資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

高校受験までに準2級を取らせたい親に教えたい英検の合格率や英検がある有利性

【スポンサーリンク】

英検は小学生や中学生のうちから受験できる馴染み深い公的資格。1級、準1級、2級、準2級、3級、4級、5級と7つの受験級に分けられており、受験者のレベルに応じて受験級が選べます。

5級と4級は筆記試験(リスニングを含む)ですが、3級以上になると面接が追加されます。筆記試験で合格できても、この面接で不合格になってしまう受験生も少なくありません。

英検はTOEICに比べてレベルが低い、などの声も聞かれますが、面接があると言う点ではかなり実践的です。

ただ文章を読むのが得意、リスニングが得意なだけではパスできないのです。

リーディングだけではなく多角的に実力診断ができる

英検も3級以上になると面接があり、座学だけでは合格できません。

面接は決められた会場に集まり、集団で受験します。見知らぬ学生や社会人に交じって試験を受けるのは非常に緊張するものです。その場の雰囲気に呑まれて実力が出し切れなかった方も少なくありません。

座学だけでは測れないスピーキングの実力を知るためには英検は最適。どれだけ座学で高得点が叩き出せても、実際に喋れない日本人が意外といるのです。

語学は相手とコミュニケートするための道具なので、喋れないようでは全く使えていないのと同じです。

独学が基本的な受験対策

英検の勉強は基本的に独学ですが、学生の場合は学校の授業がそのまま試験対策になります。

また英検は長い実績があるため、過去問題集がどこの書店でも販売されておりネット通販でも気軽に手に入ります。独学しやすい試験と言えますね。CD付きのテキストも多数販売されているので、ヒアリング対策にも役立ちますね。

英検は試験対策の塾や専門学校も多く、近所にある英語塾でも英検対策をお願いすればコースを開設してくれる可能性大。独学以外にも塾に通って試験対策する方法もあります。

気になる英検の合格率は?

英検の合格ラインは1次試験が約70%、面接が約60%と公表されています。2015年の合格率は5級が約81%、4級が約70%、3級が約52%、準2級が約37%、2級が約27%、準1級は約16%、最難関の1級になると12%でかなりの狭き門となります。下位級はかなり合格率が高いので、4・5級は割合問題のレベルが高くないと思われます。4・5級は中学生・小学生が主に受験されていますので、難しい試験では合格率が下がってしまいます。

英語初心者の方、学生時代の英語を全部忘れた方は4・5級あたりから始めるのが無難です。

英検に通ると就職・進学に有利

英検に合格すると就職や進学に有利と言われていますが、どのような面でメリットがあるのでしょうか?

海外と取引のある会社ではやはり英語の喋れる人材は重宝されます。また一部の大学では英検の資格があると受験時に有利になったり、教員採用試験時に英検1級の資格があれば一部試験が免除されるケースもあります。

とくに外国語系の大学や専門学校では間違いなくプラスになりますので、是非取得しておきましょう。

まとめ

英検は長い運営実績があり、文部科学省が後援していることで信頼性の高い資格となっています。

多くのテキストや過去問も発売されており入手しやすいので独学でも学びやすいです。将来、語学を生かした仕事がしたい方は必須の公的資格です。

 

www.shikakugetdj.com