読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

簿記とは~履歴書に書ける役立つ資格

【スポンサーリンク】

企業の事務職員として、また会計事務所の職員として働きたいなら簿記資格をもっていると転職・再就職がスムーズになります。とくに日本商工会議所主催の日商簿記は履歴書にも堂々と書ける資格です。

これから日商簿記に挑戦しようと考えている方、試験の内容を分かりやすく解説していますのでぜひご覧ください。

日商簿記は特別な知識がなくても合格可能

簿記と聞くと「商業高校を卒業していないと合格できない」なにか特殊な世界の技術・知識のように思えますがそんなことは一切ありません。誰でも勉強できますし、勉強すれば誰でも合格可能です。

勘定科目や仕分けの方法など基本的なことをちょっと覚えて慣れてしまえば、案外簡単。一度合格すれば更新の必要もなく、生涯つかえる資格です。事務職に就職したい方は簿記の資格は必須。

日商簿記合格にむけての具体的な勉強法

日商簿記に関しては公式テキストが発行されており、問題集も豊富です。1~3級対応のテキストを購入し、自宅で独学することで合格は可能です。

ただ上位級になると独学ではむずかしくなりますので、セミナーを受講するのも良いかもしれません。基本的にはテキストや過去問題をみながら出題の傾向をさぐり、問題をひとつひとつ解いていくことです。

日商簿記試験は各地の商工会議所で受験できて便利

日商簿記検定は、日本各地の商工会議所で受験が可能となっています。東京や名古屋、大阪、札幌といった限られたエリアだけではなく、日本全国で受験できるので本当に便利。

最寄りの受験地を自由に選べるので受験会場への移動もスムーズなんです。日本各地で受験できるので、引っ越し先で「受験できない」なんてことも一切ご無用。安心して学べます。

2019年4月から始まる日商簿記の「初級」について

2019年4月から日商簿記に「初級」という新しい認定級がうまれます。この初級は3級の内容をしぼり、より受験しやすい内容にしたもの。3級受験の前にどこまで実力がついているのかチェックするため、初級を受けるという方法もあるようです。

インターネットで受験することができますが、自宅からは受験できません。お近くの商工会議所にて受験可能です。不明な点は最寄りの商工会議所にお問い合わせをお願いします。