資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

自動車整備士の試験は難しい?受験資格は?自動車整備士の資格があれば職に困らない?

【スポンサーリンク】

車は生活に欠かせないツール。自動車整備士のニーズも高くなっています。国家資格である自動車整備士の受験資格や試験の難易度、合格率、資格取得後の収入などについてまとめています。

自動車整備士には一級・二級・三級・特殊整備士がある

自動車整備士の資格は受験級が4段階となっており、三級は基本的な整備しかできないレベルで一級になると職場での管理や監督ができる最上位になります。最初は三級から取得し、だんだんステップアップする方法が確実です。

特殊整備士はボディーやタイヤ、電気系統といった一部分に精通したスペシャリストです。この資格だけで車の整備はできませんが、就職先によっては資格手当がついたり優遇してくれる可能性があります。

自動車整備士は誰でも受験可能?

一番簡単な三級の受験は誰でも出来そうですが、じつは認証工場や指定工場で1年以上の実務経験がないと受験できません。もしくは専門学校を卒業するなどしないと自動車整備士試験は受けられないのです。もし二級の受験資格を得たいのであれば実務経験は3年必要になります。

自動車整備士の試験は誰でもすぐに受験できるものではないため、本気で資格が欲しいなら数年に渡って下準備が必要です。

確実に自動車整備士になるには専門学校が一番?

認定工場や指定工場で働き試験の受験資格を取得する方法がありますが、専門学校を卒業することで二級自動車整備士の受験資格が得られます。二級自動車整備士の資格が取得できれば就職や転職にはかなり有利ですね。

二級取得後に3年間の実務経験を積むと一級自動車整備士の受験資格が得らえます。専門学校を卒業する方が、資格取得に関してはかなり有利なのです。実務経験年数も短縮できます。

自動車整備士の合格率は?難易度は?

一級自動車整備士の合格率は約5割、二級の場合は約8割、3級は約6割の合格率となっています。

国家試験として考えればやや易しい部類に入ると言えますが、受験までに実務経験や専門学校、大学などでの勉強が必要なのできちんと実力をつけた上での合格率。妥当なラインかもしれません。

自動車整備士はどんな場所で活躍できる?

自動車整備士でなくても自動車の整備は可能ですが、やはり国家資格保持者ですから信頼度が変わってきます。この資格を取得すると認定工場や指定工場に就職できますし、街の自動車整備工場でも活躍できます。

大手車メーカーのディーラーやガソリンスタンド、タイヤショップ、車のパーツショップ、運送会社など車関係のお店や工場で仕事ができるのが大きな魅力です。日本は車社会なので技術や資格さえあれば仕事がなくなるリスクもかなり低く、一生かけてできる仕事になります。

自動車整備士の年収は約400万円前後

自動車整備士の年収は約400万円前後。ただし大きな車メーカーのディーラーなど資本の大きな会社で働くと収入もアップします。もちろん会社内で課長や部長など役職に就くと年収はもっと上がる可能性もあります。

自動車修理工場を開業する方もいますが、ある程度の資本を投下して固定客を集めれば年収1000万円も夢ではないかもしれません。企業と契約して車検や修理、点検の仕事を一気に請け負っている方は安定した収入になります。または規模は小さくても小回りの利く街の人気自動車整備工場を親子で運営し、豪邸を建てた方もいます。

まとめ

自動車整備士の資格があれば、資格手当分収入が増えたり有利に転職できるメリットがあります。将来独立開業したい方にとっても国家資格は心強い味方。将来自動車の修理や改造の仕事で活躍したい方はぜひ自動車整備士の資格を取得しておくと役立ちます。