資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

アロマテラピー検定の目的と難易度と合格率。資格取得して有利になることはある?

【スポンサーリンク】

香りは様々な効能を持っていて、私たちの生活においても癒しや活力を得る方法の一つでもありますよね。

アロマテラピーは、植物の香り、特に精油や植物に由来する芳香によりリラクゼーションやストレス緩和・解消などの心身の健康や美容を主に目指すものです。

アロマテラピーを専門的に行うための資格、アロマテラピー検定の資格についてご紹介しています。

アロマテラピー検定の目的

アロマテラピー検定は、それら植物精油や芳香などの知識、取り扱いなどを習得することにより、日々の生活に役立てるほか、周りの人々とも楽しむスキル・方法を身に着ける資格です。

アロマテラピー検定は受験資格なし。1級から受験も可能

アロマテラピー検定は、公益社団法人 日本アロマ環境協会が検定試験を運営しており、1級と2級に分かれています。

2級は、個人でアロマテラピーを楽しむ場合が対象で、1級では、周囲の人と楽しむ場合という違いがあります。受験資格はなく、はじめから1級をめざしてもよい制度となっています。

アロマテラピー検定試験の難易度と合格率

日本アロマ環境協会のホームページによると、合格率はおよそ90%とのこと。試験対策用の公式テキストが出ており、テキストによる自学で検定に合格することも可能のようです。

試験は選択式のマークシート方式で、1級、2級ともに、香りテスト(精油名を答える)が含まれます。

アロマテラピー検定の資格はどんな人に必要?

アロマテラピーを正しい知識で楽しみたい方や、アロマテラピーを日々の生活で活用したい方。あるいは、アロマテラピーアドバイザーやアロマテラピーインストラクター、アロマセラピストなど、上位の資格へ今後ステップアップしていきたい方ですね。

もちろんこれだけでなく、医療関係者、エステティシャンなど、癒し・美容に関わるすべての人に役立つ資格です。

アロマテラピー検定の資格で有利になることはある?

アロマテラピー検定は、個人または周囲の人たちとアロマを楽しむことができるための資格なので、この資格だけでは、アロマに関する仕事に就くのは実際は難しいようです。

検定1級取得後、アロマテラピーアドバイザーなどの資格を取得することで、アロマショップなどでショップスタッフとして客へアドバイスする業務につくなどができるようになります。トリートメントなどを行う場合は、アロマセラピストなどの資格も必要になってきます。

まとめ

香りの効能や効果を正しく知って楽しむため、あるいは、今後アロマ関係の仕事をめざす方には、最初のステップとして、アロマテラピー検定は最適だと思います。