資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

誰でも受けれない!受験要件がある建築士になるにはどうすればいいか?

【スポンサーリンク】

大規模なビルはもちろん、今流行りのタワーマンションから一般住宅、大規模なコンサートが行えるだけのホール、競技場などどのような建物にも必ずあるのが「建物の設計図」です。この設計図がなければ建築物を建てることはできません。

大事な設計図を作成するのが建築士の仕事です。建物の設計はとても自由でオリジナリティーが発揮できる分野だと思ってしまいますが、実は法律や防火、耐震、構造計算など考えなければならない部分もあります。見た目や間取りだけではなく、安全に暮らせるための建築物建築のための要になるのが建築士の役割なのです。

建築士試験を受けるための条件

建築士試験を受けるための要件はいくつかあります。まずは現場で実務経験を7年以上積むこと。また高校の建築や土木科を卒業して3年の実務経験を積むこと。大学や短大、高専の土木科を卒業後1年以上の経験がある、大学の建築学科を卒業しているなどの条件を満たした場合のみ、二級建築士と木造建築士試験を受験することができます。

一級建築士を受験しようと思えば、最低でも二級建築士合格後に実務経験4年以上経過しなければなりません。いきなり一級建築士にチャレンジできないようになっているのです。

一級建築士の資格について

一級建築士は建築士資格の最高峰。二級建築士や木造建築士は設計や工事管理のできる構造物に制限がありますが、一級になるとその制限がすべてなくなります。あらゆる建築物の設計・工事管理ができるので、大規模な建物を手掛ける建築・設計会社には必要な人材になります。

大規模なビルや商業施設の設計ともなると一人の建築士では足りませんので、複数の建築士同士で連携しなければなりません。また施工業者や設備業者とも打ち合わせが必要ですので、コミュニケーション力のある人材でなければきちんとした仕事はできないのです。

二級建築士の資格について

二級建築士は延べ面積500平方メートル以下の建築物の設計や工事監理を行うと言う制限付きでの仕事ができます。実務経験を経て一番先に取得できるのが二級建築士ですので、一級建築士を狙う方もまずはこの資格を取得することになります。

ただ資格に加えて実力も大事になる業界ですので資格取得後も勉強は続きます。一生勉強し続ける、新しい知識を吸収し続けようと言う意気込みがないと設計事務所で長く活躍することはできません。独立するとなればなおさらです。

試験の難易度や合格率は?

二級建築士の試験は学科と設計製図の2段階となっており、まずは学科が受からないと次の設計製図に進むことができません。二級建築士の合格率はトータルで約25%前後。4人に1人しか受からない試験です。

一級はさらに上位の試験なのでもっと合格率が厳しくなり、トータルで約11~13%前後となっています。10人に1人受かる程度の合格率です。設計製図よりも学科の方が通りにくくなっていますので、いかに学科をクリアするかが鍵となります。

受験料や試験について

二級建築士の受験料は16,900円で一級建築士の受験料は19,700円となっています。今は郵送による試験申し込み以外にもネットを使った申し込みも可能です。受験料もクレジットカード決済やコンビニ払いなどにも対応しているため、以前に比べて受験しやすくなっています。

試験要項などに関しては、公益財団法人建築技術教育普及センターのHPにて公開されていますのでそちらをチェックしてください。

まとめ

建築士は受験要件が厳しく、誰でもすぐに受験できるものではありません。資格を取得したいなら実務経験が必要ですので、きちんと計画を立てておくと良いです。勉強も隙間時間を使い効率的に行うのが合格への鍵です。