資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

資格がなくてもできる歯科助手の仕事。でも資格持ってたほうが採用に有利!

【スポンサーリンク】

歯科助手として働くために、歯科助手の資格を取得しようと考える人は多いと思いますが、実は歯科助手は国家資格ではないので、資格がなくても働ける職種です。そのため、歯科助手の資格は民間資格となり、歯科助手の資格を持っている=歯科助手の仕事の基本を勉強したということになり、採用において有利になります。

歯科助手の資格は、自宅で勉強して在宅試験なので、誰でも気軽にとれる民間資格といえます。

歯科助手の仕事内容と勉強する内容

資格がなくても、歯科助手になることはできますが、一口に「歯科助手」といっても、受付から診療のアシスタントまで、その業務は多岐に渡ります。

さらに、実務に就くと歯科に関する専門用語が飛び交っているので、資格を取得していた方がスムーズに業務を行えます。

歯科助手の講座で学べる内容は下記の内容です。

診療の方法を学べる

適切な治療を行うためには、しっかりと歯の状態を診断しなければなりません。ですので歯のレントゲンや歯石の取り方などの知識を身に付けていきます。

事務業務を行うための知識や技術を学べる

診療料の算定方法などを詳しく学べます。

歯科助手としての高度な技術を学べる

実際に治療で使用する道具や、悪化時の対処方法について詳しく学べます。

歯科助手の資格を取得する人とおすすめしたい人

  • 「歯科助手として勤務している」
  • 「将来歯科助手になりたい」
  • 「仕事がなくならない資格が欲しい」
  • 「人接することが好き」

そんな方におすすめの資格です。

歯科助手は患者さんに安心感を与える事が大切な役割です。ですので、「人と接することが好き」「優しいと言われることが多い。」そんな方におすすめの職業です。

歯科助手の資格が有利になる仕事

想像通り、歯科での仕事になります。

  • 歯科助手
  • 歯科衛生士
  • 事務員
  • 医療事務員

歯科助手の試験難易度と勉強法

資格試験は、民間の「歯科助検定」という試験があります。この試験は、合格率70%以上と高い合格率なので、真剣に勉強すれば、合格できる試験です。

試験内容は、学科試験(マークシート10問) 実技試験(2問)という問題構成になっています。配点は学科試験が7割実技試験が5割で合格とされています。ただし、テキストは持込み可なので、難易度はそれほど高くありません。

勉強方法は、通学講座・通信講座の2種類がありますが、「歯科助手」に関する知識が全くないという方は通学講座、歯科助手としての勤務経験がある方は、通信講座がおすすめです。

まとめ

歯科助手の資格を取得すれば歯に関する知識はもちろん、人と優しく背する方法も学ぶことができます。