資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

国家資格と公的資格と民間資格の違い

【スポンサーリンク】

国家資格と公的資格、それから民間資格には一体なにが違うのでしょうか?国家資格を取得することが一番いいのでしょうか?民間資格には一切意味がないのでしょうか?じつは受験者の目標や就職先によって、資格の価値は変わってきます。これから資格取得をめざす方へ、お役に立つ情報をお届けします。

国家試験の代表は医師国家試験や公認会計士など

国家試験は国が直接試験を実施する、また国の委託機関によって実施された試験のことです。主なものに公認会計士や司法試験、建築士、医師国家試験などがあります。これらの資格は数時間の講習で取得できるようなものではなく、大学や専門学校に通って所定のカリキュラムを修了し、国家試験に合格することで得られる資格です。

医師国家試験や司法試験に合格した方は、晴れて「医師」「弁護士」などの名称を名乗り、仕事ができるようになります。医師免許や弁護士資格のない者が業務をおこなうと違法となります。仕事ができる方が資格取得者に限られるため、安定して長く働くことのできる人気のある資格となっています。一生モノの資格といっていいでしょう。

 

www.shikakugetdj.com

 

公的資格の代表は准看護師や介護職員初任者研修など

公的資格とは、試験そのものは民間企業や公益法人など国や官庁とは関係ない団体が実施しても、合格者を認定するのは国や大臣という資格です。認定者が大臣や公官庁なので公的資格です。これら公的資格の代表は准看護師や介護職員初任者研修など。国家資格ほどの重みはありませんが、仕事をしたい方にとって非常に役立つものです。

日本商工会議所が主催する簿記検定は、毎年多くの方が受験しています。事務系の仕事、会計事務所で働きたいのなら必須。ほかも有名な英検や秘書検定、家庭料理技能検定などおおくの資格が公的資格となっています。これら資格は多くの方が知っており公的資格となっているため、履歴書に堂々と書けます。転職・就職時にも有利。

民間資格の数は膨大!就職・転職だけではなく趣味にもグッド!

民間資格の数はまさに膨大!どの分野の資格も相当数あります。すべての資格を取得するのはむずかしいのですが、転職や就職を希望する際にすこしでも有利になる資格を取得しておきましょう。とくに多いのは事務系・コンサルタント系の資格です。これら業界をめざしているのなら積極的に取得するとグッド!

民間資格は転職・就職だけではなく趣味を充実させるのにも役立ちます。アロマセラピー検定は直接仕事に結びつかなくても、生活に潤いを与えます。このほか映画検定やNARUTO検定、紅茶検定、調味料検定、京都・観光文化検定試験など趣味の世界を広げる民間資格が多数あります。趣味の時間が充実すれば人生も楽しくなりますね。

 

www.shikakugetdj.com

 

まとめ

ここでは国家資格や公的資格、民間資格の3種類の資格をご紹介しました。難易度が高く希少価値のある国家資格だけではなく、さまざまな資格があります。資格取得にはお金も時間も必要です。資格の必要性をよく考え、必要な資格だけをピンポイントで狙っていくのが賢いやり方です。