転職支援があるので、ナースバンクを使った方が良いと思ったので、今回の記事を書きましたが、ちょっと気付いたことがあります。

ナースバンクは全国にあるので、就職支援内容や講習もどの地域も同じように行われていると思っていたのですが、都道府県ごとに異なるようです。UターンやIターンする方は、引越し先の都道府県ナースバンクのサービスを調べた方が良いです。

まとめ

ナースバンクを使ってみてよかったと思う看護師の方は、その理由に、無料で利用できる研修を挙げる方が多いです。復職したいママ看護師は不安を解消できるみたいですね。

看護師求人を探す方法には、ナースバンク、ハローワーク、民間の看護師求人サイトの3つの手段がありますが、求人の探しやすさや相談のしやすさなどを考えて、自分に合った方法を選ぶとよさそうです。