資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

ネイルサロンで働くためにはネイリスト検定2級が必須!2級の合格率はどのくらい?

【スポンサーリンク】

ネイリストは、爪のアーティストです。自分でステキなネイルアートが楽しめるようになるのはもちろん、それが仕事として活かせればいいですね。手に職をつけたい10代から30代の女性に人気がある資格です。

ネイリストの資格

ネイリストは、爪の手入れから付け爪、ネイルアートなどを施すことのできる、ネイリスト技能検定試験に合格して取得できる資格です。

3級から1級まであり、3級は、ネイルに関する基礎知識や技術を持つことが証されます。2級になるとサロンワークで通用する、1級は、トップのネイリストとして通用する知識や技術を持つとされています。

ネイルサロンで働くなら必須

自分でネイルアートを楽しめるようになりたい場合や、ネイルサロンなどでネイリストとして働きたい場合、ネイリストの資格が必要になります。

ネイルサロンが代表的ですが、美容室やエステサロン、スタイリストと一緒に仕事をするなど、活躍の場は様々にあります。

ネイリスト検定は難しい?合格率は?

ネイリスト技能検定試験では、知識のほかに実技が問われます。仕事として上位の資格を取るには、実技の訓練を繰り返すことが重要です。

独学でも学べますが、幅広い知識と実技、そして道具を備える必要があるため、通信講座などを活用するのも有効でしょう。

ネイリスト検定3級の合格率は90%程度。2級の合格率は50%弱となっているようです。

まとめ

ネイリストになるためには、学習だけでなく、スキルを身につけ、センスを磨き上げていくことが大切ですが、アーティストとして活動できる喜びもあるでしょう。

開業する場合は、接客業のスキルも身に付けたほうが良いでしょう。ネイリストはたくさんいるので、あなたにやってもらいたいとお客様に選べれるネイリストを目指してください!