資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

美術検定とは?美術検定に受かったらどこで活躍できる?公式テキスト、検定の詳細、検定申込方法を紹介

【スポンサーリンク】

美術検定は(株)美術出版社内にある、美術検定・実行委員会事務局が主催している民間資格です。美術品の歴史や背景はとても深く、すぐに理解できるものではありません。そんな奥深い美術の世界を学び、知識や教養を深めてさらに美術を楽しみたい方、アートイベントの活動に参加したい方に最適な資格となっています。

受験級や出題範囲

美術検定の実施級数は1~4級まであります。2~4級は誰でも受験できますが、1級は2級取得者のみ受験可能です。一番簡単な級は4級ですが、範囲は西洋と日本美術の主だった名作を知ること、中学生の歴史の教科書に掲載されている美術品や絵画、文化財が分かる範囲となっています。美術品の基礎を知るためにも、まずは4級から受験してみると良いですね。3級になると西洋と日本美術の基本的な歴史を学びそれが出題範囲となります。有名な作家とその作品だけではなく、時代背景や美術の動向、形式的なものも学びます。2級は美術に関する幅広い知識はもちろん、建築工芸や現代美術、写真映像、美術館などの問題も出題されます。1級は最高レベルの問題になりますが、美術に関する知識だけではなく、美術鑑賞の現場に関する知識や美術に関する確固とした意見や理念を持つことが必要です。

この検定合格でのメリット

この資格を取得される方の中には、学校の美術教員やファッションデザイン会社経営者、ワークショップデザイナーの方などもいます。美術の知識をもつことで仕事がスムーズになる、より深い知識を生徒に教えられる、美術のセンスを仕事に生かせるなど多くのメリットがあります。現在大学生で、就職に有利になるように美術検定を受験した方もいます。もちろん美術に興味のある一般の方も多数受験されています。趣味の世界をもっと深く知ることは人生を豊かにしますね。

模擬問題でレベルを知る

「1級から4級まで認定級があるけど、どのレベルの級を受ければいいんだろうか?」そう疑問に思っている方もいると思います。美術検定のHPでは1~4級までの模擬検定が公開されているので、実際に試験を受けてみてどの級の問題が分からないのか、どの級の問題なら解けるのかをしっかり確認すると良いです。もし4級の問題が良く分からなかったのであれば4級から勉強すると確実です。

アートナビゲーターとして活躍

美術検定の1級を取得された方は、1級合格者のみで構成されているアートナビゲーターのメーリングリストに参加できるほか、美術品を鑑賞して楽しむだけではなく、美術館や美術品の作者、そして鑑賞者を結びつける活動も行っています。美術品を紹介する活動や「これは良い」と感じた美術品を自ら紹介するなど、美術をもっと身近に、そして楽しんでもらえるようにアートナビゲーターとして活躍される方もいます。

参考書籍や公式テキストは?

1~3級受験用として西洋・日本美術史の基本が公式テキストとして発売されています。4級受験用の公式テキストは「この絵、誰の絵?」と呼ばれる分かりやすい公式テキストを使用します。美術に詳しくない方は、まずは4級受験から始めましょう。各級に対応した問題集も用意されているので、より実践的な勉強もできます。過去問を何度も解くと問題の感覚も掴めますし、出題の傾向も見えてきます。

検定の申し込み方法など

受験申し込みはインターネットと郵便局からの2つの申し込み方法があります。クレジットカードも使えますので、インターネットとクレジットカードを使えば、わざわざ郵便局からお金を振り込む手間がありません。コンビニ払いも選択できますので、都合の良い方法で受験料が支払えます。受験料を支払うと受験票が届きますので、指定した受験会場で試験を受けます。

まとめ

美術検定はこれから美術を楽しみたい方、美術を勉強したい方、美術を通して人々の心を豊かにしたい方にお勧めの検定です。