資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

お母さんのために50代女性向けの資格を調べてみた

【スポンサーリンク】

50代の女性が再就職や転職、趣味などに役立つ資格を調べてみました。50代となると転職・再就職がむずかしくなりますが、ここでまとめた資格があると転職先によっては有利に。肉体労働がきつい年代なので、体を使う仕事はできるだけ排除しました。どうかご参考にしてください。

英語検定

40代・50代になってから幼児向け英語教室の先生になる女性がいます。家庭で英語塾をひらけば、余計なコストもかかりません。ただ英語教室を開講するなら、最低でも英検2級以上はもっておきたいところです。一般企業でも海外との取引があるなら、英語力を証明するためスキルアップのために、英検にチャレンジするのもよいでしょう。

登録販売者

登録販売者とは、ドラッグストアや薬局で一般(第二類・第三類医薬品)医薬品を販売するスペシャリスト。登録販売者がいなければ薬を売ることができないので、ニーズの高い資格となっています。受験資格が撤廃されたため誰でも受験可能。50代女性でも資格取得し、転職する例も。通信教育でも勉強ができますが、学習期間は約8か月と長めなので根気が必要です。

危険物取扱者・乙4

危険物を取り扱うための国家試験です。一番人気のある乙種第4類(おつよん)は、ガソリンや灯油など日常的に必要とされる危険物を取りあつかいます。ガソリンスタンドでの勤務にはとくに有利です。乙種は受験資格がないので50代女性でも受験可能。合格率も約6割と高く、比較的取得しやすい資格です。ガソリンスタンドに勤務したい場合は、できるだけこの資格をもっておくといいでしょう。

日商簿記

日商簿記は事務職、税理士事務所への転職・就職を希望するなら必須。複式簿記は記入方法がむずかしいと思われがちですが、原理を覚えてしまえば意外と簡単です。とくに女性は事務職に就職する機会も多いため、簿記検定で3級以上の資格があれば転職にも有利。テキスト1~2冊、過去問集程度の教材で十分に合格が狙えます。

 

www.shikakugetdj.com

 

医療事務

医療事務系の資格は転職・就職に必須ではありません。無資格者でも医療事務はできますが、やはり資格をもっている方が採用されやすいのも事実です。医療事務管理士の資格であれば、カルテ管理からレセプト業務、会計業務、病棟クラーク業務など、総合的な医療事務の仕事に従事できます。医療事務職は体力を使う仕事ではないので、女性におすすめ。

 

www.shikakugetdj.com

 

介護職員初任者研修

介護職員は日本全国慢性的な人手不足。看護師免許を取得するのは大変ですが、介護職員初任者研修は1~3か月程度、講習を受講してテストを受けることで取得できます。講習を真面目に聞いていれば試験に落ちることはほとんどないため、取得しやすいのが魅力。資格を取得すれば施設介護だけではなく、在宅介護の道にすすむこともできます。

.

アロマテラピー検定

アロマに興味がある方におすすめの資格。アロマは認知症への効果が医学的に立証されており、注目の分野です。アロマオイルブレンドでオリジナル精油を作成する、アロマショップの店員になる、ヒーリングサロンを経営するなど、転職だけではなく独立開業にも役立ちます。

まとめ

50代のお母さん向けの資格をまとめてみました。ニーズが高く、さらに取得がそれほどむずかしくない資格ばかりなので、ぜひチャレンジしてみてください。とくに介護や事務系の資格がおすすめです。