資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

地図地理検定の難易度や対策と合格率。そして地図地理検定合格で有利になること

【スポンサーリンク】

地図地理検定は、公益社団法人国土地理協会と一般財団法人日本地図センターが共同で主催する民間資格。受験資格はとくにないので、誰でも受験できるのが大きな特徴です。

一般的な民間資格にありがちな受験級はなく、一般と専門にわかれています。一般の方が理解しやすい内容です。誰でも受験できるのも大きな特色です。

この検定合格で地図を読むのが楽しくなる

小学生の頃、地図の読み方をある程度は勉強したと思います。地図上の記号や縮尺などを見てどのような地形なのかを読み取ることは、日常生活にも十分活かされます。ただ学生の頃に勉強したことは、頭の中から消えてしまっているのではないでしょうか?

この検定は地図の記号・縮尺、地形図や空中写真のほかにも、日本の都道府県、主な市町村、世界の国々のこと、日本の自然などを勉強できたらとても楽しいはずです。

地図地理検定では、一般の方が地図を読むための知識を問う検定と専門家向けの検定の2種類を用意しています。検定のための勉強で地図を読むのが楽しくなります。

この検定の出題範囲

地図地理検定は一般的に良くある認定級は設定されていません。一般と専門の2つの検定があり、どちらかを選べるようになっています。

専門になると、地図や地理の実務経験者、研究者、地図や地理の勉強を趣味とする方が対象になり、出題範囲も一般とは違いかなり専門的になります。専門になると出題範囲は地図の投影法、測量・地図の基準など一般よりも難しくなり、空中写真とリモートセンシング、GIS・web地図など一般の方には良く分からない分野が出題されます。

これら以外にも世界や日本の地図についても出題されます。地理や図面に関する深い知識が必要になるのです。

検定合格で有利になること

地図地理検定に合格すると、一部大学(公立はこだて未来大学・北海道大学・国士舘大学・奈良大学など)で入学試験時に資格を考慮する、自己アピールとして参考にする、出願資格として考慮するとする大学があります。

どのように有利になるかは各大学の判断ですが、高校生のうちに検定に合格すると大学での入試で有利になることもあるのです。もちろん職場によっては資格取得で有利になるケースもあると思います。

地図や測量などを仕事にされている方は、資格取得でどれだけ有利になるのかを職場の方に確認してください。

合格のための学習方法

地図地理検定の合格を目指すのであれば、基本的には公式テキストと過去問題を参考にして一人で学ぶ以外にありません。

日本地図センターが発行する「地図と測量のQ&A」や「地形図 図式画法」、政春尋志 著の「地図投影法」や地図地理検定の過去問題集を組み合わせての学習になります。通信教育や学習会、研究会などは開催されていません。

受験の流れなど

受験はネット検定不可なので、必ず試験会場まで足を運ばなければなりません。受験会場は札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡になります。

受験資格はありませんので、専門でも一般でも好きな方を選択して受験可能です。

お金の振込みは振替払込、郵送(現金書留)、クレジットカードの3種類から選べます。一般の受験料は3,000円ですが、専門になると4,000円になり専門の方が高くなっているので要注意。一般と専門を一緒に受けることもできます。その場合は6,000円になります。

申し込みが終わると受験票が届きますので、決められた日時に決められた会場に足を運びます。

この検定の地図地理力博士とは?

地図地理検定(専門)は何度受験しても良いとされています。

1級(専門)を5回合格した方、または96点以上の点数を上げた方を「地図地理力博士」と認定し、1級を3回合格した方は「準地図地理力博士」として認定します。

毎回最高得点の方は表彰されることになっており、努力しただけきちんと評価してもらえるシステムになっています。

まとめ

地図の読み方や日本・世界の地理に興味のある方は、地図地理検定に挑戦してみましょう。高校生のうちに合格すれば、大学入試でも有利になります。