資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

試験が易しい!歌舞伎伝承アドバイザー検定とは?学習法や学習範囲を調べてみた

【スポンサーリンク】

歌舞伎伝承アドバイザー検定は、クラウドファンディングから誕生した検定です。歌舞伎の学校の校長が設立しており、歌舞伎の学校が主催・認定しています。歌舞伎の世界をもっと学びたい方、もっと楽しみたい方に最適な検定となっています。2017年に始まったばかりの検定ですが熱意があります。

歌舞伎伝承アドバイザー検定の学習範囲

歌舞伎を愛する方のための民間資格で、今のところ認定級は初級のみとなっています。今後、資格が成長するにしたがって中級や上級資格も創設されていく予定です。歌舞伎の初級の内容なので、基本的な部分からの学習になります。まず歌舞伎の歴史や歌舞伎の成り立ち、具体的な作品名(代表的な作品など)、演出や演技についての内容、歌舞伎の舞台で活躍する俳優、歌舞伎の劇場や舞台について、さらに歌舞伎で特徴的な独特のお化粧など、歌舞伎全般についての知識が問われます。知識が問われると言っても受験者を選別して不合格にさせるのが目的の検定ではないため、受験者全員に歌舞伎の知識を理解してもらい楽しく学んでもらうためのものなのでそこまでむずかしく考える必要はありません。

合格すると役立つ方

歌舞伎の初級編なので、歌舞伎に興味はあっても「歌舞伎はなんだか難しそう」「歌舞伎は分かりにくい」と思っている方に最適。歌舞伎の基礎から理解できるので、これから歌舞伎を見て楽しみたい方には最適です。さらにこの検定を受験することで、知人や友人、家族、外国人に歌舞伎をさらに分かりやすく理解しやすい形で説明することもできます。歌舞伎の面白さや良さを広げる活動がしたい方にも向いた検定です。ほかにも海外留学を考えている方、国際交流を考えている方、これから海外に赴任される方、またそのご家族の方などにもメリットがあります。

合格のための学習法

そもそもこの歌舞伎伝承アドバイザーはまだ発足したばかりの検定で初級クラスしかなく、発足の立役者・歌舞伎の学校の校長・立木恒雄さんが「受験者を振り落すための検定にはしない」という方針から、全員合格を目指している検定です。この検定に申し込みを行うと、専用のDVD(合計112分)が送られてきますので、そのDVDをしっかりと視聴し学習します。DVDの内容が頭に入ったらレポートなどの課題を提出し、その内容が一定レベルに達しているのなら合格です。レポート提出方式なので試験受験日や受験会場などの設定はありません。ネット受験ではありませんので、インターネット環境が無くても十分な学習と受験ができます。費用は税込13,800円です。6か月間の無料サポートも込まれての価格です。

試験内容は易しい内容

受験者を選別する目的の試験ではないため、内容はそれほど難しいものではありません。DVDの内容が頭に入っていれば大丈夫です。レポートや課題もDVDを見ながら作成できますし、万一合格ラインに達していなくてもサポート体制がしっかりしていますので、合格できるまで何度も指導してもらえます。「不合格になるのではないか?」と心配する必要はありません。

申し込み方法

申し込み方法は運営母体である「歌舞伎の学校」に直接インターネットで申し込みを行うか、歌舞伎伝承アドバイザーのチラシに申し込み事項を記入し、FAXや郵送で申し込む方法があります。申込書が事務局に届いたらDVDが発送されますので、それを視聴して学習をすすめていきます。高齢の方でも申し込みしやすいようにFAXや郵送でも対応可能です。

まとめ

歌舞伎伝承アドバイザーの創設者は、歌舞伎に携わって25年のベテラン。歌舞伎に対する知識や経験、愛情が深く、その情熱でこの検定を立ち上げました。歌舞伎について基本的なことから学びたい、もっと歌舞伎を知りたい、楽しみたいという方にとってはかなり適した検定です。お気軽にお申込みください。