資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

リテールマーケティング検定とは?転職に有利?

【スポンサーリンク】

リテールマーケティング検定(販売士)は日本商工会議所が認定する民間資格です。マーケティングの基本的な考え方や、流通・小売業で働くために必要な基本的な知識を学びます。

これから流通・販売業界で働きたい方、リテールマーケティング検定について知りたい方にお役にたつ情報をお届けしています。

リテールマーケティング検定を学ぶ効果

リテールマーケティング検定は1~3級までの認定級があり、3級は流通・小売業に従事するための基本的な知識や技能が身についているかを判断するものです。

級があがるにつれてマネージメント・統括管理をになうべき人材としての知識・技能を修得していると認定されます。リテールマーケティング検定をパスすることで、勤務先での昇給や昇進、評価にプラスの影響を与えることが可能です。

リテールマーケティング検定の受験級

リテールマーケティング検定は1~3級までの認定級があり、3級は基礎的な流通・販売の知識を学びます。

2級になると流通や小売業の専門的な知識を身につけ、店舗や売り場のマネージメントや統括をおこなう人材となれるよう、それにふさわしい知識を修得。

さらに1級になると商品を販売するだけではなく商品の企画・立案や財務予測などの経営にたずさわれる人材になれるだけの、知識や技能を身につけます。

リテールマーケティング検定には通信講座も開設

リテールマーケティング検定は公式テキストや過去問題で勉強するだけではなく、通信講座も開講されています。約25,000円~31,000円の受講料を支払えば、通信教育専用の問題集やテキストで勉強可能。

さらに、通信教育を終了しスクーリングを受けることで受験科目を免除される特典もあります。受講生だけにおくられるニュースレターは、合格のための情報が多数掲載。

リテールマーケティング検定で転職・再就職を有利に

リテールマーケティング検定に合格するとデパートやスーパー、専門店などの小売業や、製造業、サービス業などの小売販売部門などで転職・就職が有利になります。

接客に関する基本的な知識が身につきますので、コンビニなどの小規模小売店でも転職しやすくなりますね。もちろん上位級の方は現場の統括管理の仕事を任される可能性もあります。販売・流通業界で働きたい方に向いています。

まとめ

リテールマーケティング検定は、小売・流通業界の基本修得から現場の管理者育成、商品の企画・立案までをも手掛ける人材を育成するための資格です。

これから業界で働きたい方、スキルアップを考えている方はリテールマーケティングを積極的に学んでみませんか?