資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

民間資格は意味ない?価値ある民間資格ってあるの?

【スポンサーリンク】

民間資格とは一般企業や団体が独自につくった資格で、試験に合格することにより認定されます。国や国の委託機関が認定する国家資格よりも信頼度や知名度がおちると思われがちですが、資格の内容によっては転職や就職に有利なケースもあります。

よく国家資格を持ってる人は、民間資格に対してちょっと上から目線的な感じありますが、民間資格も活かし方によってはやっぱり持ってるに越したことありません!

民間資格はとってもムダ?民間資格の定義とは

資格には「国家資格」「公的資格」「民間資格」の3種類があります。国家資格は国や国から委託された機関が試験を実施し認定するもので、難易度は全体的に高めです。

公的資格は国家資格と民間資格の中間に位置するもので、民間資格は一般企業や任意団体が試験を主催し、認定するものとなっています。国家資格よりも認知度が低い資格もあり、履歴書に書きにくいケースもあります。

www.shikakugetdj.com

www.shikakugetdj.com

www.shikakugetdj.com

語学系の民間資格は転職・就職・昇給に有利

一般企業や団体が認定する民間資格ですが、語学系の資格に関しては認知度が高く社内での昇給や昇格、転職、再就職に有利なケースもあります。たとえばTOEIC。

外資系の会社だけではなく、大学入学などでも重視されます。合格ラインはありませんが、770点以上のスコアをだせば転職・就職にもかなり有利になりますよ。

癒し系の民間資格は独立開業や転職に有利

アロマテラピーやネイリストの資格は、民間資格ばかりです。
けれどネイリストやアロマセラピストとして仕事がしたいなら、資格を取得することで顧客や転職先、再就職先からの信頼を得ることができます。サロンによっては、資格証をわかりやすく掲示しているところもあるほどです。

福祉分野でも民間資格で活躍できる

福祉分野でも民間資格で活躍できます。
民間資格には手話の資格があり、この資格を取得しておくと福祉施設や医療施設での就職・転職に有利です。

ほかにも介護予防や介助士の資格など福祉に役立つ資格があります。超高齢社会で介護施設での介護業務や在宅介護のニーズも増えており、これら福祉系の資格を取得することで転職・再就職も有利になると思います。

事務系の資格を取得するとスキルアップになる

事務系の資格に建設業経理事務士がありますが、これは建設業専門の事務職です。マイナーな資格ですが、建設業には絶対欠かせない資格となっています。

医療事務も医療系の職場に特化した民間資格ですが、事務系の資格は医療から一般企業まで幅広く役立つのが特徴です。