資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

【個人情報保護士とは】マイナンバー法、情報セキュリティに対する知識が身につく資格

【スポンサーリンク】

インターネットの世界ではたびたび問題となっている、個人情報の流出、漏えい。ネット上で会員登録している人も多いと思いますが、何より、クレジットカードの情報が盗まれたらとんでもないことですね。

このような事件が発生すれば、企業の社会的信用は失墜を免れません。だからこそ、近年、ますます重要度が高まっている資格が、個人情報保護士です。

個人情報保護士

個人情報保護士とは、個人情報保護士という名前からイメージできる通り、個人情報保護法に基づき、企業など様々な団体における「個人情報」に対するセキュリティやリスク対応などの個人情報に関する管理・運用や対策などに取り組む専門家です。

財団法人全日本情報学習振興協会が認定している資格で、2005年から始まった、比較的新しい試験です。まさに、現代のニーズに合うために生まれた資格といえます。

個人情報保護士の存在

現代社会においては、マイナンバー制度が導入され、個人が共通の番号で公的管理される時代となり、個人情報を適切に管理する必要性は高くなっています。そのために、個人情報保護士は重要な存在となってきています。

この資格を必要とするのは、個人情報を一件でも扱う、企業や団体全てです。つまり、この資格を有することにより、企業や団体にとって必要な存在でもあります。

責任者が持ってるだけでは弱い?

企業や団体においては、個人情報を扱うことが多いため、個人情報を安全かつ適切に取り扱わなければならず、そのための人材は必須で、特に、総務系、経理系、IT系にニーズが高いようです。企業によっては、団体で受験するところもあります。

特定の人がこの資格を所持し、企業の個人情報管理責任者になるケースもあると思いますが、どんなに資格持っている人が頑張っても末端社員が個人情報を扱う大切さを知らなければ意味がない・・・。ということを考えると、全社員がこの資格を取ったほうが良いような気がします。

個人情報保護士の資格の難易度と勉強法

個人情報保護法を基礎として、マイナンバー法およびそれに関する知識と、情報セキュリティに対する知識、対策について学びます。

学習は、専門学校などの講義を受講するタイプもありますが、基本的に法律の内容の理解と、過去問を繰り返し解くことで、十分に対応ができそうです。

難易度としては、独学でも可能のようですが、目安として1ヶ月から2ヶ月程度の学習が必要です。

まとめ

個人情報保護士は、個人情報を扱う業務には必須ともいえるスペシャリストです。企業などからのニーズも高く、資格を取る意義も高いと思われます。

転職時にも有効な資格なので、社会人としての基礎知識として、また個人情報という重要な情報を扱うスペシャリストの入門としても、資格取得を検討してみてはいかがでしょうか。