資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

資格欲しいと思ったら絶対知っておきたいこと

【スポンサーリンク】

「資格が欲しい」と思うのは、この就職難・転職難の時代には当然のことかもしれません。けれど取得する資格をよく選ばないと「時間とお金の無駄になった」と嘆くことになるかも。資格が欲しいと思ったら、絶対に知っておいて欲しいことをまとめてみました。これから資格取得を考えている方へ。

資格の種類とは?

まず資格の王道と言えば、国家資格。この資格は国や国の委託機関が試験を実施し、国が認定する資格になります。希少性が高く、短期間に取得できない資格なので転職・就職時にはとにかく有利。医師や看護師、薬剤師、公認会計士などは独占的に仕事ができる。無資格の者が勝手に仕事をすると処罰されるため業務独占型の資格を取得すれば一生安泰。

 

公的資格とは、国家資格と民間資格の中間に位置づけられるもの。公的機関や一般企業が試験をおこない、国や公的機関が認定するパターン。准看護師やふぐ調理師、ビル経営管理士、ビジネスキャリア検定試験など、さまざまな資格があります。必要に応じて取得しましょう。

 

民間資格は一般企業が主催し、認定する資格のこと。さまざまな名称の資格があふれており、そのすべての資格を網羅することは困難。民間資格のなかにはTOEICやアロマテラピー検定のように比較的知られている資格がある一方、聞いたこともないマイナーな資格も。本当に必要な資格なのかを、じっくり考えてみることも必要です。

とりあえず資格をとるではなく自分のやりたいことをイメージしてみる

「履歴書に書ける資格がないから、とりあえずとっておく」ではなく、将来どんな仕事をしたいのか、どんな生き方をしたいのかをイメージしてみましょう。そのイメージが見えないなら、無理に資格をとる必要はありません。無理に資格をとっても無駄になる可能性大です。

 

「将来は医療関係の仕事がしたい」と言っても医療関係の仕事も看護師や准看護師、理学療法士、医療事務など幅広くあります。「事務職がいい」「リハビリや介護がいい」など、ある程度目標とするところを設定しておきましょう。医療系のすべての資格を取得することは不可能です。必要な資格だけをピンポイントで狙い撃ちしましょう。

必要な資格を選んで調査する

「医療事務の仕事がしたい」と思うなら、医療事務に転職・就職しやすい資格を調査するところから始めましょう。医療事務は資格がなくてもできる仕事ですが、民間には医療事務系の資格が多数あります。大手企業が提供する通信講座は知名度もあり多くの方が受講しているので安心です。

意外に大事な試験回数

資格試験の回数も重要です。年に1回しか試験がない場合はチャンスも少なめ。できるだけ年に数回試験がおこなわれる資格を狙いましょう。半年に1回チャンスがあれば、気持ち的にも安心できます。試験回数も要チェックです。

勉強の時間を確保してスケジューリング

仕事をしながらの勉強はなにかと時間がとれずに大変なもの。けれど休日やちょっとした空き時間で効率よく勉強すれば、資格取得までの道のりが見えてきます。試験日にあわせて無理なくスケジューリング。試験合格のためには、計画性が必要です。

まとめ

「資格がほしい」という気持ちだけが先走ってもうまくいきません。何のためにどんな資格を、いつまでに取得するのかをはっきりさせ、計画的な勉強でほしい資格をガッチリつかみましょう。

 

www.shikakugetdj.com