資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

美容脱毛エステティシャン認定の資格について調べてみた

【スポンサーリンク】

美容脱毛エステティシャン認定は美容脱毛エステティシャン認定委員会が認定する民間資格です。良質で安全な美容脱毛サービスを提供することを目的に開設された資格となっており、実地試験と筆記試験の両方に合格しなければなりません。美容脱毛エステティシャン認定に興味のある方は、ぜひお読みください。

美容脱毛エステティシャン認定は講習会だけで取得できない

民間資格のなかには、講習会を1回受ければ自動的に認定証が発行されるケースもありますが、美容脱毛エステティシャン認定はそのような資格ではありません。

誰でも受験できないので、技術や経験、脱毛の知識のある方しか資格取得できないのです。その分価値のある民間資格と言えそうです。

誰でも受験できない美容脱毛エステティシャン認定

美容脱毛エステティシャン認定を受験するためには、下記の条件を満たしている必要があるようです。

  • 指定された認定校で400時間のカリキュラムを修了すること
  • 脱毛専門校にて脱毛カリキュラムを300時間修了すること
  • 美容電気脱毛の実務年数1年以上、•美容電気脱毛技能検定3級以上の資格取得者

など、これら要件のうちどれかひとつを満たしていなければ受験することができません。

筆記試験と実技試験の両方に合格する必要がある

美容脱毛エステティシャン認定は筆記試験と実技試験の2種類があり、両方の試験に合格しない限り有資格者になれません。知識が十分でもエステティシャンとしての技能がない(または逆)場合は認定されないのです。

ただ筆記合格・実技失格の場合は「ベーシック美容脱毛エステティシャン」の資格は取得できます。3年以内に実技に合格すれば晴れて有資格者になれるのです。

脱毛器や脱毛モデルは受験生が準備

実技試験で使用する脱毛器や使い捨てグローブ、マスク、滅菌済みニードル、三つ又ソケットなどは受験生の持ちこみとなります。

脱毛モデルも事務局では用意してくれませんので、受験生側でモデルをお願いすることになります。なかには受験者同士でモデルになることもあります。

合格後の待遇など

美容脱毛エステティシャンは誰でも簡単に資格が取得できないため、資格をとれば転職・再就職にかなり有利になります。

大手エステサロンで勤務できるのはもちろん、将来的には独立することも夢ではありません。エステティシャンとしての技能や知識に磨きをかけたい方は、資格取得を考えてみると良いと思います。

これから美容系の資格をとりたくて選んでいる最中の方は、まずは認定校でカリキュラムを修了させることから始めるのが良いと思います。