資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

栄養士になるための試験は実施されていない?どうすれば栄養士になれるの?

【スポンサーリンク】

栄養士は主に健康な人に対して栄養学に基づいた栄養指導(栄養バランスのとれたメニューをアドバイス、調理法の工夫など)を行ったり、給食の運営を行う専門家です。都道府県知事の免許を受けなければなりません。

栄養士の資格を取得できると、病院や学校、公官庁、介護施設、企業(食品製造)などで食事の用意や献立作成、栄養管理、商品開発などの業務を行うことができます。では栄養士になるにはどのような道のりが必要なのでしょうか?そして栄養士になるための試験などについてまとめています。

栄養士と管理栄養士の違いって?

栄養士には栄養士と管理栄養士の2つの資格があります。栄養士は都道府県知事の許可をうけており、管理栄養士は厚生労働大臣の許可を受けた国家資格です。

管理栄養士は大病院など大規模給食施設での献立作成や労務管理などの業務に就けますし、病気をもつ方の療養のための栄養指導も可能です。栄養士よりもより広い範囲の業務が行えるのが特徴です。

栄養士は健康な方を対象にした栄養指導や献立作成となりますので、病院への就職は管理栄養士の方が有利なのです。

受験料や試験について。中卒や高卒でも受験できる?

栄養士資格の場合、高校を卒業した後に管理栄養士養成課程または栄養士養成課程のある大学や短大、専門学校に入学し、あらかじめ決められた専門分野の学習を習得したと認められれば(卒業すれば)自動的に資格が与えられます。

栄養士になるための特別な試験を受ける必要はありません。

栄養士になるには栄養士養成課程のある大学や短大、専門学校に入学しなければなりませんので中卒の方はまず高校を卒業して大学や短大、専門学校への入学を目指すことになります。

栄養士資格の勉強法。通信?独学でいいの?専門学校や大学に通うべき?

栄養士の資格を取得するために特別な試験はありません。栄養士養成課程のある大学や短大、専門学校に通うのが早道です。

通信教育の中には「管理栄養士になれます」と謳うものもありますが、これら通信教育では管理栄養士になることはできません。なかには大学による管理栄養士国家資格合格支援講座と銘打った通信教育もありますが、まずは大学や短大を卒業して栄養士の資格を取得していなければ意味がありません。

栄養士資格の勉強法は専門学校や大学、短大に通い必要な過程を履修することです。

栄養士資格の活かし方や活かす仕事

栄養士には栄養学という専門的知識が備わっています。その専門知識を生かすためには病院・学校給食の現場・社員食堂・福祉施設(介護施設)・行政機関・民間企業(商品開発等)などの場で活躍の道が開かれています。

仕事としては献立作成や栄養指導、調理補助、嚥下食作り、商品開発に関わる業務など職場によって変わってきます。学んだ栄養学の知識を利用者の健康維持のために役立てるのが、栄養士資格の一番の活かし方です。

合格率は高い?低い?

栄養士になるには資格は必要なく、栄養士過程のある大学・短大・専門学校で勉強し卒業すれば自動的に栄養士資格が取得できます。大学や短大を卒業できなければ不合格ですので、卒業を目指して頑張るのが一番です。

合格率に関しては大学や短大、専門学校の詳しいデータがないため分かりませんが、大部分の方が真面目に勉強すれば卒業できるはずですので難易度はそれほど高くないはずです。

まとめ

栄養士になるには、専門学校や大学、短大を卒業するのが確実な道です。栄養士になるための試験は実施されていないため、通信教育や独学では栄養士になることはできません。そこを勘違いしてしないようにお願いします。通信教育や独学では管理栄養士や栄養士資格は取得できません。