資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

天然石検定を受けるメリットや必要性、公式テキストや勉強期間を紹介

【スポンサーリンク】

天然石検定は、天然石検定協議会本部事務局が主催する民間資格です。心の時代と言われて久しい昨今ですが、スピリチュアルな観点などから天然石のパワーが注目されています。天然石に対する正しい知識や理解、天然石選びに必要な知識などを修得できます。天然石に興味のある方におすすめの検定です。

実施要項まとめ

天然石検定は1級と2級があり1級が最上級となります。いきなり1級の受験はできず、2級からの受験になります。この検定は現在天然石マスターが独自に開催しているため、毎回主催者が変わります。開催日時は受験地などはその都度変わってきますので、つねに最近の情報を天然石検定のHPでチェックする必要があります。現在は札幌・東京・名古屋などで試験が開催されています。天然石マスターに直接試験の申し込みを行い、指定された振込み講座に受験料を振り込むと後日受験票が郵送されます。試験についての質問は協会ではなくすべて天然石マスター個人に問い合わせるシステムになっています。

受験する意味

パワーストーンと呼ばれる天然石は現在、国内に相当数流通しています。ところがガラス玉を天然石と偽って販売したり、粗悪品を高く売るなど問題も起きています。ブレスレット1本100万円を超える商品もあるため、販売者や消費者が天然石に関する正しい知識をもつことには意味があるのです。天然石の種類や特性、似たような天然石をどう見分けるかなど、天然石に関する知識をもつことでより豊かな天然石ライフが楽しめます。男性女性問わず、熱狂的な愛好者がいることでも知られる天然石の世界。さらに深く勉強することで新しい天然石の情報や歴史、特性を知ることも可能です。

公式テキストは?

公式テキストは1級・2級対応のものがそれぞれ発売されています。一般書店やアマゾンでは購入出来ないため、天然石マスターに直接申し込みをする必要があり少々手間です。1冊3,500円前後の公式テキストになりますが、フルカラーで美しい写真が多く参考になります。公式テキストではないのですが、もっと知識を深めたい方には天然石検定指導マニュアルも発売されています。過去問題集は発売されていません。「天然石のホン01 水晶」(マリア書房)には、一部過去問題が掲載されているようです。

合格するとメリットのある方々

天然石は種類もかなり多く似たような石があるのも事実です。そこで天然石の知識が必要な天然石の販売業者や、購入する側の消費者にもメリットがある検定です。ほかにも天然石が好きで本格的に石の勉強がしたい方、パワーストーンに興味のある方、天然石デザイナーなど天然石に関わる方にはメリットがあります。

問題をチェックするならどこで?

天然石検定のQ&Aコーナーに、問題の一部が公開されています。もし気になるのであればチェックしてみてください。かなり難しい内容のように思えます。何の知識もなくただ「天然石が好き」なレベルで勉強もせずに試験を受けても、まず合格はむずかしい内容です。学習会や講習会、通信教育などは設定されていませんので、独学が基本になっています。合格率は1級が約6~7割、2級が約7~8割となっています。

どれくらいの期間勉強すればOK?

合格者の声を参照すると、約1ヶ月前から本格的に勉強し始めたという方が多いようです。ただどれくらいの時間、勉強に充てられるかは個人差があるため1ヶ月では間に合わないケースもあるかと思います。無理のないスケジュールで勉強することをお勧めします。個人差はありますが、天然石に関してとくに知識のない方に関しては2~3ヶ月程度の学習期間が無難ではないかと思います。

まとめ

天然石検定はフルカラーの美しい公式テキストで楽しく学べるため、天然石に興味のある方、本格的に勉強したい方、業者の方に役立つ検定です。受験希望者は各天然石マスターまでご連絡を。