資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

独占業務がある「土地家屋検査士」の資格試験の合格率はわずか6%

【スポンサーリンク】

土地家屋検査士と聞いてみなさんはどのような職業をイメージをしますか?

土地家屋検査士とは、「その土地に建物を建設して良いのか」といったことや「不動産表記登録の申請」「土地の所有権に関する争いの仲介」などをする仕事です。

まさに、不動産のプロともいえる土地家屋検査士の資格について調べてみました。

土地家屋検査士の資格を取得する人

土地家屋検査士の資格は、「土地家屋検査士試験」に合格することで取得できます。この資格を取得しなければ、土地家屋検査士になることはできません。

土地家屋検査士の必要性

土地家屋検査士は、不動産の情報を正確に不動産情報として登録することによって、その土地や住宅の信頼性を高める重要な役割を担っています。

正確に不動産表記が登録されていないと、所有権に関するトラブルが発生してしまいます。そんな時、土地家屋検査士がいる事で、土地や家の安全性、建物や土地に関するトラブルを防いでくれるのです。

土地家屋検査士の資格が有利になる仕事

不動産業界

不動産の仕事内容は、「家を紹介し、お客様に合った家を購入して戴く仕事」です。

ここ最近は、地震や洪水といった自然災害が多発していることから、「耐久性」を重視する人が増加しています。そのため、この資格を取得しておくことでお客様に安全性について説明できるようになるため、購入して頂ける可能性を高めることができます。

建築士

この資格を取得しておくと土地に関する知識を身に付けることができるので、その土地に合った建物を建築することができます。

土地家屋検査士の合格率はわずか6%

筆記試験と面接試験があります。ただし、測量士・測量土補建築士一級・または二級を取得しておけば、平面測量問題(10問)と作図が免除されます。

その他、土地や不動産記民法などに関する4択式の問題と土地や建物に関する論述問題が2問出題されます。

加えて面接試験が実施されます。合格率はわずか6%とかなり難易度の高い試験となっています。

土地家屋検査士の試験勉強

独学で勉強できないこともないですが、資格学校にいくほうが合格率を上げることができます。中でも東京法経済学院が良いとのこと、合格者の4割が東京法経済学院で勉強したそうです。

まとめ

土地家屋検査士になるためには、難関の試験を突破しなければなりません。難易度が高い試験なので、ネットで検索すると合格した人の勉強法がたくさん見つかります。