資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

家電製品アドバイザーとは?必勝法を紹介!

【スポンサーリンク】

家電製品アドバイザーは、一般財団法人家電製品協会認定センターが認定する民間資格です。家電製品アドバイザーは消費者のニーズにあった家電を紹介し、家電の設置やセットアップ、修理まで対応できる人材を育成することを目的としています。

これから家電業界で働きたい方、家電業界でスキルアップしたい方におすすめの資格です。

家電製品アドバイザー試験はむずかしい?

2001年から始まった家電製品アドバイザー試験は、生活家電とAV情報家電の2つのジャンルに分かれています。合格率は約25~44%となっており、年によって大きな変動があります。

試験の難易度によって合格しやすい年とそうでない年に分かれているようです。生活家電とAV情報家電それぞれの試験で140点以上とれば合格です。200点満点中180点とればゴールドグレードが取得できます。

家電製品アドバイザーの資格取得で有利な仕事

家電製品アドバイザーは顧客に対して必要な家電を紹介し、その使用方法や利点、魅力をわかりやすく伝えることができます。

そのため家電量販店の店員やケーブルテレビの営業、コールセンターの相談員の仕事に役立ちますし、実際にそれらの仕事に従事されている方が受験しています。

家電製品アドバイザー試験は商品の知識だけではなく、修理やセットアップの知識も学べます。

家電製品アドバイザーの必勝法は?

家電製品アドバイザー試験対策は、ずばり公式テキストと問題集による学習です。参考書と問題集が販売されていますので、それらを購入して自宅学習がメインとなります。

通信教育やセミナーなどは開催されていません。テキストは1冊約2,000円前後となっており、テキストと問題集あわせて合計5冊の本が発行されています。必要なものを選んで学習すると良いですね。

家電製品アドバイザーの受験料が気になる

家電製品アドバイザー試験は3科目受験で15,410円、2科目受験で9,230円となっています。試験は原則として年2回、3月と9月に開催されているので合格のチャンスはあります。

試験に合格すると合格証が発行されますが5年間有効です。5年以上資格を保有したい場合は更新しなければなりません。資格を保持してそのままではダメなのです。

まとめ

家電製品アドバイザーは、生活家電やAV情報家電の販売や修理、コールセンターに関わる方に役立つ資格です。家電製品アドバイザーになれば社内での昇給、昇格にプラスに働くこともあるのではないでしょうか。スキルアップのために資格取得を考えてみませんか。