資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

人気のある医療事務を上手に活かして働くためのコツと最新の情報

【スポンサーリンク】

現在、日本の人口の約4分の1は高齢者となっており、医療分野のニーズは非常に大きくなっています。昔より病院の数も増えたため、病院で働く事務員も増員しなければならない状況です。医療事務は昔から「女性向きの仕事」「結婚しても続けられる専門職」などと言われ女性が多く就業しています。

医療サービス全盛の時代に医療事務の資格を取得するのは大きな意味がありそうです。ただ国家資格がなく民間資格も乱立しているので、どの資格を取得するかが鍵になります。

医療事務には国家資格なし

医師や看護師、薬剤師として仕事をするにはまず国家資格を取得しなければなりません。無資格なのに患者の診察をすれば医師法違反になります。では医療事務はどうでしょうか?

医療事務の仕事には国家資格は存在しないので、無資格の方がいきなり仕事をしても問題ありません。未経験から上司や同僚の指導を受けて(たたき上げで)医療事務の仕事をされている方もいます。ところがこの医療事務、女性を中心に大変人気があるため応募が殺到。採用時の選考では「経験があるか、民間資格を持っているか」と言う点が考慮されています。

医療事務には国家資格はありませんが競争率が高いため、民間資格保持者や経験者が優遇されているのが現状です。

医療事務系の資格は多数ある

医療事務系の資格と言ってもさまざまな民間資格があり、そのすべての資格を取得しようと思うとかなり大変です。ユーキャンなどで取得できる通信教育もあれば、専門学校に通って勉強し民間資格を取得する方もいます。ほかにも医療事務技能審査試験(メディカル クラーク)(R)や医療事務認定実務者(R)、医療保険士など、医療事務系の資格は数えきれないほどあります。

これら医療事務系の資格のなかでも、年間5万人もの方が受験するのが医療事務技能審査試験(メディカル クラーク)(R)です。同じ民間資格を受験するのであれば、誰も知らないマイナーな資格よりもメジャーな資格を取得する方が良いです。

通信教育で取得できる医療事務資格

通学しながら医療事務の勉強をされている方もいますが、学費や下宿代などの問題もあり誰にでもできるものではありません。働きながら勉強したい方、学校に行く時間のない方には通信教育で学ぶ方法もあります。分かりやすいテキストやDVDなどの副教材も豊富にあり、オプション商品としてバインダーやルーズリーフなどがセットになった医療事務文房具セットを別途販売している講座もあります。

添削課題や就業サポートにまで対応している通信教育もあり、独学で誰にも頼れず勉強している孤独感を感じにくいのは大きなメリットですね。

難易度や合格率は?

医療事務系の民間資格が乱立しているため、一概に難易度や合格率をお伝えすることができませんが、年間5万人もの受験者数を誇る医療事務技能審査試験(メディカル クラーク)(R)の場合、合格率は約58%前後となっており6割方合格されています。受験資格なども特に設定されていないため、難易度は普通と言えます。

診療報酬請求事務能力認定試験(医科)の場合は合格率約30.7%とやや難易度が高め。医療事務管理士(R)技能認定試験(医科)は約50.6%前後となり資格により合格率にばらつきがあります。ただ採用する現場では民間資格の有無よりも実務経験の方が問われますので、民間資格を取得したら実際に働く方がはるかに効果的です。

資格取得後、有利に職場を見つけるために

医療事務の仕事は人材に困ってないため、資格を取ったところで仕事が楽に決まるわけではありません。有利に採用してもらうには、英会話ができる、手話ができるなどの付加価値になるスキルがあった方が良いです。

もちろんPCの操作スキルは必須なので、PCの操作にも慣れる必要があります。資格を取得したらプラスαの能力や技能を身に付けられるようにすると良いです。

まとめ

医療事務の仕事は女性にとって大変魅力的。一度知識を身に付ければさまざまな医療施設で仕事ができるため、転職・就職に有利。ただ人材が豊富なジャンルなので、資格を取得したら早めに医療機関で仕事をして実績を作るのが一番です。