読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

厚生労働大臣指定教育訓練講座とは?一覧はどこでチェックできる?

【スポンサーリンク】

どのような教育訓練をうけても、教育訓練給付金制度が適用されるわけではありません。厚生労働大臣がきちんと認可した教育訓練でなければ意味がありません。教育訓練給付金の対象になっている教育訓練なのかどうかを、事前に確認しましょう。これから教育訓練をうけようとしている方へ。

教育給付金講座は2種類あり

教育給付金講座には一般教育訓練と専門実践教育訓練の2種類があります。一般教育訓練はユーキャンやヒューマンアカデミー、エディスなど通信教育や通学など幅広く対応しています。専門実践教育訓練は基本的に通学になります。歯科専門学校や看護専門学校、短大、美容学校、福祉専門学校などが適用になります。

一般訓練給付金講座について

一般訓練給付金講座は、通学だけではなく通信やe-ラーニングで学べる講座多数。認定されている講座が多いので費用や受講期間などによって選べるのがメリット、ユーキャンやエディス、資格が学校TAC、ヒューマンアカデミー、英会話AEONなど大手も対応しているのが特徴。フォロー体制も充実しているので安心して学べます。

 

たとえばユーキャンで一般訓練給付金を受給する場合、まずは訓練給付金の受給要件を満たしていることを確認し、給付制度の利用を申請(同時に講座申し込み)します。受講開始前に身分証明書を送付し本人確認を受け、その後、標準学習期間内に学習を終えて基準以上の点数をとることで、ユーキャンからハローワークへの申請書類が送られてきます。

専門実践教育訓練について

専門実践教育訓練の基本は通学となります。看護師・歯科衛生士・保育士・美容師・栄養士・介護福祉士・社会福祉士・調理師・作業療法士など、さまざまな資格取得のための専門学校や短大が、厚生労働大臣から専門実践教育訓練校として認定されています。ただ認定校の数は、大都市圏以外の地方ではかなり少なめになっています。

 

厚生労働大臣が指定した専門学校や短大で学んだ場合、教育訓練給付金が支給されるのはもちろん、資格を取得した後に雇用保険の被雇用者であった場合、訓練経費に対して20%の給付金が追加で支給されます。資格を取得した後も訓練給付金が支給されるのは本当に助かります。年間支給は48万円が上限となっています。

具体的な講座名はハローワークのHPでチェック

教育訓練給付金が支給されるのは、厚生労働大臣があらかじめ指定した講座を受講しなければなりません。指定されていない講座を受講しても、教育訓練給付金は一切支給されないため注意が必要です。具体的な講座名はハローワークのHPで公開されていますので、個別確認しましょう。かなりの数があります。

資格を取得することで転職・昇給が有利に

資格を取得することで、転職や昇進、昇給に有利になることは間違いありません。とくに業務独占資格は、資格をもつ者でなければ仕事ができません。無資格者では仕事になりません。国家資格ともなれば資格に対する希少性が高く、一生モノです。積極的に資格をとり、自分自身の価値をあげる方向で考えていきましょう。資格は会社のものではなく、自分自身のものです。

まとめ

教育訓練給付金は、キャリア形成や職能向上のためにとても役立ちます。将来「この資格を取得したい」「こんな仕事がしたい」と希望しているなら、教育訓練給付金を上手に利用してどんどん夢を実現させましょう。

 

www.shikakugetdj.com