資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

DIYアドバイザーとは?仕事でも趣味でも役に立つ!

【スポンサーリンク】

自分の手で家具や家の壁を補修したり模様替えをおこなうことで、快適な生活を送りたい方が注目するDIY。このDIYアドバイザー資格を認定するのが、一般社団法人 日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会。

このDIYアドバイザー、一体どんな資格なのでしょうか?DIYアドバイザー資格に興味のある方にお役に立つ情報をまとめています。

DIYアドバイザー試験は年1回

DIYに関する知識や技能を審査するDIYアドバイザー試験は年1回の実施となっており、2018年は1次試験が8月、2次試験が11月におこなわれました。年に1回のチャンスなので、できるだけ入念な準備をして試験に臨みたいですね。

DIYアドバイザー試験には受験資格(年齢制限)があります。試験がおこなわれる年の4月1日に満18歳以上であること。この条件さえクリアできれば問題ありません。

DIYアドバイザーの試験対策はテキストだけ?

DIYアドバイザーの試験対策は公式ハンドブックを参考にすることが、まず一つ目の方法です。公式ハンドブックにはDIYの歴史や制度についての記述があるほか、道具についても細かい記述があります。

ただ独学で勉強するのが不安な方には、通信講座も開講されているんです。テキスト4冊と過去問題集1冊、DVD教材1枚がつき、公式ハンドブックよりもきめ細かい勉強ができるのがメリット。

DIYアドバイザー合格率は約3割

1983年に始まったDIYアドバイザー試験ですが、すでに30年以上の実績があります。平成28年度の合格率は1次試験45.7%、2次試験は33.0%となり最終的に3割の方が合格しています。

この合格率、高いと感じるか低いとみるかは各人の感覚ですが、約3割の合格率ではやや厳しいと言わざるを得ません。試験の回数も年に1回と限られていますので、確実に合格できるよう入念な準備をお願いします。

DIYアドバイザー資格をとった方が良い人

DIYアドバイザーの資格が生きる方々は、ホームセンターの販売員やホームセンターで販売する商品を製造している方、大工仕事をするのが好きだが、イマイチ上達しない方、これからDIYを勉強してみたい方など。

DIYでは(大型)電動工具など使い方を誤るとケガをする工具を多数使用しますので、安全にDIYを楽しめるようDIYアドバイザー試験で基礎的な部分を勉強するのがポイントですよ。

まとめ

DIYアドバイザー試験はこれからDIYを楽しみたい方、ホームセンターに勤務されている方、その関連業者の方におすすめの資格です。DIYの正しい知識を吸収しながら日曜大工を楽しむことが、生きるハリにつながりますよ。