資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

主婦が自宅で教室を開く時に有効な資格

【スポンサーリンク】

趣味を活かして自宅で教室を開きたい主婦の方はたくさんいることでしょう。子育てや家事の合間に自分が輝ける場所を作っていきたいですよね。

でも、いざ教室を開こうと思った時に不安に思うのが、資格は必要ないのかという点ではないでしょうか。

ここでは、家で料理教室、音楽教室、ベビーマッサージ教室を始める時に持っておくと生徒さんがたくさん集まりやすい資格を3つずつ紹介しています。

せっかく自分の教室を持つのだから流行らせたい!そんな主婦の方は、こちらで紹介している認定資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか?2~3日の講座だけで取得可能な資格や通信講座もあるので、子育てや家事をしながらでも無理なく勉強できると思います。

料理教室に有利な3つの資格

家で料理教室を始める時には特に決まった資格はいりません。飲食店を始める時に必要な資格である、調理師、栄養士、食品衛生責任者、防火管理者といった資格は一切必要ありません。

ただ、生徒さんを集めるためには食べ物に詳しいという肩書が必要なので、「食育アドバイザー」「フードコーディネーター」「和食マイスター」といった認定資格を取得しておくと安心です。

どの資格も公式HPで購入できるテキストをしっかりと勉強したり、対策講座を受講すれば合格できる資格なので、料理教室を始める前に1つは取得しておくとよいと思います。

食育アドバイザーは認定講座の受講が必須!

食育アドバイザーは日本能力開発推進協会が実施する民間資格です。受験するには、協会認定の教育機関の講習を修了しなければいけません。協会認定の講座は「資格のキャリカレ」の食育アドバイザー資格取得講座です。

合格率は公開されていませんが、「資格のキャリカレ」の食育アドバイザー資格取得講座で配布されるテキストをしっかりと勉強しておけばほぼ合格します。

試験日程 随時
検定料 5,600円
受験資格 認定教育機関での全カリキュラムを修了した人
認定教育機関の講座 「資格のキャリカレ」の食育アドバイザー資格取得講座(3ヵ月/46,000円)
合格率 非公開
難易度
おすすめの参考書 「資格のキャリカレ」の食育アドバイザー資格取得講座のテキスト

フードコーディネーター

フードコーディネーターは、日本フードコーディネーター協会が実施する検定です。1級~3級があり、認定後は21,000円の登録が必要です。

試験対策講座に参加すれば、3級、2級であれば合格しやすいです。自宅で料理教室を開くなら3級や2級で問題ないでしょう。

1級は課題提出やプレゼンがあり食知識の提案力や応力力が問われるため難易度が上がりますが、1級を受験する方はしっかりと勉強してくるので100%の方が合格しています。1級の取得者は2016年3月でわずか38人です。

試験日程 各級毎年1回
3級 10~11月
2級1次試験 6~7月 2次試験 8月
1級 1次試験 9月 2次試験 2月
検定料 3級)11,000円(会員 6,000円)
2級)1次試験 11,000円(会員 6,000円) / 2次試験 14,000円
1級)1次試験 12,000円 / 2次試験 16,000円
合格率 3級 約84%
2級 約97%
1級 約100%

和食マイスター

和食マイスターは日本野菜ソムリエ協会が実施する検定です。初級のジュニア和食マイスターコースと上級の和食マイスターコースの2つの資格がありますが、上級用の講座の開講は現在未定です。

ジュニア和食マイスターコースを受験するためには2時間の講習を5つ受講が必須です。講義に参加ししっかり勉強すればほぼ合格できます。講習費用は97,700円です。

和食マイスターの育成コースは不定期で行われており、協会HPから申し込みができないこともあります。申し込みができない場合は、和食マイスター育成講座事務局(03-5459-818)に連絡してみてください。

試験日程 随時
検定料 97,700円(受講料含む)
合格率 非公開(難易度低)

音大卒にプラス!音楽教室に使える3つの資格

音楽教室を自宅で始めるなら、音大卒の肩書は必須ですよね。でも、SNSやブログで生徒を募集できる今、他の音楽教室と差がつけられるプラスアルファが必要です。

「YAMAHAの検定試験」「こども教育センター認定リトミック講師」「クラシックソムリエ検定」といった音楽技能の分かる資格があると生徒さんが集まりやすいです。

こども教育センター認定リトミック講師

乳幼児のリトミック指導者を目指すなら、こども教育センター認定リトミック講師の資格を持っておくとよいでしょう。

初級、中級、上級の3つのコースがあります。初級は1日のみの受講で認定資格は発行されません。中級、上級コースは講習後にNPO法人日本こども教育センター認定講師認定講師資格が受け取れます。

中級、上級はお金も時間もかかるので、まずは初級の講座を受けてみるとよいと思います。

試験日程 初級) 毎月1~3回程度
中級) 毎月実施
上級) 年2回程度(5月と11月)
検定料(受講料含む) 初級(1日) 15,230円
中級(27時間) 97,200円/91,550円(教材費)
上級 (30時間)10,8000円/34,980円(教材費)
合格率 非公開(難易度低)

YAMAHAの検定試験

YAMAHAのピアノ講師が必ず受けている認定資格です。YAMAHAの検定試験は「ピアノ演奏グレード」と「指導グレード」の2つがあり、音楽教室を開くなら3級以上あれば安心です。音大や音楽専門学校を卒業している人であれば、3級は合格できると思います。

検定試験で引く曲は試験官から指定されるので、検定の申し込みの時に相談してみるとよいでしょう。申し込みは、YAMAHAの教室で受け付けています。

試験日程 随時
検定料(受講料含む) 12,000円
合格率 非公開(難易度低)

クラシックソムリエ検定

あまり聞きなれない検定と思う方が多いかもしれませんが、他の音楽教室と差をつけたいという方に向いています。エントリークラス、シルバークラス、ゴールドクラスの3つの級があります。

問題はクラシック音楽や作曲家に関係する問題が100問を4択で選択して答える筆記試験のみなので、参考書をしっかり勉強していれば合格できます。ゴールドコースは、有名演奏家や音楽ソフトに関する問題が出題され、参考書には記載されていない知識が問われるので難易度は上がります。

試験日程 不定期(1年約1回)
検定料(受講料含む) エントリークラス 4,900円
シルバークラス 5,900円
ゴールドクラス 7,500円
合格率 非公開
エントリー・シルバーコース難易度低
ゴールドコース難易度高

以上の3つの検定は、難易度が高い「ピアノ調律技能士」「音楽療法士」「舞台機構調整技能士」とは異なり、音楽に詳しい方や試験対策テキストをちゃんと勉強すれば合格できる資格なので、ぜひ教室を開講する前に時間を作って合格を目指してみてください。

「安全なベビーマッサージ教室」の印象アップ!資格3選

ベビーマッサージは赤ちゃんを扱う教室になるので安全性を考えて、スクールでベビーマッサージ講師の資格を取得しておくべきでしょう。

ベビーマッサージの資格で有名な資格は、「ベビーマッサージ協会のベビーマッサージティーチャー」「日本アタッチメント育児協会のベビーマッサージインストラクター」「国際ホリスティックセラピー協会(IHTA)のチャイルドボディセラピスト」があります。

ベビーマッサージ協会のベビーマッサージティーチャー

日本で40年の歴史のあるピーター・ウォーカーのベビーマッサージ講師の資格が取得できます。ピーター先生から直々にベビーマッサージの指導があります。講習は3日間と短いので、家事や育児の合間に無理なく取得できます。

試験日程 年2回(春と秋)
検定料(受講料含む) 298,000円
合格率 受講者はほぼ合格

日本アタッチメント育児協会のベビーマッサージインストラクター

日本アタッチメント育児協会が実施するベビーマッサージ講師の育成講座です。講習は2日間で完了します。

ベビーマッサージインストラクターを取得すると2級育児セラピストの前期課程も同時に学ぶことができます。肩書が増えるので生徒さんを集めやすいです。

試験日程 毎月1回
検定料(受講料含む) 169,200円
合格率 受講者はほぼ合格

国際ホリスティックセラピー協会(IHTA)のチャイルドボディセラピスト

国際ホリスティックセラピー協会が実施するベビーマッサージやベビーヨガの講師育成の講座を受講すると、認定資格が受け取れます。1級と2級があります。

1日の講習で認定資格を受け取れるので、短期間に資格を取得したい方に向いています。受講料は30,000円と他のインストラクターの資格よりも安いです。

試験日程 年4回
検定料(受講料含む) 30,000円
合格率 1級 受講者はほぼ合格
2級 難易度高

まとめ

主婦にとって自分の趣味や特技を活かして自宅で教室を開くことはステイタス。家で教室を開くことは誰でもできますが、生徒さんが定期的に来てくれるようにするためにはちょっとした努力が必要です。

こちらに紹介した検定や認定資格は短期の講座を受講するだけで資格が取得できるものばかりです。家事や育児の間にレベルアップを図ってみてはいかがでしょうか。