資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

正しい知識をつけて動物と触れ合う!ペットフード/ペットマナー検定とは?

【スポンサーリンク】

ペットフード/ペットマナー検定は一般社団法人 日本ペットフード協会が認定している民間資格。ペットを飼う方が増え、ペットフードの正しい与え方やペットマナーの普及がとても大切になってきています。ペットと人間がこれからも共存していくためにも、よけいなトラブルが引き起こさないためにもペットマナーを身に付けておきましょう。

ペットフード/ペットマナー検定の内容

ペットを飼育する上でペットのマナーは非常に大切です。とくに犬の散歩では、犬同士で喧嘩をしたり人間に襲いかかる、飼い主がフンの始末をしないなどの行為は迷惑になります。気持ちよくペットを飼っていくうえでもペットマナーを知り飼い主が実践することはとても大事になります。またしつけだけではなく、ペットの健康維持や病気の早期発見、早期治療、予防接種、避妊去勢、留守番、複数ペットを飼う時の注意点、ペットフードの与え方、与える量など知りたいことがしっかりと学べるのは大きなメリットです。

合格するとメリットのある方々

実際に犬や猫などペットを飼っている方々、またこれからペットを迎えようと考えている方、ペットホテルやトリマー、ドッグカフェ、猫カフェ、ドッグランの経営者などペット関連の仕事をしている方々、動物病院に勤務している方などペットに関わる方にはかなりメリットがあります。とくに犬は体も大きく、人に危害を加える可能性があるため正しい知識をもつことはとても大切です。

検定の内容とは?

民間の検定では1級や初級など級分けがされていることがほとんどですが、このペットフード/ペットマナー検定は犬コースと猫コースしかありません。級分けもないため、飼っているペットの種類に応じて受験仕分ける必要があります。もちろん猫と犬の両方を飼っている場合は両方受けることもできます。試験は2か月に1度行われていますので都合の良いときに受験できるのが魅力です。合格率や合格者などは一切発表されていませんが、インターネット検定となっており、わざわざ受験会場まで足を運ぶ必要がありません。自宅で受験できるためテキストを見ながら試験を受けることも可能です。ネット検定なので合格者は多いと予測されます。検定は公式テキストに準拠した内容となっています。

公式テキストは?

ペットフード/ペットマナー検定の公式テキストが発行されています。アマゾンや一般書店では手に入らないので、事務局まで直接申し込む必要があります。1冊1,543円に送料を加えた金額を振り込みます。公式テキストの内容は「去勢や避妊手術をすると太る」「ペットが下痢をすると水分補給が必要」「ペットは褒めてしつける陽性強化法が主流」などさまざまなことが書かれており参考になります。公式テキストを読むだけでもかなり参考になる内容です。

受験要項などのまとめ

ネット受験なので、会場まで移動する必要がなくどこに住んでいても受験できるメリットがあります。検定受験はインターネット上で手続きが可能で、受験料はクレジットカードか銀行振り込みで入金。受験時に必要なIDとパスワードが届いたら、受験期間内(24時間以内)に受験し、その後合否通知を待ちます。合格者にはパソコンで印刷できる合格証が届きますが、有料版合格証書、合格証カード、公式リストバンドを希望される方は別途申し込みが必要です。

受験の注意点

ネット受験なので、PCがきちんと動くかどうかの動作チェックは必須です。また受験中はブラウザを閉じてしまうと棄権したことになり途中で試験が受けられなくなります。ブラウザを閉じないようにしてください。ブラウザの戻るボタンやログアウトボタンも同様です。停電などの突発的なトラブルで受験できなかった場合は、別途事務局までお申し出ください。

まとめ

ペットフード/ペットマナー検定は犬と猫を対象にした検定です。現在犬や猫を飼っている方、今後飼ってみたいと思っている方に最適な検定となっています。