資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

コーヒー好き・カフェを開業したい人におすすめなコーヒーコーディネーターについて調べてみた

【スポンサーリンク】

コーヒーコーディネーターは公益社団法人の日本通信振興協会が主催・認定する民間資格です。趣味性の非常に強い資格なので履歴書に記入できるかどうかは微妙ですが、カフェや喫茶店、飲食関係の仕事に就職・転職するのであれば有利ですね。

独立開業してカフェをオープンさせたい方、基礎からコーヒーの淹れ方を学びたい方、自宅で美味しいコーヒーを淹れたい方にとっては魅力ある資格。ただし通信講座でこの資格を取得する場合、授業料が割高になっているので要注意です。

コーヒーコーディネーターの資格について

「将来カフェを開業したい」「美味しいコーヒーを淹れて楽しみたい」と考えている方にピッタリなのがコーヒーコーディネーターの資格です。この資格はコーヒーコーディネーター講座を受講し、すべてのカリキュラムを修了することで自動的に資格が取得できます。

講座ではコーヒー豆の知識や焙煎法、抽出方法などを基本的な部分から勉強できるため「コーヒーのことは何も分からない」初心者の方でも無理なく専門的な技術と知識が身に付きます。

コーヒーコーディネーターの資格を取るメリットは?

将来カフェを開業したい方、また現在カフェを開業している方、レストランなど食分野で働いている方、趣味でコーヒーの美味しい淹れ方をマスターしたい方などが受講されています。

コーヒーのスペシャリストとなりますので、カフェやレストランで実際に勤務されている方はスキルアップになりますし、将来カフェ開業を目指している方にも大いに役立ちます。ラテアートをされている方やレストランのシェフの方も資格を取得されています。

コーヒーコーディネーターとコーヒーマイスターってどう違うの?

コーヒーマイスターは一般社団法人日本スペシャルティコーヒー協会が主催・認定している民間資格で、コーヒーコーディネーターとは認定団体が違います。この資格では自宅でコーヒーマイスターの勉強を行い、さらに実技講習会を経て認定試験を受験。合格すればコーヒーマイスターとして認定されます。

コーヒーコーディネーターは自宅での学習が必要ですが実技試験を受ける必要はないため、コーヒーマイスターよりも取得しやすくなっています。コーヒーマイスターはすでにある程度の知識があり、それを確認するために受講すると言う利用の仕方のようです。

合格率や難易度について

合格率や難易度については一切公表されていませんが、規定のカリキュラムを修了し課題問題(レポート)を提出すれば合格できますので、合格率はかなり高いと予測できます。テキストや質問用紙、DVD教材、学習ガイドブックなど教材も充実していますので、コーヒーに興味のある方であればまず問題なく資格の取得ができるレベルです。

実際に受講された方も「難易度は高くない」と言われていますので、資格が取得できないのではないか?と心配する必要はなさそうです。

勉強方法は?独学でも対策可能?

講習会に参加する必要はなく、自宅でテキストやDVDをチェックして独学でマスターしていきます。講習会の参加が必要ないので、地方にお住まいの方でも気軽に受講できるのが大きなメリット。

受講に必要なコーヒーミルやデカンタ、ドリッパー、ミルクフォーマー、コーヒー豆などが付属しているので、別途用品を購入する必要がなく便利です。ステンレス細口ポットや計量スプーンを別途購入されている方もいますが、必要な教材が付属しているのですぐに学習が始められます。

費用は用品代も併せて約8万円かかりますので、本当にその講座を受講すべきかどうか良く考えてください。

まとめ

コーヒーコーディネーターの資格は、通信講座を受講してカリキュラムを修了すれば誰でも取得できるようになっています。これからカフェを開業したい方やコーヒーについて勉強したい方にお薦めの資格です。楽しく勉強できるように教材も工夫されており資格取得の難易度も高くないため、気軽に受講できます。