資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

高収入が見込める玉掛技能者!資格取得はどうすればいいの?

【スポンサーリンク】

工事現場や建築現場、運送、工場などでは、重い荷物や材木、資材などをクレーンを使って移動させています。何トンもある資材を人間の手で宙に吊り上げるのは不可能なので、クレーンの役割は非常に大きいのです。この時、重みのある資材を吊り上げるためのワイヤーロープやベルトスリングを正しく使用し、荷物をクレーンのフックに引っ掛けたり外したりすることを「玉掛(たまがけ)」と呼んでいます。

見た目は単純な作業、誰でもできそうに見えますが手順が細かく決まっており無資格者は作業できません。このページでは玉掛技能者(国家資格)についてまとめています。

講習を受けるのが資格取得の道。事前学習は必要なの?

建設現場や土木分野では玉掛作業は当たり前。業界の方々は皆さん知っている玉掛ですが、これはクレーンで吊り上げて移動させる資材を外したり掛けたりする仕事です。クレーン作業では必要になってきますが、1トン以上の吊り上げ能力を持つクレーンに荷物を掛けはずしする際は、必ず玉掛技能者を置いて作業しなければなりません。

この資格は技能講習を受講して修了試験を受けることで取得できます。講習を受けるのに特別な資格は必要ないため(18歳以上の方)、現場で働く女性も受講されています。

合格率や難易度は?

講習会を受講して資格を得るタイプのものなので、合格率や難易度などのデータは一切公開されていません。実際に玉掛技能講習を受けた方がいましたが、特に事前勉強や必要ありませんでした。

この資格、じつは国家資格になりますので転職や就職、昇給などには非常に役立ちます。その方も社内に玉掛技能者は複数いたにも掛からず「キャリアアップのため、スキルアップのため」と進んで受講されました。やる気もあったので社内でみるみる出世されました。残念なことに退職してしまいましたが、資格は会社ではなく本人についてきますので結局は本人にとってプラスになるのです。

受験資格や資格取得に必要な費用や期間など

玉掛の場合講習は学科と実技に分かれており、学科はクレーン等に関する知識やクレーン等の玉掛けの方法などで約13時間、実地はクレーン等の運転のための合図や玉掛の方法などで7時間になります。合計20時間なので講習会は3日に分けて実施されます。

まとまったお休みが取れないと取得しにくいので、会社勤めの方は会社との調整が必要です。

費用はテキスト代を含めて約25,000円みていれば大丈夫です。会社に所属されている方は会社が負担してくれるケースも多いようです。助成金の対象にもなっていますので、自腹を切って受講された個人は助成金を申請するのがお薦め。

玉掛技能士の資格を取れば月給30万円越え

玉掛はクレーンを使った作業所では必要になってくる資格です。そのため有資格者は建設・建築現場や工場、倉庫、造船所などで幅広く活躍できます。実際にこの資格を取って時給が上がった、有利に転職できたと言う方もいます。

玉掛だけではなく移動式クレーンやクレーン・デリック運転士の資格も取得しておくとさらに有利です。月給が30万円超えの職場に転職できた、昇給したと言う声もありますのでキャリアアップやスキルアップ、給与アップを狙っている方は取得しておきたい資格です。

他にも取得しておきたい資格は?

前述したように、玉掛はクレーンに荷物や資材を引っ掛けて移動させたり、外して荷下ろしする作業です。そのためクレーン運転免許を持っておくと作業がスムーズ。移動式クレーン運転士や小型移動式クレーン運転士、床上操作式クレーン限定、クレーン・デリック運転士などの資格をもっておくとよさそうです。

まとめ

建設や土木、鉄工所、運送、工場、倉庫などの業界では確実に役立つ玉掛技能者。

3日間の講習が必要ですが取得しやすく昇給や転職・就職にも役立ちます。キャリアアップ、スキルアップにお薦めの資格です。