読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

資格と検定の違い

【スポンサーリンク】

「資格と検定」この言葉は似ているようでじつは違うものです。どちらも試験によってその知識や技量、力量が認められるものですが、資格の方はその力量や知識が認められると同時に、独占的な権利が発生します。ところが検定はそれが生じません。詳しいことはこちらをどうぞ。

資格は免許と同じ「独占的な権利が発生」

資格と検定は、一定ジャンル、一定範囲の試験を受けることで受験者の実力や知識が認められるものでは同じですが、合格後に「独占的な権利が発生」するかどうかに大きな差がうまれます。漢字検定で最高得点を取ったとしても、その認定書で教員になれるわけではありません。これが資格と検定の大きな差になります。

公認会計士や弁護士、医師、建築士などは国家資格ですので、資格の重みや価値が民間資格とは違います。さらにこれらの資格は業務独占のため、その資格をもつ人物しか仕事をすることができません。資格を取得していれば、一生その仕事で生活することができるのです。独占的な権利が発生することで安定した仕事ができます。

検定は受験者の力量や知識を認めたもの

検定は受験者の力量や知識が、ある一定ラインまで達していることが認定(民間企業や公的機関など)されたものを言います。ただし認定されていても、就職や転職で国家資格並みの効力はなく「転職・就職に有利になり」程度のものです。趣味系の検定は履歴書に書かない方がよいことも。

検定のなかにも就職・転職に役立つもの、直結するものはあります。介護の仕事がしたいなら「認知症ケア専門士」「学習療法士」「レクリエーション・インストラクター」「介護予防運動スペシャリスト」などの民間資格を取得しておくのも良いでしょう。転職・就職時に有利になります。

資格でも国家資格は一生モノ

多くの国家資格は、取得するために時間や費用がかかります。大学や専門学校を卒業して取得できるものもあります。講習を1~2日受ければ自動的に取得できるような類いのものではないため、価値があり人数も限られます。そのため就職・転職に有利ですし、給与面もかなり優遇されます。そのため多くの人たちが国家試験合格を目指して勉強しています。

多くの国家資格は取得がむずかしいのですが、なかには数日講習を受ければ取得できる国家資格も。防火管理者やガス溶接技能者、食品衛生責任者、玉掛技能者、小規模ボイラー取扱者資格など、簡単にとれる資格ではありますが国家資格です。消防や食品、土木、溶接の仕事をしたい方は、これら資格をもっておくと有利。

検定をあなどるなかれ!就職・転職に有利な資格いろいろ

国家資格や公的資格は合格するのがむずかしいのも事実。では民間資格には価値はないのでしょうか?そんなことはありません。民間資格はその種類が多いのが特徴。事務職やコンサルタント系の資格が多数。最初から事務職や情報処理系の仕事がしたいときは、それら資格を重点的に取得することで転職・就職が有利に。

民間資格には、聞いたこともないようなものも。日本茶販売アドバイザーやネイリスト技能検定など、普通の人にはあまり重要ではないニッチな資格も、希望する就職先によっては役立つ可能性大です。民間資格だからダメなのではなく、必要な資格を必要に応じて取得することが重要なのですね。

まとめ

世の中には一生モノの国家資格もあれば限られた業界だけで有利な民間資格など、じつにさまざまな資格があります。ただどのような資格や検定であっても、希望をもって資格を取得し、自信をもって仕事をする支えや基礎になるのならそれは必ず意味があります。

 

www.shikakugetdj.com