資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

チャイルドマインダーについて

【スポンサーリンク】

手に職を就けたいと考えた時、頭に浮かぶのが医療か保育関連の資格だと思います。特に、保育関係の資格は待機児童が増える中、需要が上がってきていると言われています。

でも、保育士って短大とか専門学校を卒業しないといけなかったり、保育現場で2年以上働いていないといけないなど制約が厳しいのがネックなところではあります。

資格を取るなら短期間でさくっと取りたいというのが女子の本音だと思います。

保育関連の資格を知れべていると、保育士より手軽に取得できると今話題を集めている、チャイルドマインダーという資格を発見。資格の詳細や、専門学校に通ったり、保育士の実務経験がなくても取得できる資格なのか調べてみました。

そもそも、保育士とチャイルドマインダーって何が違うの?

チャイルドマインダーは家庭保育、小規模保育のスペシャリストのこと。

日本ではまだ聞き慣れない名ですが、イギリスやアメリカではベビーシッター文化があり、イギリスでは約71%の家庭がベビーシッターやチャイルドマインダーを利用しているという調査結果もあります。

イギリスではチャイルドマインダーは国家資格です。国家資格の厳しいイギリスの規定をクリアした唯一の資格がNCMA,Japan(エヌシーエムシージャパン)が実施するチャイルドマインダーです。

保育士やベビーシッターと何が違うのかというと、保育士は大人数の保育現場で保育するという施設規模の違いがあります。

 

ベビーシッターは少人数保育という点は同じなので、大きな差はないように感じます。呼び名が違ってくるだけという認識でよさそうな気はします。

イギリスで国家資格として認められているチャイルドマインダー資格は、共働きが増え需要が増している中、今後日本でも注目を浴びる資格だといえます。

試験内容は?

NCMA,Japan(エヌシーエムシージャパン)が実施するチャイルドマインダー資格は、指定講座を受講し、試験に合格することで取得できます。

通信講座と通学講座があり、費用は通信タイプで199,800円、通学タイプで313,200円です。目安の受講期間は3ヶ月~6ヶ月で、2回の添削問題提出があります。

6ヶ月を超えると、延長料金6,480円がかかってくるので、半年以内には取得したいところです。

1括払いだけではなく、3回~36回払いのローンを組むことも可能です。教育ローンが適用されるので、金利13%くらいで借り入れできるそうです。

 

36回払いなら通信講座で月々6,500円(1回目8,307円)、通学講座で10,500円(1回目12,411円)なので、一生使える資格が取れると考えると安い出費だと思います。

東京都新宿区にある四谷三丁目駅付近に講座会場があるので、通いが難しそうとか安く取得したいという時は通信講座を受ければよいと思います。ただ、通信でも2回の受講が必要です。

難易度はどれくらい?

チャイルドマインダーの合格率は公式で発表されていませんが、受講者の声を見るとしっかり講座を受けていれば合格すると思います。

嵐のメンバー全員が取得したことで有名になったくらいですので、保育や子育ての経験がなくてもそこまで難しくないと思います。受験者の約50%は保育未経験者とのことなので、現場経験や子育ての経験がなくても目指せる資格といえます。

求人はある?

チャイルドマインダーの資格は保育士同様、認可外保育施設や認可保育施設、企業内託児ルームや病院内保育と幅広い職場で活かせる仕事です。

チャイルドマインダーの求人を調べてみたところ、幼児教室や歯医者、小規模保育所などの職場で有資資格者を募集していました。時給は1,000円~1,500円程度、月給200,000円~なので、保育士と同じくらいの収入はあると思います。

待機児童が増える都市部では、在宅型の保育も広まりつつあります。自宅の一部を保育室として提供している保育ママや訪問型のベビーシッター制度も認知度が高まっています。

 

民間機関だけではなく自治体が運営する保育ママやシニアベビーシッターというのもあるので、一生使える資格の1つと言えると思います。

開業できる?

チャイルドマインダーの資格を取ると開業できるのか?という疑問を感じたので調べてみました。

チャイルドマインダーの資格を持っていれば小規模保育を開業することは可能です。検定資格を実施するエヌシーエムシージャパンでは、資格取得に加えて、保育所開設のアドバイスも行っています。

自治体の届け出から安全管理について、保育料金の設定から保育内容、保育補助者の保険加入まで、分からないことは何でも相談に乗ってくれるようです。

まとめ

チャイルドマインダーを受講する人の半分くらいは保育現場で働いていない方なので、保育経験がなくても資格が目指せるということが分かりました。

今まで約2万7000人以上の方が資格を取得しています。今まで子育てに関連する資格は保育士というイメージが強かったですが、チャイルドマインダーを調べてみると今後は保育士と同じくらい認知度が高い資格になりそうです。

実施機関 NCMA,Japan
受講日程 随時
受講料(受験料含) 通信:199,800円 / 通学タイプ:313,200円

資料請求もあるので、もう少し詳しい情報が欲しいという方は資料請求してみてはいかがでしょうか?

>>チャイルドマインダーの資料請求

申込は、NCMA,Japanの公式HPからできます。
>チャイルドマインダー資格の受講申込