資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

和食マイスターはどんな仕事に役立つの?受講料や注意事項について

【スポンサーリンク】

普段何気なく口にしている和食。けれど和食の歴史を聞かれると「一体いつ、和食が食べ始められるようになったのか?」ハッキリ答えられる方は少ないようです。さらに和食の文化や作法、特徴、和食で使用する食器、お米やおかず、お味噌汁の歴史、調理法など和食全般について勉強したい方は「和食マイスター」に注目です。

この和食マイスターは「一般社団法人 日本野菜ソムリエ協会」が主催・認定している民間資格で、一度資格を取得すれば更新の必要はありません。和食に興味をもち、是非勉強したいと思っている方は注目です。

和食マイスターってどんな資格?

和食マイスターは現在「ジュニア和食マイスターコース」と「和食マイスターコース」の2種類の項目がありますが、実際に講座開講されているのは「ジュニア和食マイスターコース」のみで、和食マイスターコースは未開講となっています。

ジュニアの場合、基本となる和食の歴史や文化、特徴、調理法、マナーなどを学び、日常的に和食を楽しめるように知識を広げることを目的としています。最初は和食概論から始まり、和のお作法とマナー、お米と雑穀のご飯、お味噌汁とお吸い物、お野菜のおかず知識編などの講義を通して和食への理解を深めます。

受験資格はあるの?

受験資格についてはとくにありません。年齢や性別などの縛りもないため、受講料をきちんと支払い受講会場まで足を運べる方は受験資格があります。

ただ公式HPに注意事項が明記されていますので、それら注意事項をすべて了承してくださる方でなければ受験できません。

講座は全5回開催されますが、そのうち3回以上出席しないと修了試験が受けられませんのでご注意ください。

受験料など費用はいくらかかるの?

ジュニア和食マイスターコースの場合は、受講料が合計で97,700円(税込)必要になります。そのうち10,800円は一般社団法人 日本野菜ソムリエ協会への入会金となります。もしすでに協会に入会している場合、受講料86,900円でOKです。

さらに最終日の修了試験で及第点が取れなかった場合は追試となり、その場合は別途12,000円が発生します。一度の修了試験で合格できるように頑張りましょう。

どんな勉強すればいいの?

テキストは講習会当日に渡されるため、事前にテキストを読んで予習しておくことはできません。ただ講義をしっかり聞いていれば問題なくテストはクリアできるレベルなので、まずは講義の内容を頭に入れて重要な部分はテキストにチェック。

5日間しっかり講義を聞いて分からないところは講師に聞いておくなどすればOK。難しい試験ではないため問題なくクリアできるはずです。特別難しい勉強ではないので身構える必要はありません。

資格が活かせる仕事はあるの?

和食についての勉強ですので、外食、和食関係のお仕事をされている方(調理や接客、和食店、料亭、割烹)には即役立つ知識となっていますし、フードライターにとっても和食の知識は役立ちます。

また仕事に活かすだけではなく、個人の生活に潤いを与えるためにも役立つでしょう。和食に対する知識や正しい調理法を学べば今よりももっと美味しい和食が味わえ、生活が豊かになります。だしの取り方や美味しいお味噌汁の作り方、魚のさばき方、調理法なども勉強できるので料理の腕にも自信がつきます。

まとめ

和食マイスターは外食産業で働く方だけではなく、和食に興味をもつ方にも積極的に受講してほしい民間資格です。和食をもっと深く知りたい、料理の幅を広げたい、美味しいお味噌汁を作りたいなど、和食に興味のある方は注目!少人数での講義なので質問しやすく分かりやすいのも魅力です。是非挑戦してください。