読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

試験なし!受講するだけで取得できる国家資格まとめ

【スポンサーリンク】

資格取得がむずかしそうな国家資格ですが、なかには講習を受けるだけで試験のない資格もあるのです。これから就職・転職にむけて資格を取得したい方は、講習のみで取得できる国家資格をご紹介。ただ、土木や工業系の資格が多い傾向です。

6時間の講習で取得できる食品衛生責任者

食品の製造販売や飲食店(レストランや居酒屋など)を衛生管理のために必要なのが食品衛生責任者。この責任者がいない店舗では、食品の販売をおこなうことができません。ただし、調理師、製菓衛生師、栄養士などの資格があれば、受講が免除されます。衛生法規や公衆衛生学、食品衛生学の講習があり、6時間で終了。受講料は1万円となっており、誰でも資格が取得できます。

1~2日で取得できる甲種(乙種)防火管理者

甲種(乙種)防火管理者は、ある一定以上の床面積を持つ建物や、多くの人たちが出入りする場所を管理する場合に必要な資格です。この資格には甲種と乙種があり、乙種は管理できる範囲に限りがあります。1~2日間の受講で資格が取得でき、内容もむずかしくありません。これから建物の防火管理をしたい方は積極的に受講して資格を取得すると転職・就職時に有利です。

転職・就職に有利なガス溶接技能者

可燃ガスや酸素などを利用しておこなう溶接、切断などには危険がともない、ガス爆発などでケガをする方が後を絶ちません。そのため労働安全衛生規則では、ガス溶接をおこなうためには資格が必要であると定められています。ガス溶接技能者は講習だけで資格が取得できますし、実務も不要です。だれでも資格が取得できます。

土木業界への転職にはかなり有利な玉掛技能者

土木業界では知らない人はいない資格、玉掛技能者。移動式クレーンや揚貨装置で荷物を吊りあげる際には、この資格が必要です。講習と実技で約19時間の時間が必要ですが、むずかしい試験はなく講習と実技で資格が取得できます。土木・建築だけではなく港湾や工場での仕事にもこの玉掛技能者資格は欠かせません。今後、土木、建築分野で働きたい方はぜひ取得しておきましょう。

安全対策のための資格、酸素欠乏危険作業主任者

下水道やトンネルなど密閉された空間のなかで作業をする場合は、酸素欠乏のリスクがあります。そこで換気装置の設置や正しい作業方法で、作業員の安全を確保しなければなりません。酸素欠乏危険作業主任者は、作業場の安全管理には不可欠。受講料は約2万円で、1日の受講で資格を取得することができます。下水道やトンネル工事にたずさわる方はぜひ。

安全対策にこちらも重要、有機溶剤作業主任者

有機溶剤作業主任者も、安全対策には不可欠な資格です。有機溶剤を使用することによる汚染を防ぎ、作業員が中毒にならないように排気装置の設置、保護具の使用状況の確認などをおこなう資格です。約12時間の受講ののち1時間の修了試験がありますが、講習をしっかり聞いていれば資格がとれないということはありません。

工場への転職に有利な普通第一種圧力容器取扱作業主任者

化学設備以外の圧力容器取扱作業主任者の資格は、眠らずにしっかり講習を聞けば誰でも取得できる資格となっています。講習にあたって事前勉強は一切必要ありませんし、当日配布されるテキストの内容を頭にいれておけばOKです。最後に試験がありますが、試験にでるところを教えてくれる講師もいるようですね。そのため、試験なしでとれる資格といっても過言ではないかもしれません。

まとめ

講習のみですぐに取得できる資格をあげてみました。土木分野や食品、工場で働きたい方、スキルアップを考えている方にはおすすめですよ。