資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

永遠のテーマ「美」に関わる認定エステティシャンとは?認定エステティシャンになるまでを調べてみた

【スポンサーリンク】

エステティシャンは国家資格がなく、「私はエステティシャンです」と名乗れば誰でも施術ができます。そのため施術する側の技術や経験により個人差が大きくなり、信頼できるエステティシャンを見抜くのが難しいのが現状です。

そこで登場したのが日本エステティシャン協会により主催・認定されている「認定エステティシャン」資格です。エステティックに関する理論を正しく理解し、最適な施術ができるエステティシャンを認定する制度となっています。

誰でも簡単に認定してもらえるわけではなく、あらかじめ決められた受験基準を満たし、知識と技能のレベルが一定水準であると認められた方だけが認定エステティシャンとなれます。

認定エステティシャンの資格制度って?

前述のとおり国家資格のないエステティシャンは「自称」がまかり通る世界です。自己流の施術でも「エステティシャンです」と言えばすぐに仕事ができ、お金がもらえます。ただエステに関する正しい知識や技術もなく「プロです」と自称することは消費者にとって迷惑な話であり、きちんとした知識と技能をもつエステティシャンを認定する制度として「認定エステティシャン資格」があります。

民間資格ですがきちんとしたディプロマがあれば顧客の信頼が得られやすくなりますし、自分の知識や実力を客観的に証明しやすくなります。集客や収入アップに有利なのです。

認定エステティシャンとして活躍できる場所は?

認定エステティシャンが活躍できるのは、企業が運営するエステサロンや個人運営のお店はもちろん、美容室や結婚式場、ホテル、イベント会場などでエステのお仕事をされている方もいます。企業が運営するエステサロンは経営がある程度安定しているため、長期安定した仕事になり安心して働ける一方、ノルマが課せられることもあり呼び込みなどの営業をするケースもあります。

最終的に独立することを目標にされる方もいますが、経営をスムーズに軌道に乗せることができるかどうかの保証はありません。再び雇われエステティシャンになる方もいます。

受験資格は?

認定エステティシャンになるためには日本エステティック協会の認定校に通い、カリキュラムに沿って知識や技能を学ぶ必要があります。在学中に認定エステティシャンになるための実技試験を受け、合格する必要があります。実技に合格すると、次は年3回行われるエステティシャンセンター試験を受験し合格しなければなりません。

エステティシャンセンター試験は試験時間90分、四択のマークシート方式となっています。実技と筆記試験の両方に合格して初めて、認定エステティシャンとして資格申請ができます。

その後、日本エステティック協会の正会員となることで晴れて認定エステティシャンを名乗ることができます。ただし認定校を修了しなくても実務経験3年以上で認定エステティシャンになるための試験を受けることができます。

認定エステティシャン試験内容は?

エステティシャンセンター試験の試験内容については、筆記試験例題集・第3版が出版されていますのでそちらをチェックしてください。問題は大きく理論と実技理論とに分かれており、理論ではエステティック概論や皮膚科学、解剖生理学、化粧品学、電気学・機器学、関連法規、衛生・消毒/衛生管理などが含まれ、実技理論ではフェイシャル実技理論、ボディ実技理論、ワックス脱毛実技理論などが含まれます。

問題集が発行されていますので、それら問題を解いて試験対策する以外にありません。問題は100問で試験時間は90分間となっています。1問40秒以内にどんどん答えていかないと時間が足りなくなります。

合格率は?

認定エステティシャンの正確な合格率は公開されていませんが、認定校を修了し(在学中に実技試験を受ける)筆記試験の二段階で認定を目指すため難易度は高めのように思えます。ただ、しっかり学校で勉強すれば多くの方が合格できるようで、合格率は約80%とも言われています。公認エステティシャンになるには認定校に通わずに一発試験で合格を目指す方もいますので、そちらの方が難しいようです。

認定校に通い試験問題集で真面目に勉強すれば、まず問題なく認定エステティシャンの称号を得ることができます。

まとめ

「美しくなりたい」「癒されたい」そんな願望をもつ方々を優しくケアできる公認エステティシャンのニーズは高く、将来性のある仕事です。エステティシャンの中には自己流で施術している方もいますが、関連法規や人の体の構造などを勉強していないと思わぬトラブルの元になります。

エステティシャンとしての知識や技術をもつプロであれば安心。自身のもつ知識や技能を証明するためにも認定エステティシャン資格は大いに役立ちます。