資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

ボイラー技士とは?資格取得にかかる勉強時間、難易度、受験資格を調査!

【スポンサーリンク】

ボイラー技士には1・2級と特級があります。特級が最上位になり合格するのもかなり難しいです。ボイラー技士資格取得に必要な受験資格、勉強時間や難易度についてまとめています。

2級ボイラー技士の受験資格は?

小規模・小型ボイラーの操作については免許不要ですが、中規模・中型ボイラー(伝熱面積25m²未満)の操作については2級ボイラー技士の資格が必要になります。

この資格を受験するための条件はとくにありません。誰でも受験できます。ボイラーの構造に関する知識やボイラーの取扱いに関する知識、燃料及び燃焼に関する知識、関係法令などの分野の問題が出題されます。

ただこの試験に合格しても免許申請時に実務経験の証明書が必要となります。

2級ボイラー技士の勉強時間や難易度は?

2級ボイラー技士の合格率は約50~60%前後で推移しており、試験の難易度としてはそれほど高くありません。独学でもテキストや過去問をしっかり解いて勉強することで十分対応できるレベルです。

資格取得のための講習会も定期的に開催されていますので、心配な方は講習会に参加するのも良い方法です。勉強時間は一律〇〇時間やれば大丈夫と言うものではありませんが、独学の場合は過去問を解いてみて合格圏内に入れるまで何度も繰り返し勉強するのがコツです。

1級ボイラー技士の受験資格について調査

1級ボイラー技士はかなり大型のボイラーの操作になりますので、誰でも受験できる試験ではありません。2級ボイラー技士の免許を持っている方や、海技士(機関1、2、3級)免許を受けた方、ボイラー・タービン主任技術者など受験には制限があります。

非常に細かく受験資格が決められており状況によっては実務経験が必要な方もいます。

1級ボイラー技士取得にはやはり独学が一番?受験対策は?

1級ボイラー技士と2級ボイラー技士とのレベルにはそれほど大きな差がなく、2級が取得できたなら同じ要領で独学すれば基本的には大丈夫です。

2級と1級の差は計算問題があるかないかだけなので、独学でも十分合格が狙えます。合格率も50%と2級とあまり変わりません。受験対策としては過去問やテキストでの独学、あるいは定期的に行われる講習会への参加です。このあたりは2級とそれほど変わりません。

特級ボイラー技士の勉強方法とは?やはり難易度は高め?

特級ボイラー技士になると難易度がグッとあがります。合格率は約15%と1・2級と比べても合格率が激減してしまいます。

独学ではかなり難しくなりますので、通信講座や講習会を受講するなどして効率的な学習で対応しなければなりません。問題の分からない点を質問できるのが通信教育の良いところです。すでに特級ボイラー技士の資格を持っている方に指導してもらうのも良い方法です。難易度の高い試験なのでじっくりと腰を据えて試験対策を行うのが基本です。

ボイラー技士の受験級別合格率を調査

ボイラー技士の受験級別合格率は、2級が約50~60%、1級が約50%、特級が約15%となっており、1級と2級には大きな差が見られず、特級が格段に難しくなっています。特級となると全てのボイラーの操作ができる最上位級なので簡単には突破できません。十分な試験対策が必要になります。

まとめ

ボイラー技士の資格は独学である程度対応できるようですが、特級になると難易度が上がるため、勉強の方法を工夫しなければなりません。隙間時間を活用する、有資格者に教えてもらう、講習会や通信講座を利用するなどして効率的に勉強を進めましょう。

www.shikakugetdj.com