資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

【意外!】資格がなくてもOKな医療業界のお仕事

【スポンサーリンク】

医療業界の仕事は資格がないとできない、というイメージですが、じつは無資格者でもできる仕事はたくさんあります。ここでは資格がなくても可能な、医療業界のお仕事についてまとめています。これから医療業界で働きたい方は、ぜひご参考にしてください。

医療事務・受付は無資格でもOK

医療事務や受付業務は誰でもできます。「医療事務資格講座」のような資格はありますが、すべて民間資格で、資格取得は必須ではありません。受付もとくに資格はありません。そのため面接で合格すれば、明日からでも医療事務や受付の仕事ができます。ただ、医療事務の道を極めたいなら資格を取得してスキルアップする方法も。

 

www.shikakugetdj.com

 

介護職員は無資格OK!

資格が必要なイメージがある介護職員ですが、じつは無資格でも十分仕事ができます。ハローワークの求人をみると「未経験者OK」と謳う介護施設も多数。とりあえず無資格で仕事を始め、長く続けられそうなら介護職員初任者研修などの資格をとる、という方法を選ぶ方もいます。スキルアップのために資格取得をすすめる事業所も。

介護職員は無資格でも働けますが、やはり資格がある方が有利です。有資格者は資格手当が加算されるため、一か月に5千円~1万円程度収入が増えることも。有資格者は職場の指導役となることもあり、仕事へのやりがいを求める方は、ぜひ資格を取得しておきましょう。介護系の資格は、介護福祉士やケアマネージャー以外は比較的簡単に取得することができます。求人は非常に多いです。

 

www.shikakugetdj.com

 

看護助手もとくに資格は必要なし

看護師には国家資格が必要ですが、看護助手には資格は必要ありません。看護助手の仕事は診察介助や事務の手伝い、院内の整理、患者の介助、ベッドメイク、室温管理など医療行為以外の雑用がメイン。給与は思ったほどもらえませんが、求人数が多く45歳以上でも医療機関や療養施設で働けるが魅力です。看護助手のなかには看護の仕事に興味をもち、看護師資格を取得する例も。

歯科助手も無資格でいける!

歯科医師や歯科衛生士は資格が必要ですが、歯科助手には資格は必要ありません。歯科助手の主な仕事は、歯科医の横で仕事をサポートすること。治療に前に必要な器具を揃えて医師のサポートをするのはもちろん、受付や院内の掃除、カルテの整理、電話対応、会計などその仕事は多岐にわたります。働きながらスキルを積み、ベテランになっていくパターンが多いようです。

整体師も無資格でOK

鍼灸師やあん摩マッサージ指圧師は国家資格を取得しなければなりませんが、整体師という仕事には国家資格は必要ありません。資格がなくても整体師を名乗り、マッサージや骨盤矯正などができるわけです。民間資格もありますが、1日講習を受ければOKの資格がある一方、2年近く学ぶものもあり多種多様です。

病院・介護施設の送迎は運転免許さえあればOK

病院や介護施設でよく見かける送迎担当の方。介護施設なら介護職員の資格などが必要に思えますが、運転免許以外の資格は必要ありません。もちろん介護の資格があればさらに好ましいと言えますが、必須ではないのです。介護施設では運転専門の職員を募集していることがありますが、介護資格がなければ採用しないとう条件はまずありません。

まとめ

医療業界では意外と多くの仕事が、無資格でできるのは驚きですね。医療業界で長く仕事ができるかどうかはやってみなければわかりませんので、資格云々の前にまず挑戦してみると良いでしょう。仕事の意義や面白さを感じた後に、必要に応じて資格を取得する方向でOKです。