読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

文章読解・作成能力検定の試験内容とは?

【スポンサーリンク】

文章読解・作成能力検定は文章を読んで理解する力、そして文章を書く力を評価する民間資格です。漢検で有名な公益財団法人 日本漢字能力検定協会が主催・認定しています。

入社試験や入学試験で小論文を上手に書きたい方、人に伝わる文章を書きたい方におすすめ。文章読解・作成能力検定について知りたい方はご覧ください。

文章読解・作成能力検定の試験内容とは?

文章は読んで理解するだけではなく、実際に自分で文章書くことで発想や意思を伝えることができます。文章読解・作成能力検定では文章の理解力(要約する力)だけではなく、自分の意見を理論的に書く(表現する)力をも養成。

「文章を書いても、何を書いているのか自分でもよくわからない」「もっと読解力をあげたい」と思っている方は試験勉強をすることにより、読解力や表現力をアップさせることが可能なのです。

文章読解・作成能力検定の受験対策は?

文章読解・作成能力検定には各級に対応した公式テキストが発売されています。公式テキストでは、基礎力や読解力、作成力をアップさせるための問題が多数掲載されており独学もOK。

解説と問題が交互に掲載されているので、解説がきちんと頭のなかに入っているかを確認しながら学習をすすめることができます。各級に対応した問題集もあり自習しながら合格がめざせます。

文章読解・作成能力検定が重視するのは文章の理論性

文章読解・作成能力検定の解答方法はマークシート方式ではなく、実際に文章を書く問題が採用されています。字数制限もかなり厳しく(文字数オーバーでは採点の対象になりません)テーマが明確に決められているので理論的に、かつ無駄のない文章を書く力が試されます。

このような問題を多くこなすことで、理論的な文章を書く力を養うことができるのです。

文章読解・作成能力検定に合格するメリット

上手な文章を書くことはコミュニケーションを円滑にする大きな武器となります。文章読解・作成能力検定に合格することで、理論的な文章が書けることが証明されますし履歴書に書くことで転職・就職にも有利になります。

文章力をもとめる企業や公官庁も多いことから、能力を大いにアピールできる資格となっています。

まとめ

文章読解・作成能力検定で文章作成能力を磨くことは、普段の生活(会話)にもかなり役立ちます。自分の言いたいことを過不足なく的確に相手に伝えることは、日常生活での大きなプラスになるのです。コミュニケーション力に不安のある方は文章読解・作成能力検定に挑戦してみませんか?