資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

教育訓練給付制度とは?どんな人が申請できる?

【スポンサーリンク】

資格取得の強い味方、それが教育訓練給付制度です。一般教育訓練と専門実践教育訓練があり、より専門的な教育訓練では受講費用の40%が戻ってきます。「資格を取得したいけどお金がない」という方は、ぜひこの制度を利用してください。教育訓練給付金の情報をわかりやすくお伝えしています。

教育訓練給付金制度について

教育訓練給付金制度は、労働者が通信教育や通学などで資格取得をめざす場合に、その受講料の一部が国から還元される制度です。一般教育訓練と専門実践教育訓練があり、後者の方がより多くの給付金を受け取ることができます。ただしどのような通信教育、教育施設でも給付金がおりるわけではありません。事前にしっかり確認しましょう。

教育訓練給付金は3種類

一般教育訓練は、厚生労働大臣があらかじめ「労働者の職業能力アップに役立つ」と認定した一般教育訓練を受講したときにのみ給付されます。支給額は教育訓練に支払った費用の20%相当額が支給されます。10万円を超える場合は10万円が上限になります。また4000円を超えない場合は、訓練給付金は支給されません。

 

専門訓練給付金も、厚生労働大臣があらかじめ認可した教育訓練を受講したときにのみ、給付金が支払われます。こちらの方は教育訓練経費の40%に相当する額が支給されます。上限額は32万円と決まっているため、32万円を超える金額は支給されません。訓練期間は最大3年まで認められているため、最大96万円まで給付が可能。上手につかえば訓練経費にかかる負担がかなり軽くなりますよ。

 

教育訓練支援給付金は、45歳未満の離職者等、一定の基準を満たした方に対してさらに上乗せで給付金が支払われる制度です。専門実践教育訓練を実施している間、この給付金を受けとることができます。離職する直前に受け取っていた給与額をもとに、生活を支援するために支給される給付金となります。

教育訓練給付金が支給される人とは?

教育訓練給付金が支給される条件としては、雇用保険の一般被保険者(現在働いている)で3年以上同じ職場で働いている方、また離職したとしても離職後1年未満で、同じ会社で3年以上勤務していたことがある方に対して支給されます。その他支給要件がありますので、お近くのハローワークに問い合わせましょう。

どの教育訓練を受けるかは慎重に

一度教育訓練給付金をうけると、資格要件を満たすまでは教育訓練給付金を受給することができません。とくに専門実践教育訓練に関しては支給要件機関が10年以上必要になるので、どの教育訓練をうけるのかをじっくり考えて決めましょう。さまざまな認定講座がありますが、本当に必要なものだけを選びたいものです。

支給申請は正しくおこないましょう

教育訓練給付金制度は労働者のキャリア形成や職能向上にとても役立つ制度ですが、なかには悪用する方も。実際に教育訓練をうけていないにも関わらず給付金の申請をするなどの不正が発覚したときは、詐欺罪として訴えられることもありますし、受給した費用を倍返ししなければなりません。大きな代償を支払うことになりますので、不正受給にはくれぐれもご注意ください。

まとめ

教育訓練給付金制度を利用することで、経済的な負担を軽く、キャリア形成をおこなうことができます。これから新たな資格取得をめざす方へ、この教育訓練給付金制度を十分活用して転職や社内での昇進・昇給に役立てましょう。

 

www.shikakugetdj.com