資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

電気主任技術者ってどんな資格?難易度から勉強法まで

【スポンサーリンク】

私たちの生活に電気は欠かすことのできないものになりました。ところが大事な電気設備の保守点検を誰にでも任せて良いわけではありません。発電所や変電所の設備を何の知識もない素人が勝手にメンテナンスしようものなら大事故に繋がりかねません。

そこで発電所・変電所・工場・ビルなどの電気設備の保守点検専門の技術者として働けるかどうか、判定するのが電気主任技術者になります。民間資格ですが信頼性の高い資格で公的資格と言っても良いものです。この資格があれば電気設備の保守・点検の仕事で生活できます。

電気主任技術者は一種から三種まであり

電気主任技術者の試験は、取扱可能な電圧によって第一種から第三種までの区分けが存在します。

第一種の試験に合格すればすべての事業用電気工作物の保安監督の仕事に従事できますが、第二種では電圧が17万ボルト未満の事業用電気工作物、第三種では電圧が5万ボルト未満の事業用電気工作物(出力5千キロワット以上の発電所を除く)と関われる事業用電気工作物の範囲に違いが出てきます。

発電所や変電所、工場、ビルなどの設備で保守点検(メンテや点検計画の作成など)を行いたい方は、必ず取得しなければなりません。

この資格があると何ができるの?

前述したように電気主任技術者の資格を取得すると、発電所や変電所、ビル、工場、工事現場などに設置された配線や受電設備などの電気設備の保守点検の仕事ができるようになります。保守点検の計画書を作成するのも電気主任技術者の仕事です。この資格があれば電力会社やビルメンテナンス会社、工場などに就職して電気配線や受電施設のメンテなどに従事できます。

有資格者が比較的少なく人手不足である背景もあり、会社を定年退職した後も転職先には不自由せず、60歳を過ぎても現役で活躍できる機会も多いようです。

勉強方法は?

工業高校などを卒業しある程度の知識があれば参考書を購入して独学で勉強する方法も、十分可能です。ただ工業系の知識がなにもない状態から電気主任技術者の資格を取ろうとすると取り掛かりが難しく挫折する可能性もあります。

そこで電気初心者の方は通信教育や予備校に通うなどの方法を選択する方が無難です。独学の場合、過去問題を繰り返し解くのが合格への近道となります。

電気工事士と電気主任技術者の違いは?

電気工事士は受電施設や電気配線などの工事を請け負い実際に作業する現場作業の技術者であり、電気主任技術者は電気工事士が作業した後に「問題はないか、きちんと動作するか」と確認する保守点検(管理)のための技術者である点が違います。

電気主任技術者は受電施設や電気配線の保守点検はできても現場作業はできませんので、不具合があれば電気工事士に指示して作業してもらわなければなりません。

電気工事士は現場作業者、電気主任技術者は指示者という立場の違いがあります。自分で管理監督しながら現場作業がしたいなら、資格を両方取得しなければなりません。

合格率や難易度について

電気主任技術者の資格は合格率が低いことで有名です。平成29年度の合格率は8.1%、その前年の平成28年度は8.5%と10%台を割り込む勢いです。100人受けても8人ちょっとしか通らないわけですから、人材が足りないと言われるのも頷けます。

難易度はかなり高いと言えます。合格するためには通信教育や予備校に通う、勉強の時間を取り過去問を解きまくるなど効果的な対策が必要です。

まとめ

電気主任技術者の資格があれば、ビルメンテナンス会社や電力会社、工場、警備会社などで引く手あまた。ところが合格率が低いため簡単に取得できる資格ではありません。合格のためには勉強のための時間をしっかり確保し、合格が難しいときは通信講座や予備校を受講するなど万全の対策が必要です。