読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

サービス接遇検定とは?勉強法や必勝法を徹底調査!

【スポンサーリンク】

サービス接遇検定では、顧客に対する言葉遣いや対応の技術、態度・振る舞いなどが審査されます。接客の仕事をしている方にとって接遇は命。

これから接遇に関する勉強をしたいと考えている方にとって、サービス接遇検定はうってつけ。ここではサービス接遇検定に関する情報をまとめていますので、ぜひご覧ください。

サービス接遇検定で学べることは?

サービス接遇検定では顧客に対する対応、言葉遣い、態度・振る舞い、クレーム対応などの知識を学ぶことができます。顧客の満足度をあげたい、今よりももっと丁寧な対応でサービスを提供したい、接遇を学びたいと考えている方に向いた資格です。

試験は1、準1級、2級、3級の受験級があり、2・3級はマークシート方式に加えて記述試験が、1級はすべて記述試験となっています。

サービス接遇検定の勉強法・必勝法を調査

サービス接遇検定の受験にあたっては、公式テキストを参考にして独学が可能です。各級に対応した公式テキストと問題集が発売されているので、それらを参考にしながら地道に勉強するのが勉強法であり必勝法です。

1級、準1級になると面接がおこなわれるので、それに対応したDVD付のテキストを参考にするのが無難。セミナーや通信講座は開講していないので、独学で合格をめざすのが王道です。

気になるサービス接遇検定の受験料など

サービス接遇検定の受験料は、1級が5,600円、準1級が3,900円、2級が3,600円、3級が2,400円となっています。併願することもできますので、その場合は受験料を加算してください。

平成28年11月におこなわれた試験では、1級の合格率は34.2%、準1級は78.2%、2級は58.8%、3級は74.2%となっています。1級以外の級は比較的合格しやすいようです。

ホテルや金融、販売など人と接する仕事にはサービス接遇検定が有利

ホテルや金融、販売業、理美容サービス、医療機関など、人を相手にする仕事ではサービスの質が問われます。顧客に満足してもらうための接遇マナーを修得していると、顧客に与える印象や好感度、満足度に違いがあらわれるものです。

長くサービス業に従事したいなら、接遇の知識や基本をしっかり学ぶと良いですね。サービス接遇検定は体系的に学習できるのでおすすめですよ。

まとめ

サービス接遇検定の資格があれば、転職や就職、昇給、昇進に有利です。もちろんこれからサービス業で働きたい方、スキルアップしたい方にサービス接遇検定は役立つ資格。資格は一生モノなので、ぜひ学んでおきたいですね。