資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

アパレル系だけじゃない!持っていると役立つファッション色彩能力検定って簡単に取れる?

【スポンサーリンク】

ファッション色彩能力検定はファッションに関連する色彩について学び、その知識がどれくらい定着しているかをチェックする民間資格です。色や色彩の基礎から三原色と混色、ファッション産業における色彩の役割、色彩調和論などファッションと色との関係について徹底的に学べるのが特徴です。

もちろんファッション業界だけではなく、インテリアやメイクアップ、商品ディスプレイ、商品開発でも色の知識はかなり役立ちますね。顧客の肌色にあった洋服やメイクアップを提案できると販売力もアップすること間違いありません。色彩に関する勉強をしたい方はこちらの資格に注目です。

ファッション色彩能力検定ってどんな資格?

ファッション色彩能力検定は一般財団法人日本ファッション教育振興協会が主催・認定する民間資格で、1~3級までの認定級があり、最上位は1級になります。

3級は誰でも受験できたとしても、2級・1級となると受験資格を問われる民間資格が多いなか、このファッション色彩能力検定はいきなり1級から受験できるのが大きな特徴です。2・3級はマークシート方式での解答になりますが、1級はマークシートだけではなく実技もあり、座学と実技の両方に合格する必要があり難易度もほかの級に比べて高めとなっています。

また2・3級は協会が設置する試験会場や指定された専門学校で受験できますが、1級は東京会場のみです。

色彩検定との違いは?

ファッション色彩能力検定も色彩検定も民間資格であり、色の知識を問う資格であることに変わりありません。ただ前者の場合は試験を実施・認定するのが一般財団法人日本ファッション教育振興協会、後者は公益社団法人 色彩検定協会となっておりそこに違いがあります。

ファッション色彩能力検定はアパレル系の企業で働く方に向いており、色彩検定はあらゆる分野の色に関する資格なのでファッション関連の仕事に携わる方はもちろん、建築や土木、コンピューター関連のお仕事をされている方にも最適。

ただファッション色彩能力検定の1級になるとファッションだけではなく、環境や商品関連の色の知識も問われますので上位級になると大きな差異はなくなります。

難易度は高い?

ファッション色彩能力検定試験の合格者は、3級合格率約は56.3%、2級合格率は約40.3%です。3級は比較的難易度が低めですが、1級・2級と上位級になるにつれてどんどん難易度が上がるようです。

「民間資格なのできっと簡単だろう」と考えていると足元をすくわれる可能性があります。上位級の合格を目指すのであれば、まずはしっかり勉強する必要があるようです。

独学でも受かる?

各級に対応するテキストや過去問題集が販売されていますので、それら書籍を取り寄せて自主的に勉強するだけでも3級、2級であれば問題ありません。

3級の試験は合格率56.3%と比較的高めですが、なかには「色彩検定に比べて出題範囲が広く難しい」と感じられている方もいるようです。「たかが3級」と思っていると不合格になる可能性もあります。十分な勉強が必要なので、スケジュールをしっかり立てておくのが一番です。

ファッション色彩能力検定が役立つ仕事

ファッション色彩能力検定はファッションと銘打たれているだけに、アパレルに関連するお仕事の方全般にお役に立つ資格ですし、アパレル以外にもインテリアコーディネーター、インテリアプランナーなどのようなインテリア関連、住宅関連のお仕事をされている方、美容部員や美容師などメイクや美容関連のお仕事をされている方、販売関係のお仕事をされている方に最適です。

お店のPOP作成やディスプレイ作成時にやはり色彩感覚は大切ですから。より「美味しそう」に見える「綺麗」「印象的」に見えるお店のディスプレイを手掛けることができれば、職場内での立ち位置も大きく変わるはずです。

まとめ

ファッション色彩能力検定はアパレル関連のお仕事だけではなく、インテリア・美容関連・販売業の方にも十分生かせる民間資格です。

取得するためには、テキストと過去問題を繰り返し勉強することで確実に合格へ近づくことができます。類似の資格も複数ありますので、どのジャンルの色彩について学びたいのか、資格を取得したいのかハッキリさせておくと良いです。