資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

保育士になるならベビーマッサージインストラクターが役に立つ!資格はどうやってとればいいの?

【スポンサーリンク】

ベビーマッサージは1970年代にフランスの産婦人科によってインドの出産方法や育児方法が紹介されたのがきっかけでした。それ以後、欧米の精神科や心理学の学者などが研究し「ベビーマッサージ」の技術が確立されていきました。

ベビーマッサージは赤ちゃんとお母さんがスキンシップをすることにより愛着関係(アタッチメント)を構築するために必要なものです。そんなボディマッサージインストラクターの資格が取得できる講座をご紹介しましょう。

ベビーマッサージインストラクターの資格とは?

日本アタッチメント育児協会が主催・認定する「アタッチメント・ベビーマッサージインストラクター養成講座」では土日の短期集中講座を行っています。土日開催の講座なので日中働いている方も参加しやすいですね。

受講には条件は一切ありませんが、受講生の約7割は保育士や看護師、助産師など医療関係や保育関係の方となっています。もちろん子育て中の方、これから妊娠・出産を考えている方も受講できます。ベビーマッサージ講習は、医師や看護師、保育士など専門家でなければ受講できない講座もありますので、事前に良く確認すると良いです。

どこで資格取得すればいいの?

ベビーマッサージインストラクター養成講座の場合、札幌・仙台・東京・大阪・名古屋・福岡など主要都市で講習会が開催されています。開催される会場が限られるため宿泊が必要な方は事務局が宿泊先を紹介しています。

講習会は土日の2日で修了しますので、長い期間なども受講しなければ修了しないと言う悩みがありません。忙しい方も土日2日の受講で終わるなら負担も軽く、気軽に受講できるのがメリットです。京都や金沢、広島、盛岡、鹿児島などでも講座が開催されていますので、最寄りの会場で講習会が開催される時はお早目のお申込みください。

資格を発行している団体の選び方は?

ベビーマッサージの資格は民間団体が行っており、国は一切タッチしていません。そこで資格を発行している団体を良く選ばないと、短い期間で団体が解散するリスクもあります。

そこで信用できる団体を選ばなければなりませんが、やはり大事なことは「それまで何人の方が講座を受講しているか?(人気があるか?)」「信頼できる団体が主催しているのかどうか?」です。メディアに頻繁に取り上げられHPの内容がしっかりしており、講習会を毎月どこかで実施している団体であればまずは安心です。講習会が殆ど開催されておらず活動実績のあまりない団体は信用しない方が無難。

費用はいくらぐらい?

アタッチメント・ベビーマッサージインストラクター養成講座の場合、費用は受講料が14万円、認定試験料が5千円、教材費が約1万4千円、育児セラピスト前期課程(2級)登録申請料が1万円など、総額で約18万2千円前後の費用が掛かります。これに宿泊代や交通費も掛かりますので、それなりの費用を見ておかなければなりません。

これだけのお金を出して資格を取得しても、どのように生かしていくかを良く考えておかなければお金の無駄遣いになってしまいます。

資格を活かせる仕事は?

この講座を実際に受講されている方の約3割は保育士の方です。赤ちゃんと日頃から接する仕事なのでニーズが高いのです。さらに看護師、助産師、保健師、教師、幼稚園教諭、子育て支援員など保育・教育。医療機関の方が多数受講されています。

つまり将来保育士や看護師、助産師、教師、幼稚園教諭などの道を考えている方にとって役立つ資格なのです。

まとめ

アタッチメント・ベビーマッサージインストラクターの資格は取得費用に約19万円の費用が掛かりますが、赤ちゃんとお母さんとの愛情関係(アタッチメント)形成のためにどのようなスキンシップをすればいいのか?その理論や実技、基礎発達心理学、心理セラピーワークなどを学ぶことで赤ちゃんの心理に基づいた正しいマッサージが可能となります。

マッサージの手法だけではなく発達心理学なども学べるため、お子さんの成長を見守るゆとりも生まれます。