資格取得道場

資格は心のサプリ。稼げる資格と稼げない資格の比較や新しくできた資格、意外に使える資格を紹介。

【スポンサーリンク】

マリンレジャーが趣味なら取りたい!小型船舶操縦士免許の種類から試験内容について

【スポンサーリンク】

小型船舶操縦士免許は船の種類によりさまざまな受験級が設定されています。小型船舶操縦士の試験級や試験内容などについてまとめています。

一級小型船舶操縦士について

小型船舶と言っても船の大きさや航行できるエリアなどにより、必要な免許が変わってきます。一級小型船舶操縦士は小型船舶操縦士の最高峰。航行するエリアに一切制限はなく、この資格があれば外洋に出て世界一周も夢ではありません。

18歳以上の方が免許を取得できます。ただし操縦できるボートには制限があり、総トン数20トン未満のボートかスポーツかレクリエーション用の全長24メートル以内のボートに限られます。

タンカーなど大型船の操縦がしたいのであれば別途、海技士(1~6級)の資格が必要です。またこの資格を取得したからと言って、水上オートバイの操縦はできません。別途、特殊小型船舶操縦士の資格を取得しなければなりません。

二級小型船舶操縦士について

陸から近い場所まで航行できる船舶免許です。

沿岸で小型船に乗って釣りをしたり、湖で釣りをする、ウェイクボードをトーイングするなどの目的で小型船舶を操縦したいときに向いています。

操縦できる船舶は、総トン数20トン未満の船舶か、スポーツやレクリエーションの用途に限定された全長24メートル以下のボートです。操縦できるボートの大きさは一級小型船舶操縦士の制限と同じです。ただ航海できるエリアが陸から5海里、湖や湾、川などの陸地に囲まれた平水区域など制限があるので要注意。

16歳以上であれば免許取得可能です。

二級小型船舶操縦士(湖川)について

小型船舶を操縦して、湖や川のみ航行できる免許になります。

海には出られません。湖や川で釣りを楽しみたい方に最適です。この免許があっても水上オートバイは操縦できませんので要注意です。

操縦できるボートは、総トン数5トン未満と小型のボートのみ。またエンジンの出力が15キロワット(約20馬力)未満と定められています。この制限よりも大きなボートは操縦できません。

16歳以上の方が免許を取得できます。

特殊小型船舶操縦士(水上オートバイ)について

水上オートバイに乗って遊びたいのならこの特殊小型船舶操縦士の資格が必要です。

ただこの資格があっても小型船舶を操縦することはできません。あくまでも水上オートバイに特化した免許となっています。

一級小型船舶操縦士とは違い、16歳以上の方であれば免許が取得できます。

小型船舶操縦士を受験する要件は?

小型船舶操縦士の免許を取得したいなら、まずは年齢が達しているかどうかがチェックされます。

普通自動車免許を取得するときと同じで、視力や聴力に関する条件があります。視力は両眼とも0.5以上(矯正可)あればOKです。もし片方の視力が0.5以下の場合、片方の視力が0.5以上ありかつ視野が150°以上あればクリアとなります。

色覚は夜間において船舶の灯火の色を識別できれば問題ありません。ほかにも聴力や身体機能の関する規定があります。

小型船舶操縦士の試験内容について

1日のうちに身体検査、学科検査・実技検査があります。まず身体検査に合格できないと、つぎの学科や実技には進めません。

学科試験は「小型船舶の航行の安全に関する教則」と呼ばれるテキストから出題されます。一級・二級・特殊の場合は四択問題、二級河川は正誤式となります。

学科試験が終わった後に実技試験が行われます。

まとめ

小型船舶の操縦に欠かせない免許が小型船舶操縦士資格です。自分で船を操縦して釣りに行きたい方、ウェイクボードを船で引っ張りたい方はこの資格が必要です。

 

www.shikakugetdj.com